« 《ひとりごと》 渋滞抜けました。 | トップページ | 《DRAGONS 2008》 対広島4-6回戦 »

《S-PULSE 2008》 J1第6節 名古屋グランパス戦

「まだ」ではなく、「もう」なのだ。
危機感を持って、闘え!エスパルス!

2008 J LEAGUE Division 1
第6節/静岡市・日本平スタジアム
清水エスパルス 0 - 2 名古屋グランパス
Goal: 09min. 小川89min. 杉本

2失点目は、まぁ、仕方がない。
前掛かりになってたんだからな。

引導を渡してもらったと思えば、却ってスッキリする。

下手に 0 - 1 なんかで終わろうもんなら、「終盤の反撃も実らず惜敗」なんて
実態は完敗でしかない試合を、公式が都合よく総括しかねないからな。

「いいサッカーをした」のがグランパスで、
「しっかり芯の通ったチームが出来ている」のもグランパスで、
「流れに乗って、人もボールも動いている」のもグランパスだった。

我がエスパルスは、まさに「迷える子羊」状態でしたわ。

しっかりとしたチームとしての形ができてないし、
いざ攻撃に移っても、人もボールも動いていないし、
クロス・パスの精度が低く、狙ったところに通らなければ、
トラップでボールを止めるという基本的なこともできてない。

相手の攻撃をなんとか最後のところで跳ね返せてたとしても
チームとしての決まりごとがはっきりしないから、どこに出していいか判らない。

いざボールがFWに渡ってもタメがなく、シュートにまでいけないし、
それをフォローする動きも、全然足らない。

やたらと固執している中央突破はほとんど決まってないのに、
ペナルティエリア前後で細かいパスをつないで、挙句ミスしてボールを獲られる…

そんなんで勝てるわけがない。

相手が、浦和、G大阪、今季好調の名古屋じゃなくたって勝てなかっただろう。
今のエスパルスの状態では。

試合終了後4時間に渡って、選手バスを囲んだというか、
200人が座り込んで選手バスを通さなかったそうだ。

今日の試合終了後、なんとなくそんな雰囲気は感じ取れたし、
「それくらいやらんとダメなんじゃないか?」と思っていたが、さも、ありなん。

このまま推移すれば、間違いなく「残留争い」だ。

それくらいの危機感をサポーターは持っている。

闘え!エスパルス!

警告すら取られないような、弱っちいプレーは要らない。
ガムシャラにゴールに向かってプレーしろ。

相手の嫌がることを徹底的にやれ。

(実際にファウルしろって意味じゃないが、)
相手の要注意人物は強制的にピッチから追い出すくらいの激しさを見せてくれ。

これ以上、試合終了後のパルちゃんに頭を下げさせるようなことはしないでくれ。

« 《ひとりごと》 渋滞抜けました。 | トップページ | 《DRAGONS 2008》 対広島4-6回戦 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/40862034

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2008》 J1第6節 名古屋グランパス戦:

« 《ひとりごと》 渋滞抜けました。 | トップページ | 《DRAGONS 2008》 対広島4-6回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ