« 《vfk 2008》 J2第2節 徳島ヴォルティス戦 | トップページ | 《ひとりごと》 本日 欠席します »

《S-PULSE 2008》 J1第2節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦

清水を救った岡崎とポスト
ミドル2発で、今季初勝利。

2008 J LEAGUE Division1
第2節/千葉市・フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド市原・千葉 1 - 2 清水エスパルス
Goal: 08min. 藤本38min. 巻(PK)84min. 岡崎

岡崎の思い切りのよさが、チームに勝ち点3をもたらしたが、
前半の巻のヘッドがあと数十センチ内側にそれていたら、
この結果はなかったのかもしれない。

そういう意味で、上の見出しとさせてもらった。

まぁ、運があるかないかも、勝負事では重要なのだが、
かといって、ああいう形を作られたのは、やはりいただけない。

さて、2得点は、いずれもドリブルから持ち上がって
マウスを一瞥して振りぬいた「すばらしい」ミドルシュートによるもの。

スルーパスやサイドからのクロスといった、展開から崩す形ではない。

が、それで点が思うように取れないなら、現実的な視点から
シュートの精度が求められるとはいえ、ミドルを積極的に狙うのは当然だろう。

ゴール前をがっちり固めて、フィニッシュでクリアしようというのなら
それをスルーパスや個人技でこじ開けるのもありだろうし、
その前から仕掛けてしまうのも、また方法論の一つ。

崩す形ができなくても、違う方法論で勝ち点3という結果を手に出来れば
それに越したことはないし、チームの幅も拡がることになる。

最後に勝つチームってのは、苦しくても勝ち点3を手に出来るチーム。
そういうチームになってはじめて、「極み」に立つことができる。

調子が上がってこないという部分は依然としてあるだろうが、
それはそれとしてピッチを上げていってほしいし、
そんな中でも試合は次から次へとやってくるわけで、
とりあえずは、その試合に勝つための最善の策を尽くしてほしい。

さて、新加入のアウレリオ。

サブに入ったものの、79分に監督が切った1枚目のカードは、岡崎。

その岡崎のゴールで勝ち越して、残りは6分。

パワープレー対策で守備を厚くするために
その後切られたカードはいずれも守備的になったからやむをえないだろうが、
1st choiceが岡崎ということは、アウレリオは未だフィットしてないと言うことか。

この勝利で、とりあえず、重苦しい雰囲気からは脱することはできるだろうが、
アウレリオの例を挙げるまでもなく、全てが解決されたわけではない。

今月末の第3節大宮戦までの間に、ナビスコカップが2試合。

五輪メンバーは抜けるだろうが、残ったメンバーを中心に、
チームの構築を急いでもらいたい。

« 《vfk 2008》 J2第2節 徳島ヴォルティス戦 | トップページ | 《ひとりごと》 本日 欠席します »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/40539278

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2008》 J1第2節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦:

« 《vfk 2008》 J2第2節 徳島ヴォルティス戦 | トップページ | 《ひとりごと》 本日 欠席します »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ