« 《S-PULSE 2008》 J1第7節 横浜Fマ戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE 2008》 和道、代表候補に追加選出! »

《S-PULSE 2008》 J1第7節 横浜F・マリノス戦

一つずつ、上へ。
残り5分で、こぼれ落ちた勝ち点2。

2008 J LEAGUE Division 1
第7節/神奈川県横浜市・日産スタジアム
横浜F・マリノス 1 - 1 清水エスパルス
Goal: 46min. 西澤85min. 中澤

できれば、勝ち点3を取りたかったなぁ。

まぁ、今季好調の横浜だから、そう簡単に勝たせてはくれないのはわかるし、
先週のあの出来からすれば、勝ち点1で、まずは一息としてもいいんだろうけど。

全体的には、シュート数の差からも判るが、横浜に何度も危ないシーンを作られて、
西部のファインセーブがなければ、逆に負け試合でもおかしくはなかったのだが…

それでも、枝村の負傷退場から淳吾が入ったあたりからは
時間帯によってはしっかり攻撃ができるようになり、
セットプレーから西澤が2戦連続でゴールを挙げ、リードしたんだもんな。

が、あと5分が踏ん張れなかったなぁ。

全体的に押し込まれるカタチが続いていただけに守備を固めたいというのは判るが、
岩下の投入は、セットプレーでの混乱を生んでしまったように思うなぁ。

誰が誰を見るって約束事は当然あるし、
しかも、セットプレーからの失点が多いのなら、
その約束事は厳しくしなきゃいかんのだろうが…。

交代直後にセットプレーが立て続けに2本では整理する余裕もなかっただろうな。

最後、攻撃的な選手を2枚入れてきた桑原監督の采配もあって、
横浜に傾いた流れが最後に失点と言う形になったんだが、
横浜に流れを渡すことになったのは、その前の矢島の投入のような気がするな。

西澤に比べて、特にフォアチェックなどで運動量が足りない矢島を入れたことで
横浜の最終ラインが押しあがった感は強かったもんな…。

あんまり個々の選手をとやかくいいたくはないんだけど、どうにもこの交代策は疑問符。

あと、セットプレーでの失点は相変わらずだけど、
そこらへんは普段の練習で厳しくやっているのかな。
(守備だけでなく、守備練習のための攻撃も、さ。)

ま、とにかく、好調横浜相手にもう少しで勝ち点3までいけたのはよしとすべきかな。
今のエスパルスは、立て直し途中ですから。

一歩ずつ階段を上がっていくしかないでしょ。

信じてるよ。

俺らのチームは、こんなもんじゃないってね。

« 《S-PULSE 2008》 J1第7節 横浜Fマ戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE 2008》 和道、代表候補に追加選出! »

2008年」カテゴリの記事

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/40936391

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2008》 J1第7節 横浜F・マリノス戦:

« 《S-PULSE 2008》 J1第7節 横浜Fマ戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE 2008》 和道、代表候補に追加選出! »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ