« 《S-PULSE 2008》 J1第29節 川崎F戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE 2008》 J1第29節 川崎フロンターレ戦 »

《vfk 2008》 J2第40節 徳島ヴォルティス戦

輪湖、プロ入り初ゴール。
最下位徳島に快勝。

2008 J LEAGUE Division 2
第40節/徳島県鳴門市・大塚スポーツパーク ポカリスウェットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 2 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 59min. 輪湖71min. マラニョン

うーん。

上位陣がもたついているせいでに、勝ち点差が開かないために、
数字上のお話だが、わずかながら可能性が残り続けているように見える。

正直、湘南戦の負けで、可能性はほぼ潰えたように思ったのだが…。

勝ち点が10離れている2位は厳しいんだろうが、7しか離れていない3位なら、まだ。

…と書いていて、思い出した。

「次節41節は、甲府はお休み。」

41節に、3位仙台が勝ち点3を積み上げると差は10となり、
その時点で残りが4試合しかないから、可能性は、ほぼ、なくなるんだな。

わずかな可能性の話をするよりも、来季に向けた話をしたほうがいいんだな。

なにより今シーズンで悔やまれるのは、前半の躓き。
降格して臨む3年ぶりのJ2でどうやって戦っていくかが見極められないままだった。

だからこそ、来シーズンはチームをしっかりと作って欲しい。
おそらく安間監督は続投ではないかと思われるので。

で、しっかりとしたチームを作る上で、新陳代謝は欠かせない。

徳島戦の中継で解説者が言っていて改めておもったのだが、ずっと甲府でやっている選手が多い。

コンビネーションを考えれば、いいことも多いのだが、相手に研究もされやすくて、諸刃の剣。

来季に向けて、今からでも、若い戦力をピッチに送り出して欲しい。

無論、ポジションを与えるのではなく、若手が自分で掴み取らなければならないわけで。

それも、いきなり先発でというのも厳しいだろうから、ベンチに入れておくといったことからやってもいい。

可能性がある限り、J1復帰を諦める必要はないが、
そればかりに固執せず、来シーズンいいスタートが切れるように準備を始めても悪くはない。

« 《S-PULSE 2008》 J1第29節 川崎F戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE 2008》 J1第29節 川崎フロンターレ戦 »

2008年」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ヴァンフォーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/42865045

この記事へのトラックバック一覧です: 《vfk 2008》 J2第40節 徳島ヴォルティス戦:

« 《S-PULSE 2008》 J1第29節 川崎F戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE 2008》 J1第29節 川崎フロンターレ戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ