« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

《IceBucks 2008》 バックス事務局から、重要なお知らせ

いやぁ、こんな零細なブログでも、いちおう書いてみるもんだね。

今日、バックス事務局から、BucksMailの臨時号が来ていたんで、
開いてみたら、前、文句言ったことに対して、書いてあった。

・第1回会員総会についてのお知らせ
・会員の更新手続きについて

ついぞ、昨年度は開催されなかった会員総会が開催されるってさ。

いやぁ、どうしたんだろうね。ほんとに。

まぁ、時期的には遅いとはいえ、やるってことが大事なわけで、素直に評価しますよ。

肝心の開催概要は、下記のとおり。

開催日  :7/26(土) 14:00
開催場所:日光総合会館ホール
参加資格:6/30までに登録された栃木ユナイテッドSC会員(※)

※法人は5名。フレンズは2名まで可。

もう一つは、会員更新手続きの話。

こっちは、新年度の手続きについては7/11までに別途案内とのこと。

それはそれでいいんだが…。

ちょっと気になる文言が…

・昨年9月までに入会した会員の会員年度は、7月末までとする
・昨年10月以降に入会した会員は、翌年の入会月末まで。

筆者は、前者なんだけど、手元の会員証は、2008年6月30日まで有効って書いてあるぞ。

規約を改正したなら、はっきりそういってほしいもんだ。

で、前者の2008年度の会員年度は、いつが期限になるんでしょうか?

どうせなら、そこまで教えといてくれると、先まで見据えてるのが判って安心なんだけどね。

まだまだ、よちよち歩きですな。

《All for 2010 - 2008》 2010W杯最終予選組み合わせ

日本はA組。

オーストラリア、カタール、バーレーン、ウズベキスタンと同組。

よく言われるが、「どっちの組が良かった」なんて議論は、どうでもよい。

とにかく2位以内に入って、ワールドカップ出場を決めるのみ。

目の前の敵を倒す。

そのための準備をしっかりと進める。

そのことにだけ集中してもらいたい。

そうすれば、自ずと結果は付いてくる。

 

 

…とかいっときながら、

2月のオーストラリア戦(HOME)、雪、降んねぇかな。
やつらは、夏だからな。

…って書くのは、人の情ってヤツですかね?

《DRAGONS 2008》 横浜9-10回戦

連勝は、6でストップ

■6月27日 2008 NPB CENTRAL LEAGUE
9回戦/横浜スタジアム
横浜 1 - 2 中日
勝: 川上 6勝3敗、セ: 岩瀬 2勝2敗23セーブ
敗: 近藤 2勝4敗1セーブ
本: 立浪1号ソロ大西3号ソロ

■6月28日 2008 NPB CENTRAL LEAGUE
10回戦/横浜スタジアム
横浜 3 - 1 中日
勝: 那須野 5勝8敗、セ: 寺原 3勝5敗9セーブ
敗: 小笠原 7勝5敗
本: 仁志5号ソロ内川6号ソロ中村紀14号ソロ

さて、交流戦も終わって、リーグ戦が再開ですな。

9回戦。

立浪1号ソロって、いやぁ、長かったね。
ホームラン云々というより、打点がさ。

代打陣の層が薄い、今のドラ。

その中でも、なんとか期待を持たせてくれるのは立浪くらいなんだけど、
それが、この成績だものね。

そりゃ、勝ち星が思うように延びてこないわ。

若手は何してんだろうね。このままじゃ、危ういよ。

で、10回戦。

試合後、「歩のない将棋は負け将棋。」と監督は言ったそうだ。

つながらなきゃ、勝てっこない。

今シーズンの課題。

ま、阪神も秋田で東京ヤクルトに1勝1敗だったので、
差が広がらなかっただけでもよしとするかな。

《vfk 2008》 J2第23節 湘南ベルマーレ戦

何で、休んでた方が…
雨の小瀬で湘南に惨敗。

2008 J LEAGUE Division 2
第23節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 0 - 4 湘南ベルマーレ
Goal: 06min. 阿部32min. 田村83min., 85min. リンコン

前節山形戦のあと、↓こう書いていた訳ですが、

ま、これが次に続くかどうかが、甲府さんの問題ではあるんですけどね。

1節休みになるので、いい流れが失われないことを願います。

見事に失われてましたね。angry

なんで、1節休んでたホームチームが、
隣県・平塚からとはいえ、中2日で乗り込んできた相手に惨敗を喫しますかね。

何の準備をしていたんですか?
甲府さんは。

例のごとく、スカパーで前半までしか見てませんので、細かいことをいえませんが、
開始早々に、あっさりといつものように失点しているようでは、
Back to J1など夢のまた夢ですよ。

《S-PULSE 2008》 J1第14節 京都サンガF.C.戦

これからが、肝心。
再開初戦は、今季初の逆転勝ち。

2008 J LEAGUE Division 1
第14節/静岡市・日本平スタジアム
清水エスパルス 2 - 1 京都サンガF.C.
Goal: 48min. フェルナンジーニョ53min. 枝村83min. OWN GOAL

こんな時間に更新してますが、別にEURO決勝待ちではありません。

こんばんは。

ほんとは日曜の昼にいろいろアップしようかと思っていたのだが、
2004年の写真を整理してないことに気づいてしまって、きづいたらこんな時間。

明日も早いので、簡単に。

試合内容そのものからいうと、褒められたものではなかったと思う。

ただ、結果として、再開初戦を、今季初の逆転勝ちで飾れたということは、
その勝利がメモリアルなものであること以上に、大きな1勝かと思う。

フェルナンジーニョに決められて悔しいと言う思いで、
すぐさま、枝村が奪い返してくれたわけだけど、
中断前のエスパルスときたら、先制されたら、まぁ厳しくて。

まぁ、その結果が、中断前の順位になってしまってるわけだけど。

これで、順位は12位と多少は上がったわけだけど、
ちょっと気を抜けば、入替戦圏内に墜ちてしまいかねないほど、
今季のリーグ戦は、各チームの勝ち点に差がなくて、
2日のナビスコ杯鹿島戦、5日の札幌戦とAWAYが続くわけだけど、
ここからが、肝心なんだと思う。

晩秋に苦しい思いはしたくはないので、
選手のみなさん、心して、夏を乗り切ってください。

なによりも、選手のみなさんの問題なのですから。

続きを読む "《S-PULSE 2008》 J1第14節 京都サンガF.C.戦" »

《おみや》 静岡名物プリン 爆弾たまご

静岡名物プリン 爆弾たまご

静岡名物プリン 爆弾たまご

静岡名物プリン 爆弾たまご

同じくドリプラで見つけた。

風船の中に入っている牛乳プリン。

プラスチックの蓋にあいた穴から楊枝を刺して
触れることなく中の風船を破裂させます。

で、最後に、付属のカラメルソースをかけて、いただきます。

中の牛乳プリンも、カラメルもあっさりとして、美味しくいただけました。

《おみや》 富士宮風やきそば ピーナッツ入り

富士宮風やきそば ピーナッツ入り

富士宮風やきそば ピーナッツ入り

080629_225701

ドリプラで見つけた。

つまみ系のお菓子。

見た目、ベ●ースターに近いな。

ま、ソース味は、しっかりするんだけど。

麺が、もう少し太くないとな。

でも、乾燥キャベツと乾燥紅生姜が入って、それはそれで「本格的」かな。

《S-PULSE 2008》 J1第14節 京都戦 終了

清水 2 - 1 京都

J1-14
日本平/17,099人
清水 2 - 1 京都
Goal:
48min. フェルナンジーニョ
53min. 枝村
83min. オウンゴール

パウロは使えず、HTで交代。

直後にフェルにきめられるなんて…

最悪の幕開けだったよ。

ただ、すぐに追いついて、ネガな気持ちはふっとんだけど。

で、試合を決めたのは一樹の飛び込み。

オウンゴールがエスパルスJ1リーグ戦通算800ゴールとはしまらないが、
これでリーグ戦ホーム150勝達成。

《ひとりごと》 ただいま、御殿場

《ひとりごと》 ただいま、御殿場

御殿場といえば、ごてんばあさん。

静岡県民でも、わかるひとは知れてるか…。

あっ、そうそう、新宿を10時過ぎに出たんだけど
ナイトゲームだってのに、もう赤い人たちがうろついてましたな。

《IceBucks 2008》 バックス事務局から返事が来た 

前回の記事の終わりに書いたとおり、
12日の夜にバックスに更新手続きについてメールをしました。

その後、音沙汰がなかったので、
正直、「更新するのやめようか」と真剣に考えました

が、ま、結果的に選手を困らせてもしょうがないので
「ま、今回は新体制初めての更新時期だから大目に見る」ことにして、
25日の未明に、「入会手続き」のメールをしたわけです。

12日に送ったメール本文を添付する形で。

で、夜が明けて、アイスバックスの広報氏からわざわざメールをいただきました。
(時間からすると、出勤されてすぐだったようです。)

見落としていたお詫びとともに、更新手続きについて説明が載ってました。

ま、忙しいんだと思います。
本当は、こんなのは、広報氏ではなく、
他に専門のスタッフがいて、対応すべきだもの。

普通の会社なら。

で、ググってここのページを見る方もいないわけではなかろうってことで
メールに掲載されていた会員更新手続きの概要がこちら。

■栃木ユナイテッド・スポーツクラブ既存会員の更新手続き
 (2008.6.25現在)

1.アイスバックス事務局(メルマガの送信元)に、更新したい旨のメールを送る。

2.新規会員同様、足利銀行日光支店の所定の口座に年会費を入金する。

以 上

とても簡単。

HP上から手続きができるようにするとかは、「いずれ」の課題ですので、
それはそれで対応していただきたいと思いますが、
こんなことなら、メルマガにでも載せといてくれればOKです。

えのきど取締役のコラムや、セルジオSDの一言などコンテンツを充実するのもいいけど、
簡単な事務手続きってのも、何ヶ月かに一遍でいいから載せといてください。

手数が足らんのはよく判るけど、選手がグッズ局長をやっているのなら
シーズンオフは広報やら後援会員向けの事務スタッフを選手がやってもいいんじゃない?

お金がないならないなりの、工夫をしましょう。

10周年記念企画とかいって、○○対決とかやるのもいいけどさ。

《橙とサイコロな日々》 コカ・コーラ プラス ビタミン

コカ・コーラ プラス ビタミン

コンビニで発見。

さりげなく、栄養機能食品と書いてある。

ただ、いっちゃなんだけど、
コカ・コーラで栄養機能食品って、
まったく、相反するところにあるような気がしますが。

健康志向ですから、仕方ないんでしょうか。

《All for 2010 - 2008》 2010W杯3次予選 バーレーン戦(HOME)

Luckyの陰に、漂う不安。
決定的な仕事のできるFWの不在。

■2010 FIFA World Cup South Africa Qualifiers Round 3
6th Leg/SAITAMA Stadium 2002, SAITAMA , JAPAN 
JAPAN 1 - 0 BAHRAIN
Goal : 89min. UCHIDA

結果は結果として喜ぶべきものかもしれない。

とにかく勝ったんだし、1位通過を決めたわけだから。

ただ、そう幸運が続くわけではない。

だから、素直に喜んでればいいというもんでもない。

あんだけチャンスがありながら、奪えた得点はラッキーバウンドの1点のみ。

パスはつながったとしても、最後の最後で崩しきると言うところができなかったのが課題。

そして、守備。

後半は、何度、楢崎に助けられたことだろうか。

遠くからでも、力強く、地を這うような弾道のシュートやクロスが飛んできていた。

最終予選なら、間違いなく、どこかでヤられるだろう。

勝つには勝った。

だが、なにか物足りない印象だけが、終了後のピッチには残った。

《DRAGONS 2008》 交流戦 千葉ロッテ3-4回戦

終わってみれば…

■6月21日 2008 NPB INTER LEAGUE
3回戦/ナゴヤドーム
中日 6 - 1 千葉ロッテ
勝: 川上 5勝3敗
敗: 小野 3勝3敗

■6月22日 2008 NPB INTER LEAGUE
4回戦/ナゴヤドーム
中日 7 - 5 千葉ロッテ
勝: 吉見 8勝、セ: 岩瀬 2勝2敗22セーブ
敗: 清水 5勝6敗
本: ウッズ19号2ラン

終わってみれば、交流戦は5割で終了でしたか。

まぁ、一時期はねぇ、こりゃまずいなぁって成績でしたからね。

それから考えれば、よく持ち直しましたねと言えますかね。

とくに、3回戦では、ヒット数が千葉ロッテより1本だけ多い11本で、
ホームランなしで6点を挙げましたのでね、つながりが出てきたという感じですかね。

そして4回戦では、中田がピリッとせず、逆転を許したものの
すぐさま追いついて、そして、7回に2安打1四球で2点を挙げて再逆転勝ち。

うれしかったのは、横浜から移籍してきた小池がこの試合の決勝打を放ったこと。

移籍したチームで認められるには、とにかく早く結果を出すこと。

小池は、必死だったと思う。
ドラゴンズでポジションを獲るために。

カンフル剤じゃないけど、他の選手も、ガムシャラな気持ちを思い出してほしい。

とりあえず、今シーズン初めての5連勝。

ようやく勢いが出てきた感じでしょうかねぇ。

ま、虎さんが調子いいんでね。

ちょっとずつでもいいから、詰めていきましょう。

《All for 2010 - 2008》 2010W杯三次予選バーレーン戦(HOME) 終了

《All for 2010 - 2008》 2010W杯三次予選バーレーン戦(HOME) 終了
FIFA WORLD CUP 2010 South Africa
Asian Qualfier 3rd Round
埼玉スタジアム2002/51,180人
日本 1 - 0 バーレーン
GOAL:
89min. 内田

内田の挙げたボールがいい位置で弾んだのと、
巻がよく詰めていたのが、幸運をよんだのかな。

でもな。
俊輔、アレは決めてくれないと。

せっかく、PK職人の遠藤がいるんだから。

…に、しても、ゴールラインを越えないなぁ。
バーレーンの守備が固いってこともあるんだろうが。

最終予選、大丈夫かなぁ?

《ひとりごと》 埼スタ到着。

《ひとりごと》 埼スタ到着。

雨、止まず。

1位突破、あるのみ。

《ひとりごと》 さて、移動だ。

《ひとりごと》 さて、移動だ。

見沼田圃に向かいます。

《JAPAN RUGBY 2008》 Pacific nations v. FIJI

《JAPAN RUGBY 2008》 Pacific nations v. FIJI

IRB Pacific Nations Cup 2008
国立競技場
JAPAN 12 - 24(前 9 - 3) FIJI

雨の影響もあり、ハンドリングミスが目立つ展開。

前半、3PGでリードしたジャパンだが、
後半、BKを走らせ、ボールを繋いできたフィジーに主導権を握られる。

10分過ぎ。
ハンドリングミスからトライ・ゴールを許すと
一旦は、PGで逆転したものの、
直後にフィールドを広く使われ、再逆転を喫す。

その後、反撃に出るジャパンだが、
残り10m近くで、ノックオンを繰り返し、
最後までインゴールが遠く、逆転負け。

《JAPAN RUGBY 2008》 国立、アカク ソマレ

《JAPAN RUGBY 2008》 国立、アカク ソマレ

ジャパンの国際公式戦。

だが、雨。

アカク ソマルカ?

《vfk 2008》 J2第21節 モンテディオ山形戦

緊急事態を救ったベテランの動き
雨の小瀬で、8試合ぶりの勝利。

2008 J LEAGUE Division 2
第21節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 1 - 0 モンテディオ山形
Goal: 21min.

ケガ人、出場停止でDF陣崩壊の危機に立ったヴァンフォーレ。
石原をSBで起用せざるを得ない、まさに緊急事態。

しかも、相手は、前節・仙台に完勝し6連勝と、絶好調の2位・山形。
正直、勝利は厳しいかと思っていたんですがね…。

キックオフから30分だけスカパーで見てましたけど、
うーん、なんか、いつもよりも甲府がよく動いているように見えましたが…

その後の60分間はどうだったでしょうか。

いずれにせよ、セットプレーから林がうまくフリーになって挙げた
虎の子の1点を守りきり、8試合振りの勝利。

ま、これが次に続くかどうかが、甲府さんの問題ではあるんですけどね。

1節休みになるので、いい流れが失われないことを願います。

《橙とサイコロな日々》 ラムネの季節

ラムネの季節

東京は蒸し暑いです。

なんもやる気がおこりません。

ラムネでも飲んで、ぼーとしてます。

《ひとりごと》 こんなところに、広告が

《ひとりごと》 こんなところに、広告が

昨日の早慶サッカー定期戦のパンフ

他のJクラブ同様、協賛として広告が。

ただ、うちだけがカラーなんだよな。

ま、早稲田の前監督が、
克己さんだからってこともあるんだろうな。

《WMW 2008》 第59回早慶サッカー定期戦

《WMW 2008》 第59回早慶サッカー定期戦

第59回早慶サッカー定期戦
国立競技場/9,514人

慶應義塾 2 - 4 早稲田

16min. ・田中
18min. ・巻
26min. ・松本征
41min. ・渡邉
54min. ・渡邉
88min. ・岩田

早稲田は立ち上がり、オタオタし過ぎで立て続けに2失点しまう。

だが、直後のキャプテンの塗師→松本怜という
ショック療法とも言うべき交代策がはまり、前半のうちに同点。

後半も立ち上がり慶應が攻めにでるが、
凌いだ早稲田は、セットプレーから渡邉が押し込み、逆転。

その後も、危ないシーンを何度も作られるが、
なんとか「一部」の意地を見せ、定期戦通算30勝目(18分11敗)を挙げた。

《ひとりごと》 梅雨ぞらの国立

《ひとりごと》 梅雨ぞらの国立

第59回早慶サッカー定期戦

FORZA WASEDA!

《ひとりごと》 渋谷から67分

《ひとりごと》 渋谷から67分

副都心線利用、乗換なしで67分。

西武ドームが近くなりました。

これで気軽に行けるよね。

 

…って、そんなこと、あるかい!

帰りも、67分かかるだろっ。

一度でいいからきてくださいってのはわかるけど、
あの立地では、よほどでないとリピーターは見込めまい。

地道に、自社沿線や、川越近辺の東上沿線のファミリー層を確保してからだよ。
>「埼玉」西武ライオンズさん。

《DRAGONS 2008》 交流戦 埼玉西武3-4回戦

北陸シリーズ、連勝。

■6月17日 2008 NPB INTER LEAGUE
3回戦/石川県金沢市・石川県営野球場
中日 5x - 4 埼玉西武
勝: 岩瀬 2勝2敗20セーブ
敗: 岡本真 1敗
本: 中村14号ソロ15号ソロ栗山3号2ラン中村紀12号2ラン13号ソロ

■6月18日 2008 NPB INTER LEAGUE
4回戦/富山市・富山アルペンスタジアム
中日 3 - 2 埼玉西武
勝: 小笠原 7勝4敗、セ: 岩瀬 2勝2敗21セーブ
敗: 涌井 6勝6敗
本: 栗山4号ソロ

中日新聞の系列紙に北陸中日新聞がある関係で、
毎年行なわれる北陸シリーズ。

今年は、西武を迎えて、金沢・富山で開催。

…って、もろにライバル紙、北國新聞を意識してるんでしょうね。

さて、試合。

まず、金沢で行なわれた3回戦。

先発は196勝で足踏みの山本昌。
狭い地方球場で、西武打線にまともに打たれては、3被弾もやむなしか…。

負け試合を救ったのは同じくベテランの中村紀。

7回に同点2ランを放てば、9回には、和田の人的補償で西武に移籍した岡本真から
レフトスタンドに、2打席連続となるサヨナラソロホームランを放ち、
2007年日本シリーズMVPの面目を保った。

4回戦。

先発・小笠原が西武重量打線を、6回5安打2失点に抑える粘りのピッチング。

後を継いだ2番手・吉見、クローザー・岩瀬が西武打線にヒット1本を打たせることもなく、
1点のリードを守りきり、北陸シリーズ連勝。

小笠原は、自身最多となる7勝目となった。

それにしても、3連勝…。

…ずいぶん久しぶりだな。

虎さんがちっとも足を緩めないので、なかなか差が縮まらないんだけどさ。

ま、ちょっとずつ詰めていくしかないね。

《vfk 2008》 J2第20節 セレッソ大阪戦

こぼれ落ちた勝ち点2。
自らペースを失い、悪夢のドロー

2008 J LEAGUE Division 2
第20節/大阪市・長居スタジアム
セレッソ大阪 3 - 3 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 11min. 前田23min. 石原49min. OWN GOAL53min. 香川88min. 美尾89min. 羽田

88分に勝ち越しながら、89分に追いつかれたことよりも、
2 - 0 とリードしておきながら、後半のわずか8分あまりの間に同点とされたこと、

しかも、その1点目がオウンゴール(バックパスのミス)で、
2点目は、後半から入ったタイ帰りの香川に決められたってことが問題が大きい。

0 - 2 とリードを許して折り返したホームチームのベンチは当然、檄が飛ぶ。

「立ち上がりから攻めていけ!」

その指示を裏付けるように、タイ帰りの香川を強行投入してきたわけだ。

それに対して、リードしたビジターチームは、慎重にゲームを進めるべきところを
自ら墓穴を掘って、相手にペースを渡してるんだから…

言葉は悪いが、おめでたいこと、この上ない。

結果として、勝ち点1を拾えてよかったという、かなりネガティブな結論しか出てきません。

7試合勝ちなし。
3位セレッソとの勝ち点差は16。

J1復帰。
正直、その実現は、ほとんど、数字上のお話だけになってきたように思う。

《DRAGONS 2008》 交流戦 オリックス3-4回戦

つながらない。

■6月14日 2008 NPB INTER LEAGUE
3回戦/京セラドーム大阪
オリックス 4x - 3 中日
勝: 本柳 2勝3敗
敗: 岩瀬 1勝2敗19セーブ
本: 藤井2号ソロ後藤4号ソロローズ17号ソロ和田18号ソロウッズ18号ソロカブレラ11号2ラン

■6月15日 2008 NPB INTER LEAGUE
4回戦/京セラドーム大阪
オリックス 2 - 4 中日
勝: 中田 5勝5敗、セ: 岩瀬 1勝2敗20セーブ
敗: 近藤 5勝6敗
本: 後藤5号ソロ

3回戦。

岩瀬で負ける分には、もう、どうしようもないんだけどさ。

いままで助けてもらっているからね。

むしろ、ホームランでしか点が取れないのがね…。

4回戦でも悩みは尽きない。

8安打中、4安打で4得点と効率はいいが、
それ以外のイニングでは、ランナーは出せてもチグハグな攻撃に終始…

しかも、また、ケガ人がでたようで…

せっかく、ひさびさに中田に勝利がついて、すこし明るい話題になるかなぁと思った矢先。

痛すぎるね。

《All for 2010 - 2008》 2010W杯3次予選 タイ戦(AWAY)

最終予選進出決定。
岡田JAPAN、アウェイ戦初勝利。

■2010 FIFA World Cup South Africa Qualifiers Round 3
5th Leg/RAJAMANGALA Stadium , BANGKOK , THAILAND 
THAILAND 0 - 3 JAPAN
Goal : 23min. TULIO M. TANAKA39min. NAKAZAWA88min. K.NAKAMURA

決して背が高くないタイDF陣ですから、セットプレーでの得点は有効です。

懸念された亜熱帯特有の蒸し暑さも、オマーンの灼熱ほどではなかったようですし、
何より、実力差がありすぎましたね。

そう、拍子抜けです。

サポーターズサンクスデーからの帰路、
エスパサポ多数を載せた「しみずライナー」で東京に戻る車中で
ところどころ切れながらもワンセグで試合を見ていましたが、
正直、手に汗握るほどではありませんでした。

いかに点差を開いて勝って、3位オマーンにプレッシャーをかけるか。

これにしか興味がありませんでしたからね。

結局、バーレーン - オマーン戦が引き分けとなり、
日本は、最終戦を待たずして、最終予選進出を決めました。

正直、最終予選は、こんなもんじゃないですし、
そんなこと選手も重々、判っているでしょうけども、これに気を緩めず、
まずは、敵地で喫した借りをしっかり返してもらいたいもんです。

《DRAGONS 2008》 交流戦 福岡ソフトバンク3-4回戦

2点獲るのが精一杯。

■6月11日 2008 NPB INTER LEAGUE
3回戦/福岡ヤフー・ジャパンドーム
福岡ソフトバンク 5 - 2 中日
勝: ガトームソン 3勝2敗、セ: 柳瀬 2セーブ
敗: 小笠原 6勝4敗
本: 小久保14号ソロ

■6月12日 2008 NPB INTER LEAGUE
4回戦/福岡ヤフー・ジャパンドーム
福岡ソフトバンク 3 - 2 中日
勝: 大隣 6勝5敗
敗: 長峰 1敗
本: 藤井1号ソロ

いや、ほんと…

2点取るのが精一杯って…。

情けないにも、程があらぁ。

このままズルズルいきそうだな。

《Road to Beijing》 国際親善試合 U-23カメルーン代表戦 終了

《Road to Beijing》 国際親善試合 U-23カメルーン代表戦 終了

International Friendly Match
U-23 JAPAN 0 - 0 U-23 CAMEROON
GOAL:

貴重な実戦なんだから、もっといろんな選手を長く見たかったな。

最初の交代が60分過ぎだもんな。

そこから切ったカードは6枚だが、当然プレー時間が短い。

なんかもったいない。

《ひとりごと》 昨日は狭山、今日は…

《ひとりごと》  昨日は狭山、今日は…

U-23カメルーン代表戦@国立競技場っす。

ホンタクが先発してます。

《vfk 2008》 J2第19節 サンフレッチェ広島戦

この前勝ったのは、いつだったろう。
どんな形でもいいから、今は勝ちたい。

2008 J LEAGUE Division 2
第19節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 0 - 2 サンフレッチェ広島
Goal: 31min. OWN GOAL84min. 佐藤寿

一切映像を見ていないのでなんとも言えませんが、
勝てなかったようですね。

相手が首位だからというところを差し引いても、
こんなに勝てないのは、何か、いろんなところで問題があるような気がしてならないっすね。

しかも、与えちゃいけない先制点をOWN GOALで献上とは、泣きっ面に蜂ですな。

ま、切り替えましょ。

すぐ、大阪遠征があるんですから。

《橙とサイコロな日々》 副都心線、開通間近。

副都心線開通間近。
西武池袋線西所沢駅にて

白で隠してるから、灯りが入ると透けちゃうんですよね。

ん?何で、そんなとこにいるんだって?

そりゃ、あなた、狭山丘陵の屋根つき球場に行ってきたからですよ。

《NPB 2008》 埼玉西武-阪神3回戦 7回終了

《NPB 2008》 埼玉西武-阪神3回戦 7回終了

NPB INTERLEAGUE
3回戦@西武ドーム
L 4 - 5 T(7回終了)

初回無死満塁を逃したのと、
5回にバッテリーエラーでやらんでいい点を与えたのが響いてるなぁ。

追い上げてはいるんだけどね。

時間も時間なので、帰りましょうかね。

《ひとりごと》 西武ドーム

《ひとりごと》 西武ドーム

ノー残業デーなので、
セとパの首位対決第3ラウンドを見にきました。

色合いもあるんですが、黄×黒が目立ちますな。

《IceBucks 08-09》 拝啓 栃木ユナイテッド・スポーツクラブ 様

HC日光アイスバックス創部10周年、おめでとうございます。

先日は記念ロゴがバックにデカデカと付いているスタジャンが10万円で販売され、
予想を上回る申し込みがあったようで、なによりです。

受注生産ですから、在庫ロスが出ないことも良かったと思います。

まぁ、バックスのためなら10万円を払ってもいいというほどの金銭的な余裕も
慈愛の精神も持ち合わせておりませんので申し込みはしませんでしたが、
商品自体は良いできかなぁとは思っております。

どれくらいがバックスの収入になるのか定かじゃありませんが、
極力在庫を抱えない形でのグッズ展開をタイムリーに行なってくださいませ。

入場料収入には、霧降のキャパの問題もあり限度があるわけですから。

さて、長い前置きはさておき、こんな手紙のような記事をアップしたのは、
そろそろ初年度の会員の期限が来るためです。

1~110までの希望する数字を指定して、その会員番号になっている私ですが、
入会時にいただいた案内と会員証を見ると、今月末を持って会員期間が切れます。

つまり7月1日以降は、会員でなくなるということになります。

ま、それならそれで、

年1万円の会費も決して安いわけではないですし…

案内に書かれていた理事会が開催されたような報告もなかったし…

そもそも会員とは、
栃木ユナイテッドSCへの出資者なのかファンクラブの会員なのか
年度更新にあたって考えてみると、最近よく判らなくなってきましたし…

そういうことで、自然退会でも構いませんが…

さっき書いたとおり、霧降のキャパは知れてるわけだから、
だからこそ「会費」収入が基盤の栃木ユナイテッドSCが設立されたんですよね。

5/31現在 779名の会員が6/30という期限を一気に迎えるわけだから、
「会費」の根拠である会員の更新のお願いや更新方法を
郵送なり、メルマガなり、公式HPなりで、案内するべきじゃないですか?

忙しいのは判りますが、「会費を基盤とする」以上、
スポンサーへの営業活動同様に重要な事柄だと思いますが、いかがでしょうか?

まさか、既存会員が聞いてくることを期待しているとか、
新規会員同様に入会申込書を書いて、所定の口座にお金を入金するのを待っているとか、
既存会員の自発的な行動に依拠するなんてナメたこと考えてないですよね?

ボランティア精神は尊ぶべきものですが、
会費で運営されるのであれば、それは立派な営業行為です。

そこに、相手のボランティア精神を期待するのなら、考え違いも甚だしいです。

「会費」とは、06-07シーズンの募金とは、まったく意味あいが異なります。

もし混同しているとするならば、その考えは、捨ててください。

例として適当か判断できませんが、
毎月携帯各社が純増だの純減だの公表してますね。

あれは、新規加入者の増加分から、既存加入者の解約数を引いているわけです。

いくら、100万新規でとっても、95万減ってしまえば、5万の増です。
一方、6万新規でとって、解約が1万でも、同じ5万の増です。

ま、携帯の場合は、これにシェアの問題が出てくるわけですが…
別に、シェアを争うべきものでもないですので、そこは割愛しましょう。

…で、いいたいこと判りますよね?

私と同じように、次年度は…なんて考えている人間を減らすことも大事な仕事ですよ。
>現・経営陣様。

とりあえず、明日、送られてくるメールマガジンに、返信します。

よろしく、ご対応くださいませ。

《S-PULSE 2008》 フェルナンジーニョ、京都へレンタル

フェルナンジーニョ選手 京都サンガF.C.へ期限付き移籍決定のお知らせ
エスパルス公式

ふ~ん。think

なんだかねぇ。

ま、悪いときのフェルナンジーニョが多かったのは事実だけどさ…
周りの使い方もよくないんじゃないのかね。

実績のあがっていないマルコス パウロや、マルコス アウレリオよりも
フェルナンジーニョを出すんですか…。

外国人FWを獲るためにねぇ。

レンタルだから移籍金はもらえないわけでねぇ。
お金はどうするんでしょうかね。

枠が空いたからって、再開まで3週間切ってますからね…。
当てでもあるんですかねぇ。

これで、つれてきたFWがフィットしないなんてことがあったとしたら、
替わったばかりで申し訳ないけど、強化部門のトップは責任を取るということでよろしいか?

サポーターズサンクスデー、cloud暗雲立ち込めてきましたねぇ。

《DRAGONS 2008》 交流戦 東北楽天3-4回戦

先発投手がかわいそう…

■6月8日 2008 NPB INTER LEAGUE
3回戦/ナゴヤドーム
中日 2 - 5 東北楽天
勝: 川岸 2勝1敗
敗: 中田 4勝5敗

■6月9日 2008 NPB INTER LEAGUE
4回戦/ナゴヤドーム
中日 6 - 3 東北楽天
勝: 吉見 7勝、セ: 岩瀬 1勝1敗19セーブ
敗: 青山 1勝2敗4セーブ

3回戦、最後の最後で中田が崩れた格好になったが、
そもそも、ドミンゴに抑え込まれた打線が問題。

中田が苦しみながらも、なんとか8回までゲームを作ったんだから、
それまでの間に打線が応えなくて、どうする。

4回戦。

先発山本昌が1点を失ったものの、3 - 1とリードして降板。

ところが2番手の吉見が、四死球2つでピンチを招くと、
あっさり同点タイムリーで追いつかれる情けない投球。

その裏、打線が頑張って、結果、吉見が勝ち投手となったわけだが、
もっと状況にあったピッチングをしてもらわないと困る。

昌さんの197勝目を消したということ以前に、
リードを保つというミッションを果たせなかったことを猛省してほしい。

《S-PULSE 2008》 ナビスコ杯予選B組第6節 ジュビロ磐田戦

予選突破も喜び半減。
「予選突破ほぼ確実」が招いた、ダービー敗北。

2008 J LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選Bグループ 第6節/静岡県磐田市・ヤマハスタジアム(磐田)
ジュビロ磐田 2 - 0 清水エスパルス
Goal: 38min. カレン ロバート44min. ジウシーニョ

前節終わって、Bグループ首位。

2位、FC東京との勝ち点差は3。
さらに得失点差が6も清水が優位。

大敗でも喫しない限り予選突破は確実。

そんな精神状態がもろに出たんでしょうかね。

なんですか?あの失点シーンは?

予選突破は、あくまで「確実」であって、「確定」ではないわけで。
この試合は、PSMかなんかじゃないんですよ。

しかも、The Derby なんですよ。

現実としては、大敗しなければいいとはいえ、負けは許されないわけですよ。

なんですか?あの交代策は?

0 - 2 で負けているのなら、早いこと追いつくために選手交代すべきなのに、
残り10分で、大前にどれだけチャンスが巡ってくるんですか?

兵働は、残り2分、何のために入れたんですか?
もう、これ以上失点しないように、枝村に代えて兵働をいれたんですか?

長谷川監督…

現実的な対応で予選突破を確実にしたい気持ちはわかりますが、
磐田まで出かけていったサポーターの気持ちも理解してくださいね。

サポーターズサンクスデーも結構ですが、
試合で勝ってくれることが、まずは、最優先ってコトをお忘れなく。

《vfk 2008》 J2第18節 ザスパ草津戦

悪癖、治らず。
攻めにいった後のカウンターから2失点。

2008 J LEAGUE Division 2
第18節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 1 - 2 ザスパ草津
Goal: 65min. 後藤77min. 秋本89min. 鳥居塚

前節、サポーターがアウェイながら座り込みという非常手段に出た甲府さん。
今節は、ここまで負けたことがない草津が相手と言うことで、
どう修正してくるか注目だったわけですが…。

また、負けです。

試合は、シュート数 15 - 7 という数字が示すとおり、
一部の時間を除けば、ほぼ甲府ペースで進んでいた試合だった。

そう、数字だけ見れば。

でも、点が入らなければどうしようもなく、
今の甲府は、それが取れないから、あくまでも「数字上」という話になる。

決定的な仕事ができるFWがいないから
人手をかけて、攻撃を厚くしにいく。

厚くしにいったところで、ボールを拙い形で奪われる。
そして、そこからカウンターを仕掛けられると、戻りきれずに失点する。

常にこの危険性を抱えてしまっている。

この日も、これが、最悪の形となった。

攻めにいったあとのカウンターから後藤に抜け出されて先制点を奪われる。

…いつもの失点の形だ。

その後、セットプレーから秋本が飛び込んで同点とする。

…いつもの得点パターンだ。

井上に代えて石原を投入し、さらに攻めを厚くして決勝点を奪いにいったものの
ゴールを割れずに迎えた後半44分、守りが薄くなったところを左右に振られて
最後は5分前に入ったばかりの鳥居塚に押し込まれて、決勝点を奪われる。

…相手の演者が誰であれ、これも、いつもの失点パターンだ。

安間監督の選手起用に難があるのも事実だが、
ピッチに立ったら、託されたミッションを果たすのはプレイヤーだろ。

Back to J1も大事だが、
まずは、基本に帰れって方が大事なように思えた。

《All for 2010 - 2008》 2010W杯3次予選 オマーン戦(AWAY)

猛暑38℃の乱戦。貴重なドロー。
2位を争う3位オマーンとの差は変わらず。

■2010 FIFA World Cup South Africa Qualifiers Round 3
4th Leg/Royal OMAN Police Stadium , MUSCAT , OMAN 
OMAN 1 - 1 JAPAN
Goal : 12min. AL MAHAJIRI AHMED MUBARAK OBAID , 53min. ENDO(PK)

気温38℃。

そんな中でワールドカップ予選を闘った代表の皆さん、
ほんと~に、おつかれさまでした。

正直、日本人にとってはありえない気温ですからね。
セカンドユニフォームがぐっしょり濡れてました。

わずか10分で。

先制されたときは、さすがにやばいかなぁと思いましたけど、
なんとかPKと、楢崎のセーブのおかげで、過酷な環境下での貴重な勝ち点1を得ました。

内容云々は問いません。

勝ち点を積み重ねて、最終予選に勝ち上がることが第一義ですから。

《DRAGONS 2008》 交流戦 北海道日本ハム3-4回戦

ホームランでしか点が取れません。

■6月6日 2008 NPB INTER LEAGUE
3回戦/ナゴヤドーム
中日 3 - 7 北海道日本ハム
勝: 坂元 3勝1敗
敗: 佐藤充 1敗
本: ウッズ15号ソロ16号ソロ英智1号ソロ

■6月7日 2008 NPB INTER LEAGUE
4回戦/ナゴヤドーム
中日 4 - 1 北海道日本ハム
勝: 川上 4勝3敗、セ: 岩瀬 1勝1敗18セーブ
敗: スウィーニー 5勝2敗
本: ウッズ17号ソロ和田7号ソロ中村紀11号2ラン

この2試合で奪った得点は、合わせて7。

その全てがホームランによる打点。

本意ではないが、打線につながりを欠いた現状では、これもやむを得ないだろう。

交流戦は、やはり2試合1セットが続く関係で、相手投手の交代が頻繁になり
打線が絞りきれないうちに目先を変えられてしまう。

ま、これ以上、阪神に突き放されないようにするしかないな。

《DRAGONS 2008》 交流戦 千葉ロッテ1-2回戦

とりあえず、一巡。

■6月4日 2008 NPB INTER LEAGUE
1回戦/千葉マリンスタジアム
千葉ロッテ 5 - 4 中日
勝: 渡辺俊 4勝3敗、セ: 荻野 2勝3敗7セーブ
敗: 山本昌 3勝2敗
本: ズレータ3号2ラン竹原1号ソロウッズ14号2ラン

■6月5日 2008 NPB INTER LEAGUE
2回戦/千葉マリンスタジアム
千葉ロッテ 1 - 4 中日
勝: 小笠原 6勝3敗、セ: 岩瀬 1勝1敗17セーブ
敗: 唐川 3勝1敗
本: 中村紀10号3ラン南1号ソロ

交流戦ですが、なんか、ちっとも上向かないどころか、
かえって減速しちゃいましたね。

とくに、打線の低調が目に余る上に、
それにつられるように、投手陣も持ちこたえられないって展開が目立ちます。

えぇ、勝ったとはいえ、2回戦は、4回以降、わずか1安打です。

「完全制覇」に交流戦って、入ってなかったんですかね。
きっと。

《S-PULSE 2008》 和道、頑張れ! 岡ちゃん、ぐゎんばれ!

代表絡みでリリース2つ。

高木和道選手 日本代表追加招集のお知らせ
岡崎慎司選手のケガについて エスパルス公式

浦和のDF阿部が代表を離脱した代わりという形ではありますが
3次予選の山場、オマーン・タイとのアウェイ2連戦に臨む日本代表に
我らがキャプテン、高木和道選手が追加招集!

実際に出番があるかは判りませんが、
一度、岡田JAPANの候補合宿に召集されているので
もう、勝手は判っているかと思います。

本人は、一瞬、「オマーンって、どこのオマーン」だとまったく意識になかったようですが
アピールして、ぜひ、ガチンコ勝負で初キャップを記録してもらいたいものです。

つづいて、トゥーロン遠征のU-23日本代表から帰ってきた岡ちゃんのケガ。

全治4週間ですか…。

オリンピックまであまり時間がないところで、なんともついていないと言うか…。

場所が場所ですので本人には無理せずにいてもらいたいものですが、
反町監督、お願いだから、岡崎を北京に呼んでやってください!

《All for 2010 - 2008》 2010W杯3次予選 オマーン戦(HOME)

3点快勝で、4連戦スタート。
欲を言えば限がないが、もっと点が取れたかも。

■2010 FIFA World Cup South Africa Qualifiers Round 3
3rd Leg/NISSAN Stadium , YOKOHAMA , JAPAN 
JAPAN 3 - 0 OMAN
Goal : 10min. NAKAZAWA , 22min. OKUBO , 49min. S.NAKAMURA

仕事の関係で、実は月初が〆のため、ONTIMEでは試合が見れませんでした。sad

Yahoo !スポーツの文字実況を自動更新にして仕事してたら、
仕事終わったのが21時過ぎって…

もう、大半試合は決していました。

家に帰ってtvニュースを見た限りでは、中村俊輔の存在は大きいですね。

自分がチームの主軸であると言う意識が感じられました。

…それにしても、オマーンのDFは何してたんでしょうね。
日本の2点目のシーン。

闘莉王がスルスルっと上がっていったのはいい動きなわけですが、
誰がカバーするでもなく、あっさりポストプレーを許して、
こぼれ球に反応して上がってきた大久保もどフリーって…

ガチンコの国際試合でこんな抜けた守備をしたチームを筆者は見たことないです。

…ま、何にせよ、勝ち点3と得失点差+3を稼げたのは、
この4連戦を勝ち抜く上で、良かったなと思います。

贅沢を言えば、もっと点差を開きたかったのはありますが、
言い出すと限がないので、まずは、順当に勝利を得たことを喜びたいと思います。

《訃報》 長沼健 元日本サッカー協会会長 逝去

元日本サッカー協会会長の長沼健さんが2日、肺炎のため亡くなられました。

日本サッカー協会元会長の長沼健さん死去 asahi.com

64年東京、68年メキシコオリンピックで監督を務め、
メキシコ大会では、銅メダルを獲得。

その後、日本サッカー協会の要職を務め、Jリーグ創設に尽力され、
94年から98年まで日本サッカー協会会長として、
フランス大会予選途中で指揮官の交代を決め、ジョホールバルの歓喜につなげたほか、
共催となった2002年ワールドカップの日本招致にも活躍されました。

まさに日本サッカーが大きく変革する時期に、
協会の長として、日本サッカーの発展に大きく寄与されました。

長沼さんのご冥福を心からお祈りしたいと思います。

《S-PULSE 2008》 ナビスコ杯予選B組第5節 FC東京戦

大きな勝ち点1。
ナビスコ杯予選突破を、ほぼ手中に。

2008 J LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選Bグループ 第5節/長野県松本市・松本平広域公園総合球技場
FC東京 1 - 1 清水エスパルス
Goal: 08min. ブルーノ クアドロス88min. 藤本

休日出勤はなくなったので、行こうと思えば行けたのですが、
ナビスコ杯は、ここまで参戦しなかった試合は全て勝っていたのでね。

なんか、ゲンを担いだつもりはないんですけど、
雨も降っていたことだし、7月には札幌遠征も控えているので、欠席しました。

↓下の甲府戦の記事でも書いていますけど、
MXテレビの中継は、実況アナのしゃべりが癪に障るので、
勝っている試合でも見ないことにしています。
(ほんと、どうでしょうClassic以外、要らないよ。14チャンネル。)

よって、後半は同時刻開催のスカパーの九州ダービーを見てました。

さて、この試合のポイントは、
前半に2失点目を喫しなかったこととハーフタイムから後半での選手交代でしょうね。

純平云々についてはともかくとして、藤本が入ったことで攻撃が活性化し、
そして、この日は濡れたピッチに苦しんだ西澤に代えて、アウレリオ投入。
これで、完全に前半とは攻守が入れ替わりましたね。

アウレリオの挑発に乗って、前半すでに1枚もらっていた佐原がピッチから強制排除され、
直後のFKを直接、淳吾がねじ込んで、同点としたわけですが、
このシーン、九州ダービーの雌雄が決したので、音を消してMXを見てました。

ゴールが決まった直後の、硬直した敵将の表情をみながら
思わず「ざまーみろ!」と、東京23区の西の端で声を出してしまいました。

それはさておき、この引き分けで、
ナビスコ杯久々の準々決勝進出が濃厚となりました。

ま、最終節の結果次第ってところはあり、
1日のトーチュウには、くだらない数字上の話が掲載されていましたが、
ダービーで大敗を喫するようなことはありえないですし、
いや、むしろ勝ちますので、1位通過は固いんじゃないかなと思います。

次節、気を引き締めて闘えば、予選突破はこのまま大丈夫でしょう。

《DRAGONS 2008》 交流戦 埼玉西武1-2回戦

中田くんが心配です。

■5月31日 2008 NPB INTER LEAGUE
1回戦/西武ドーム
埼玉西武 3 - 4 中日
勝: 川上 3勝3敗、セ: 岩瀬 1勝1敗16セーブ
敗: 大沼 1勝2敗1セーブ
本: 栗山2号ソロウッズ13号2ラン

■5月24日 2008 NPB INTER LEAGUE
2回戦/西武ドーム
埼玉西武 10 - 3 中日
勝: 帆足 6勝
敗: 中田 4勝4敗
本: 細川8号3ラン

おそらく今シーズン限りで憲伸はメジャーに行ってしまう可能性が高く、
その後の竜投を支えるべき一人、中田がスランプです。

「思ったところにボールが行かない」と、試合後、つぶやいたそうです。

…そうですね。2連続四球が、いけませんでしたね。

なんか、打たれちゃいけないと思って、
ボールを置きにいっている感がしたのですが…

気のせいでしょうか。

相手は、パ・リーグ首位の埼玉西武です。
日本人離れした体格を有する選手がゴロゴロいるチームです。

だからといって、一発を警戒しすぎて慎重になりすぎるのはどうでしょうか。

ファームに落とすほどの余裕がない現在の投手陣を考えても、
本人の今後のためにも、自力で立ち直ってもらいたいものです。

前日の憲伸は、決して内容はよくありませんでしたが、
何とか踏ん張って大崩れはせずに、味方の援護を待ちました。

中田にしても、朝倉にしても、憲伸のハートの強さを見習ってもらいたいものです。

《おたのしみ》 国宝 薬師寺展

国宝 薬師寺展

東京国立博物館で開催中の国宝薬師寺展。

おなじみの80分待ちです。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ