« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

《ひとりごと》 2008年も残すところ6時間弱

大晦日も午後6時を廻りました。

2008年も終わりです。

エスパ、龍、まぁ、タイトルにはあと一歩足らなかった1年でしたが、
そんなことは、どーでもいいと感じるほど、社会的には暗い話題の多い一年でした。

いろいろなことを考えさせられました。

その1年も、6時間を切りました。

今年も1年お世話になりました。

来年こそは、明るい話題で年末が迎えられる1年であってもらいたいと思います。

《S-PULSE 2008》 太田宏介選手、加入決定。

横浜FC生え抜きの左SB、太田宏介選手の完全移籍での獲得が決まりました。

太田宏介選手(横浜FC) 完全移籍にて加入内定のお知らせ エスパルス公式

横浜FCのサポーターにとっては、これからがとても期待されていた選手だったそうで、
移籍はこの世界の常とはいえ、心情はお察しするところです。

が、うちとしても、山西が移籍リストに載り、左SBは児玉のみで、いささか手薄なだけに、
この獲得は、地味ながら的確なものかと思います。

U-20ワールドカップ代表にも選出された逸材ですが、
今スタメンを張っている児玉と、高いレベルで競争して、
ポジションを取るように、頑張ってもらいたいものです。

さて、人事往来も、年内はこれが最後ですかね。

気になるあの選手の去就は、先方の試合が元旦まであるので、年明けになるんでしょ。

ただ、スポーツ紙はおろか、今朝の朝日新聞まで決定的と報じてますのでね、
もう本決まりと考えざるを得ないのかな。

CBなら、岩下はもともとやっていたし、
札幌から戻ってきた平岡がそのまま来季はエスパでプレーするのであれば、
CBとしては十分計算できるんだけど、キャプテンはね、なかなか替えがきかんのよね。

まぁ、健太のことだから、ある程度、考えはあるんだと思うんだけど。

《IceBucks 08-09》 日本製紙クレインズ5-6回戦

■12月27日 2008-2009 ASIA LEAGUE Ice Hocey
5回戦/栃木県立日光霧降アイスアリーナ
日光アイスバックス 1 - 4 日本製紙クレインズ
Goal:  37'30 大日向

■12月28日 2008-2009 ASIA LEAGUE Ice Hocey
6回戦/栃木県立日光霧降アイスアリーナ
日光アイスバックス 4 - 3 日本製紙クレインズ
Goal:  20'39,61'05 福沢27'19 中居32'29 中居

なんとか、連敗で年を越すことにならなくってよかった。

…ホント。

さて、個々の試合について。

5回戦。

なんですか。
開始31秒で失点ってのは?

集中力なさ過ぎなんじゃないの?

それでも、オーヒのゴールで1点差に詰め寄ったものの、
2分もしないうちに、再び2点差とされてるようでは、そりゃ、勝てん。

で、6回戦。

勝つには勝ったが、OVT勝ちでは…。

まぁ、負けるのに比べれば、月とすっぽんなわけだけど。

第2ピリオド、いずれもパワープレーを活かして、3 - 2と逆転に成功したんだが、
第3ピリオド51分過ぎに追いつかれて、OVTに持ち込まれてしまった。

まぁ、3ピリは、7対21と3倍のシュート打たれてんだから、逆によく耐えたともいえるが。

で、OVTなんだが、氷上が1人減って、5対5になるんだけど、
この日のクレインズは、ペナルティが多かったようで、
終了間際に、飯村がROUGHでダブルマイナー(4分)の一時退場。

つまり、5対4とバックスが1人多い状態で、OVT開始。
これが、バックスには福音となった。

わずか1分5秒、OVTに入ってチーム2本目のシュートを放ったのは、
1点目を奪った、ROOKIE福沢。

この日の得点シーンで全て氷上にいて、2G1Aと活躍した新人が
バックスを10試合振りの勝利に導いた。

すっかり、孝行息子だよ。

ありがとう、福沢。

《おみや》 仙台土産 牛たんジャーキー

仙台土産 牛たんジャーキー

ホントは、仙台からの帰途に食べようと思ったんですが。

ミニずんだ餅食べたせいで食べれなかったんですよね。

一味が効いて、ツマミに最適です。

製造元は、伊達の牛たん本舗さんです。

《IceBucks 08-09》 クレインズ・SEIBU 4回戦 & 王子6回戦

■12月20日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
4回戦/北海道札幌市・月寒体育館
日本製紙クレインズ 3 - 1 日光アイスバックス
Goal: 
18'38 大日向

■12月21日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
6回戦/北海道札幌市・月寒体育館
王子イーグルス 8 - 2 日光アイスバックス
Goal: 
53'47 土田58'21 瀬高

■12月23日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
4回戦/岩手県盛岡市・盛岡市アイスアリーナ
日光アイスバックス 1 - 8 SEIBUプリンスラビッツ
Goal: 39'01 篠原

兎さんの行く末は気になるところではありますが、
バックスは他人様の心配をするより、まずは、自分たちなわけで。

さて、激震が走った木・金曜を乗り越えて迎えた今年のクリスマスシリーズ@札幌。

残念ながら、サンタクロースはバックスには訪れなかったようで。

プレーオフ進出枠が次々と決まり、どうやらプレーオフ進出は風前の灯のようで。

ただ、年末、それから年明けと日光シリーズは残っているので、意地ぐらいは見せてください。

霧降にいらっしゃるお客さんの前で無様な試合は、ご免蒙ります。

《S-PULSE 2008》 フローデ・ヨンセン獲得

前々から噂はあったので、特に驚きはなく。

ヨンセン選手(名古屋グランパス) 完全移籍にて加入内定のお知らせ エスパルス公式

年齢的な問題はあるにせよ、ある程度、一人で勝負できて、計算のできるFWは必要不可欠。

そういう意味では、よい補強かと。

そんなに経済的にゆとりのある方ではない我がクラブとしては、うまくやりくりしないとね。
博打は打てないですからね。

岡崎、一樹と確かに伸びてはいるんだけど、まだまだ、決定的な仕事を安定してはできてはいない。

彼らの成長のためにも、そして、チームの選択肢を増やす意味でも、この獲得はよいと思う。

あとは健太が上手く使うこと。

獲得が結果としてよかったかどうかは、最終的にはシーズンを通しての働きによってきまるんだから。

まぁ、まだ、天皇杯が名古屋は残っているので、ケガだけはしないように願います。

《S-PULSE 2008》 残るマルコス、去るマルコス

今シーズン加入した両マルコスですが、来季の契約更新は、パウロのみと。

マルコス パウロ選手 来季契約更新について エスパルス公式
マルコス アウレリオ選手の契約満了に伴う 来季契約非更新について エスパルス公式

ま、この結論は、当然といえば当然か。

パウロは夏ごろから、チーム内での自分の居場所を見つけたというか、
中盤の右のオプションとして機能したのが、契約更新につながったかな。

アウレリオは、大宮戦のロスタイムのPK、あれを決めてれば、違った結果だったかも。
FWは信頼を失うとなかなか難しいポジションだから。

ただ、監督の要望として「20点取れるFW」というのがあって、
それで連れてこられたのがアウレリオなんだけど、とても20点取れるようには見えんかったな。

2月のキャンプの段階で。

果たして監督の要望がどこまで正しく反映されたのか、アウレリオ獲得に関しては疑問が多い。

監督とフロントとに意識のギャップがあって、
「20点取れるわけではない」のに連れてこられたとしたら、アウレリオもある意味、犠牲者かも。

ま、パウロには、来季も、その存在感で、敵の目前に文字通り立ちはだかっちゃってください。

《S-PULSE 2008》 ありがとう、戸田光洋

また一人、ベテランがエスパを離れることになった。

戸田光洋選手の契約について エスパルス公式

一昨年のキャンプ中の練習試合での大怪我以来、ずーっとケガとの戦いだったな。

今シーズン、自身J1通算150試合となった味スタでの古巣戦で決めたゴールが、
エスパでの最初で最後のゴールになってしまった。

これから、ちょっとずつ、これまでの分もやってくれるかなと思ったんだが、
やはり、ケガに泣かされる結果となってしまって…

報道によれば、このまま引退を示唆しているとも聞くが…。

とても残念です。

戸田光洋選手、2年間、ともに戦ってくれてありがとう。

これからの人生に幸多からんことを願ってやみません。

《S-PULSE 2008》 第81回天皇杯 準々決勝 FC東京戦

紛れもない真実としての、「敗北」。
2008シーズン、終了。

第81回天皇杯 全日本サッカー選手権大会
準々決勝/宮城県仙台市・ユアテックスタジアム仙台
清水エスパルス 1 - 2 FC東京
Goal: 25min. 高木和49min.,50min.

いまさらの感があるけど、ま、あげときましょ。

終わってすぐ、「おつかれさま」とは言えなかったな。
素直には。

精一杯やった結果としての敗戦ならまだしも、自分たちの甘さを露呈した挙句の逆転負けでは。

「負けた気がしない」という言葉が清水側からはあったようだけど、
結果だけが重要なトーナメントでは、負け=終了なわけで、厳然と受け止めるべき。

リーグ戦じゃないんだから、一戦一戦をしっかり戦わなきゃ、得るものは得られん。

今季3勝1分と相性がよかった東京戦だが、
相手にしてみれば年間5戦して勝ち星なしなんて不名誉なことはできないわけで、
隙あらば、足を出してでもボールを奪ってやろうという気が満々だったもの。

それに対して、いなす術があればいいんだけど、バタバタして、ミスを繰り返す有様。
これじゃ、勝てんわ。

ま、それでも、PKもらってリードして前半を終えたんだから、後半はしっかり戦って欲しかったね。

PKを和道が蹴ったけど、どーなの?
ただでさえ、きな臭い話が出てる本人が、FWでもないのに、PK蹴るって…。

なんか、違和感はぬぐえなかったわな。

で、後半の立ち上がり。

PK取られたのはしょうがないんだけど、(いや、しょうがなくはないんだが…)
同点にされた後の対応が、最悪。

いつまでも引きずって、チームが気持ちの切替ができなかったってのがモロばれ。

キックオフのボールを取られるという情けない展開から決勝ゴールを許す体たらく。

…なんだかね。

呆れてモノが言えなかったよ。バックスタンドで、こちとら。

反撃に移っても、バタバタしてなかなかゴール前に行くことがままならず、
終了間際にパワープレーをやったところで、ただただ放り込むだけではゴールにはならん。

どうしようもない負け方で、2008シーズンは呆気なく終了。

2008.11.1のリベンジを2009.1.1に果たすという望みは仙台の地で絶たれ、
「極」を目指した戦いは、その果実を得ることができないまま。

チームとしての底上げができたとか、プラスに捉えられるべき要素もなくはない。

が、「結果」を求めたシーズンだっただけに、非常に落胆の度合いが強い結末となった。

《おみや》 京都土産 俵屋吉富 栗しぐれ

京都土産 俵屋吉富 栗しぐれ

今月の初め、京都へ行ってきました。

しつこいって!>自分

で、和菓子も買ってきました。

俵屋吉富さんの栗しぐれ。

皮にヒビが入ってますけど、これを「しぐれ」と言うんですね。

ヒビ自体が模様になっていて、
そこから中身が覗いているっていう和菓子の技法だそうで。

中は、栗餡。

栗の味はしっかりしていながら、甘すぎず、餡独特の重ったるさを感じない。

実に上品な一品でした。

美味しゅうございました。

《SOCCER 2008》 FIFA Club World Cup FINAL RESULT

《SOCCER 2008》 FIFA CWC FINAL RESULT

FIFA Club World Cup JAPAN 2008
Final/YOKOHAMA/68,682
LIGA de QUITO 0 - 1 MANCHESTER UNITED
GOAL:
72min. W.ROONEY

マンU、クラブ世界一!

《橙とサイコロな日々》 東京で乗り換え

《ひとりごと》 東京で乗り換え

今、仙台から帰京しました。

東海道新幹線へ乗り換えます。

目指すは、新横浜。

《旅のおもいで》 まだ、仙台。

《ひとりごと》 まだ、仙台。

SENDAI光のページェント。

美しいですね。

となりに、ツレがいればなおのこと、なのですが。

そんな存在は、いません。(┳◇┳)

《S-PULSE 2008》 天皇杯準々決勝 F東京戦 終了

《S-PULSE 2008》 天皇杯準々決勝 F東京戦 終了

EC-QtrF
ユアスタ/8,051人
清水 1 - 2 F東京
Goal:
25min. 清・高木和(PK)
49min. F・赤嶺(PK)
51min. F・赤嶺

失点はほんのわずかの間のことだったが
試合を通じて、あまりにもバタバタし過ぎ。

国立への道、仙台で途絶える。

《ひとりごと》 ユアスタ到着。

《ひとりごと》 ユアスタ到着。

何年ぶりかのユアスタ。

前来た時は、まだ仙スタだったんだよな。

《IceBucks 08-09》 プリンスラビッツ、廃部

夜のNHKニュースでショッキングなニュースが。

西武が今季限りで廃部  アイスホッケーの名門 47NEWS(共同通信)

日本のアイスホッケーの名門にして、バックスにとっては古河時代以来の仇敵、
SEIBUプリンスラビッツが今シーズン限りで廃部になるとのこと。

正式なリリースは近日中とのことだが、すでに選手には方針が伝えられたようなので、
ほぼ確定と言っていいのだろう。

第1回日本リーグ(1966年)から参戦。

1972年に福徳相互銀行が廃部となり、日本リーグが4チーム化の危機を迎えると、
チームを西武鉄道と国土計画に分割。

2003年、前年に札幌が離脱し、5チームになっていたこともあり、
経営改善の観点から、中位が定位置だった西武鉄道を廃部し、コクドに統合。

2005年に発覚した西武鉄道株を巡る問題を契機にしたグループの経営改革の影響で、
2006年、グループとしての「西武」を名乗るSEIBUプリンスラビッツに改称。

2008-09シーズンは、現在2位でプレーオフに進出が決定。

紆余曲折はあったものの、常に、日本のアイスホッケー界を引っ張ってきた存在だけに、
この廃部自体が、アジアリーグだけでなく、日本のアイスホッケーを揺るがす事態になることは
避けられないといっていいだろう。

廃部後どうなるかを含め、正式な発表を待ちたいところで、当面は事態を静観するしかないが、
動き出したら、とんでもない余波が弱小バックスにも及ぶことは想定しておかなければなるまい。

《S-PULSE 2008》 山さん、移籍リストに。

とても寂しいお知らせが。

山西尊裕選手の契約について 清水公式

2005年に長谷川体制がスタートしてすぐに、お隣さんから清水に帰ってきた山さんが、
出場機会を求めて、エスパルスのユニフォームを脱ぐ選択をしました。

2005年の苦しかったシーズン。
森岡不在の間、チームをまとめ、なんとか残留を掴み取ると、
2006年、2007年はキャプテンとして、若手が多いチームを引っ張り、
エスパルス躍進の原動力となった山さん。

山さん自身の明るい性格と、そして、成績が出ていたこともあって、
本当にチームの雰囲気もよくなったと思います。

今年は、「チームのことを考えるよりも、選手として勝負してみろ」ということもあって
キャプテンを和道に譲り、左SBのポジションを新と争った山さん。
(ブログでの2人のやりとりも面白かったですが。)

残念ながらベンチに座ったまま試合を終えるケースも多かったのですが、
天皇杯・鹿島戦のように急遽出場となっても、ちゃんとプレーできるほど準備に怠りはなく、
その姿勢は、若手の範となっていたと思います。

プロプレイヤーとして出場機会を求め、一旦は「清水の山西」とはお別れになりますが、
ぜひ、またいつか、エスパルスに戻ってきてもらいたいと思います。

とりあえず、一旦、お別れになります。

4年間、本当にありがとうございました。

新天地での活躍を心から祈っています。

《IceBucks 08-09》 アニャンハルラ3-4回戦

■12月14日 2008-2009 ASIA LEAGUE Ice Hocey
3回戦/栃木県立日光霧降アイスアリーナ
日光アイスバックス 3 - 4 アニャンハルラ
Goal:  18'25,39'52 波多野50'15 塚田

■12月15日 2008-2009 ASIA LEAGUE Ice Hocey
4回戦/栃木県立日光霧降アイスアリーナ
日光アイスバックス 2 - 3 アニャンハルラ
Goal:  08'22 土田46'36 ラフリニエール

相変わらず、連続失点の悪癖は抜けないようで。

せっかくリードしたっていうのに、そんな簡単に失点してりゃきりがないよ。

ま、塚田の初ゴールが救いかな。

で、4回戦。

シーソーゲームも、最後は、人数オーバーでのキルプレーから決勝点献上ですか?

…前も、見た気がするんですが、バックスの試合のGAME SHEETにある「TOO-M」の文字。

日本のトップカテゴリーに曲がりなりにも所属してんだから、この手の反則はお粗末以外の何者でもない。

バックスからの結果メールで、「痛恨の」なんて書いているけど、「自業自得」でしょ。

こんなの、さ。

《S-PULSE 2008》 エスパルス異動情報(12月上旬)

天皇杯は残っていますが、来季に向けた動向がすでにリリースされていますので、とりまとめ。

長谷川健太監督 来季契約継続について 清水公式

5年目。
来シーズンこそ、マイスター・シャーレを。

西澤明訓選手の契約満了に伴う来季契約非更新について 清水公式

アキ、2シーズンとはいえ、清水に戻ってきてくれてありがとう。
今シーズン、一樹がブレイクできたのは、まちがいなく、兄貴と慕うアキの影響によるところ。

できうることならば、また、いつか、共に闘おう!

つづいて、外に出ている選手の動向。

フェルナンジーニョ選手の契約満了に伴う来季契約非更新について 清水公式
フェルナンジーニョ選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ 京都公式

フェルのために行なったシステム変更だったのだが、その選手をレンタルで出す愚策。

やや独りよがりなプレーがあったために、次第にチームの中で孤立していった結果だが、
ただ、そういう個性の強いプレイヤーを十分に活かせないのも問題だろうな。

斉藤俊秀選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ 湘南公式

湘南をJ1に復帰させること叶わず、レンタル満了ですか…。
うちに戻ってきても、ポジションがあるかといわれると、厳しいかもしれず。

かといって、きな臭い報道が続いているだけにね…。
CBの控えが手薄になるのも困るのでね…。

最後に、少し複雑なニュース。

清水エスパルスユース 前田陽平選手 加入内定のお知らせ 湘南公式

なかなかうちのユースの選手が他のJクラブにそのまま行くって事はなくって、
前田選手個人のことを思えば、うれしい事だし、他のJクラブから評価されてるってのもね、
それはそれで、ユースという組織を考えると喜ばしいことだとは思うんですが…。

一方で、育てた人材の流出という側面もあるわけでね。

ちょっと、複雑です。

あぁ、当ブログでは未確定の話は、基本的には記事上げませんので、あしからず。

そりゃ、心配だよ。

でも、信じてるよ。

《J LEAGUE 2008》 最終節と入替戦をプチまとめ。

入替戦が終了し、2008年Jリーグの公式戦は全て終わりました。

簡単に、J1、J2の最終節と入替戦を振り返っておきましょうかね。

まずは、J1第34節。

優勝争いは、鹿島、名古屋、川崎Fの3クラブに可能性がありました。
一方、残留争いは壮絶で、大宮、新潟、磐田、東京V、千葉の5クラブに
降格、ないし入れ替え戦の恐れがありました。

2008 J LEAGUE Division 1/第34節
札幌ド/コンサドーレ札幌 0 - 1 鹿島アントラーズ
九石ド/大分トリニータ 0 - 0 名古屋グランパス

前節まで首位の鹿島が札幌を下して、優勝を決め、12冠だそうで。
おめでとーございまーす。(棒読み)

前半戦の主役、名古屋はシーズン途中のマギヌンの一時離脱が響いて、優勝はならず。

2008 J LEAGUE Division 1/第34節
東北電ス/アルビレックス新潟 3 - 2 ガンバ大阪
ヤマハ/ジュビロ磐田 0 - 1 大宮アルディージャ
味スタ/東京ヴェルディ 0 - 2 川崎フロンターレ
フクアリ/ジェフユナイテッド市原・千葉 4 - 2 FC東京

0-2と追い詰められた千葉でしたが、最後まで可能性を信じた結果、怒涛の4ゴールで逆転。
ヴェルディは、福西の退場(かなり厳しい判定)のアクシデントもあり、川崎に力負け。
磐田は、一瞬のエアポケットから小林大悟に決勝点を許し、敗戦。

勝った新潟、大宮、そして千葉が残留を決め、磐田が入替戦、ヴェルディが2度目の降格。

それにしても、フクアリのあの雰囲気はすごかったですな。
こういう試合で、きっちりヒールになりきれるトーキョーも、さすがに参ったことでしょう。

一方、J2は、すでにサンフレッチェ広島、モンテディオ山形が昇格を決めていました。

ま、正直、広島の戦力はJ1レベルでしたから、独走も無理からぬかな、と。
ただ、ステージが変わる来年は、今年のようには行かないでしょうね。

山形は、ほんと、おめでとう。
この時の無念をこの目で見たものとして、心から昇格をお祝いしたいと思います。

蔵王とか、上山とか、銀山とかいい温泉が多いので、
できれば土曜、ないしは日曜の早い時間のデーゲーム希望です。

冗談はさておき、ということで、残すは入替戦の椅子のみ。
争うは、仙台、C大阪、湘南の3クラブ。

2008 J LEAGUE Division 2/第45節
ユアスタ/ベガルタ仙台 1 - 0 ザスパ草津
長居/セレッソ大阪 2 - 1 愛媛FC
レベスタ/アビスパ福岡 3 - 1 湘南ベルマーレ

苦しみながらも仙台が3位を死守し、入替戦進出が確定。

で、その入替戦。

2008 J LEAGUE J1/J2 PLAYOFFS
第1戦/ユアスタ ベガルタ仙台 1 - 1 ジュビロ磐田
第2戦/ヤマハ ジュビロ磐田 2 - 1 ベガルタ仙台

松浦の3ゴールの活躍もあり、磐田が残留しちゃいました

仙台は、アウェイゴールを獲られたことよりも、第2戦で先制のチャンスを逸したのが響きました。
獲っていれば、心理的に磐田を追い込めていたと思いますのでね。

残念です。

あぁ、オレの牛タンが、塩釜の寿司が、秋保温泉が…

おしまいに、JFLから、栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山の正会員加盟が確定。
3クラブ関係者のみなさん、おめでとうございます!

ついに、富山は北陸初のJクラブ。
栃木の加盟で関東は全都県にクラブができました。

富山、行ってみたいな。

意味もなく、立山アルペンルートを通って、さ。
もちろん、登山家の格好してね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

続きを読む "《J LEAGUE 2008》 最終節と入替戦をプチまとめ。" »

《おみや》 伏見銘酒 神聖 松の翠 純米大吟醸

京都土産 伏見銘酒 神聖 松の翠 純米大吟醸

また、京都の話。

帰りののぞみで一杯のつもりで一合瓶をJR京都伊勢丹で購入。

なんの情報ももたず、売り場をぶらついていると、なぜかこちらに目が止まったわけで。

山田錦をよく精米し、大寒の頃に仕込んだ酒は、
少し辛口で、口に含むと香りが口一杯に広がります。

喉を通ったあとも、優しい旨味が、しばらく残り、余韻を楽しめます。

偶然とはいえ、美味しいお酒に出会えました。

《SOCCER 2008》 FIFA CWC Qtr.FINAL AL AHLY - PACHUCA RESULT

《SOCCER 2008》 FIFA CWC Qtr.FINAL ALA - PAC RESULT

FIFA Club World Cup JAPAN 2008
Quarter Final/National Stadium/TOKYO
AL AHLY 2 - 4 PACHUCA
GOAL:
1 - 0/28min. OWN GOAL
2 - 0/45min. FLAVIO
2 - 147min. L.MONTES
2 - 273min. C.GIMENEZ
2 - 398min. D.ARVAREZ
2 - 4110min. C.GIMENEZ

パチューカ、0 - 2からの大逆転。
相手は違えどCAF代表に昨年の雪辱を果たす。

それにしても、いい試合だった。

《ひとりごと》 入替戦も大事ですが

《ひとりごと》 入替戦も大事ですが

クラブワールドカップ準々決勝、アルアハリ対パチューカを見にきました。

《S-PULSE 2008》 J1第34節 京都サンガFC戦 & 森岡隆三選手引退。

天皇杯制覇まで、闘いは続く。
リーグ戦は5位フィニッシュ。

2008 J LEAGUE Division 1
第34節/京都市・西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガFC 1 - 3 清水エスパルス
Goal: 37min. 矢島38min. 山本真80min. 84min. 柳沢

試合については、もうみなさん、ご存知のとおりなので、簡単に写真だけ。

Imgp9041
よく晴れた西京極だが、気温7℃

P1020673
14:34 KICK OFF 先発2TOPは矢島、岡崎

P1020679
37分、枝村のシュートがポストに当たった、こぼれ球を矢島がゲット。

P1020680
38分、強烈なシュートを決めた真希。

ということで、前半は、2 - 0 とリードして折り返す。

後半、交代策で反撃に出るサンガに押し込まれる時間があったが…

P1020682
80分、途中出場の一樹が、見事なターンで水本を振り切り、ダメ押しの3点目。

このあと、クリアミスから柳沢に1点を献上するが、反撃もここまで。

得点もさることながら、内容でも京都を凌駕し、3連勝でリーグ戦5位フィニッシュとなった。

開幕戦で惨敗し、さらに3連敗があったりでなかなか勝てなかった序盤を思えば、
よく持ち直したなぁという印象は強い。

ただ、一昨年、昨年と4位と来て、今年はリーグ戦の優勝争いに絡みたかったのだが、
そこまでには至らなかったのが残念。

ジェジンの穴をどうやって埋めるのかが定まらず、
代わりだったのかどうかは定かではないが、アウレリオがまったく使えず、
チーム作りが停滞したことが、最後まで響いた。

長谷川監督の続投が決まり、来年は、いよいよ集大成をみせてほしいところだが、
まずは、その前に、2008年シーズン最後のタイトル奪取に全力を傾けてもらいたい。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、試合終了後、サンガのシーズン終了セレモニーがあり、
その後、エスパサポのほとんどが、このために駆けつけたといっても差し支えない
森岡隆三選手の引退セレモニーとなった。

P1020695

 

続きを読む "《S-PULSE 2008》 J1第34節 京都サンガFC戦 & 森岡隆三選手引退。" »

《vfk 2008》 J2第45節 横浜FC戦

ドローで始まり、ドローで終わる。
15勝13敗14分。7位で2008年終了。

2008 J LEAGUE Division 2
第45節/神奈川県横浜市・ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC 0 - 0 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 

スカパーの映像も見てませんが、「ペースは握るも決め手を欠く」(by EL GOLAZO)は相変わらずだったようで。

参入組のFC岐阜と引き分けて始まった2008年は、最後もドローでしたな。

昇格争いに絡むことはほとんどなく、かといって下位に沈んだままで終わることもなく、
15勝13敗14分と、最後までパッとしないまま、2008年シーズンは終了です。

安間監督の留任は決まったようで、ま、来年は体制を整えて、戦ってもらいたいです。

あぁ、そうそう、選手層が厚いわけではないので、余計なカードをもらわないサッカーで。

 

そして、鶴見智美選手が引退されることになりました。

2シーズンちょっとと短い間とはいえ、エスパルス時代には、J1で45試合に出場。

オールスターでスーパーゴールを決めた時は、エスパサポの自分もビックリ出したもんです。

まだ29歳なんですけどね。

なんか、残念ではありますが、とにかくおつかれさまでした。

それから…

井上、保坂、田森、宇留野、木村、桜井、鵜飼、寄井、神崎、山本僚…
(新聞報道では、他にもいるようだけど…)

桜井は、レンタル元の山形からも戦力外通告だそうで…。

今シーズンを以って甲府を去る選手のみなさんの、これからに幸多からんことを願います。

《IceBucks 08-09》 SEIBU 3回戦 & 王子 4・5回戦

■12月3日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
3回戦/青森県八戸市・新井田インドアリンク
SEIBUプリンスラビッツ 4 - 1 日光アイスバックス
Goal: 
24'11 尾野

■12月6日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
4回戦/北海道旭川市・大雪アリーナ
王子イーグルス 6 - 3 日光アイスバックス
Goal: 
22'26,49'32 ラフリニエール27'48 尾野

■12月7日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
5回戦/北海道苫小牧市・白鳥アリーナ
王子イーグルス 5 - 0 日光アイスバックス
Goal: 

八戸遠征、せっかく先制したんだけど、3ピリで3失点して、連勝は2でストップ。

そして先週末は、王子との連戦。

4回戦は先制されたものの、ラフリニエール、尾野のゴールで逆転。

いい勝負できるかなぁと思ったのもつかの間、2分もしない間に追いつかれると、
そこから31分過ぎ、33分直前と連続失点の悪癖が出て、The END。

5回戦は守備崩壊で、2ピリ終了時に先発GK白鳥を下げて、川口を投入する有様。

結局、シャークス相手になんとか連勝したものの、国内勢には勝てず、再び連敗街道。

次は、14日のハルラ戦だが、正直、勝てる気がしない…。

《おみや》 西尾八ッ橋 あんなま しお

生八ッ橋 しお

しつこいですが、京都へ行ってきました。

会社へは、普通の生八ッ橋を買っていきました。

で、自分用は、西尾八ッ橋さんの「生八ッ橋 あんなま 塩」。

ニッキではなく、塩を加えているため、甘さ控えめ。

おすすめです。

《おみや》 京都の生湯葉

京都へ行ってきました。

橙とサイコロでも書きましたが、京都へ行ってきました。

おみやげは、汲み上げ湯葉。

京都へ行ったら、やっぱり、これですよ。

《S-PULSE 2008》 J1第34節 京都戦 終了

《S-PULSE 2008》 J1第34節 京都戦 終了

J1-34

西京極/17,331人
京都 1 - 3 清水
Goal:
37min. 清・矢島
38min. 清・山本真
80min. 清・原
84min. 京・柳沢

寒い。

試合中は気にならなかったけど、ホントに底冷えします。

このあと、森岡の引退セレモニーがあります。

《ひとりごと》 京都戦、行ってきます。

《ひとりごと》 京都戦、行ってきます。

京都へ行ってきます。

期せずして、森岡の引退の場に立ち会うことになりました。

エスパのモリに別れを告げた師走のKKWING。

あれから2年。

今度は、プロプレイヤーのモリにサヨナラを言うことになるとは…。

試合終了後、11 MORIOKA と背中に入ったコンフィットシャツを高々と掲げようと思います。

《橙とサイコロな日々》 タイ限定プリッツ

《ひとりごと》  タイ限定プリッツ

タイ語だと、プリッツはこう書くんだな。

タイに行っていたら、厳戒体制に入ってしまって、
漸く帰国できた会社の人にもらいました。

そのひと、鹿サポだけどね。

《橙とサイコロな日々》 アド街恐るべし。

アド街恐るべし。

アド街よりも、モヤさまの大江アナが大好きなえす☆ふりーくです。

こんばんは。

さて、先週のアド街で、新宿西口の新名物と紹介された「三国一」のみそカツうどん。

本日、昼過ぎに通り過ぎた時には、こちらの「本日分売り切れ」の表示が出ていた。

恐るべし。

アド街ック天国。

ちなみに、一瞬だけ筆者の横顔が写っているのは、ナイショである。

《S-PULSE 2008》 J1第33節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦

スコア以上の差で勝利。
岡崎、二桁ゴールへ到達。

2008 J LEAGUE Division 1
第33節/静岡市・日本平スタジアム
清水エスパルス 3 - 2 ジェフユナイテッド市原・千葉
Goal: 26min. 兵働32min.,85min. 巻38min. OWN GOAL76min. 岡崎

岡崎のゴールが決まって、3 - 1。

ここで終わるべき試合であった。

確かに、巻のこの試合にかける思いというか、執念というものが、あのゴールにつながったとは思うが、
一方で、青山の対応の拙さというのも、そこにはあったと思う。

競り負けたこともさることながら、どフリーにして1失点目を許した巻の動きを見ていなかったことも問題。

FKのボールを千葉の根本がセットする間、ファーのポストのところで巻は給水していた。

プレー再開のホイッスルが吹かれるや否や、ダッシュして、で、ニアで決めたのだ。

給水が狙ったものではなかったとはいえ、対峙する選手の動きを見逃さないのが基本だと思う。

青山だけの問題ではないのだとは思うのだが、出来がいいとは言えないまま、今季は終わりそうだ。

ま、天皇杯が残っているので、意地を見せてもらいたい。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、勝ったのに、こんなことばかり書くのも心苦しいので、ここいらでやめといて、

どうも24日、テレビ見ながら一瞬うたた寝したのがまずかったのか、風邪気味で、マスクをして日本平へ。
(いざ、試合が始まっちゃえば、声を出さないなんて無理で、結果、浅田飴のお世話に。)

行きの新幹線は、超満員で、黄色いお犬様の一部とデッキで呉越同舟。

静岡駅からシャトルバスに乗って、今季最後のおダイラ到着。

Imgp8988

Imgp8987

来シーズンは、この看板も変わっちゃうんでしょうね。
「アウトソーシングスタジアム日本平」。

でもなぁ、なんか、ダイラって呼んじゃいそうだよな。

「最終戦=満席=遅く行くと席がない」って思うがあまり、早く着きすぎたが、
結果、パルちゃんショーを見ることができて、それはそれでよかった。

P1020592

パルちゃんショーは、不敗神話とまで言われるようになった「羞恥心」ですがな。

動画もあるけど、「@えすぱ」様で公開されるだろうから、そちらをご覧くださいませ。

ジェフサポの皆様も大挙しておいでいただいたようで。

P1020600

P1020602

P1020603
「あしたのために -その1- シュート「やや内角をえぐりこむように…」

(・_・)エッ....? いや、そんなことゆっとる場合じゃないかと…

さて、試合だが…

続きを読む "《S-PULSE 2008》 J1第33節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦" »

《vfk 2008》 J2第44節 アビスパ福岡戦

決定機はあっても…
終始主導権を握りながら、一発に泣く。

2008 J LEAGUE Division 2
第44節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 0 - 1 アビスパ福岡
Goal: 85min. 中村

結局、この一年、「決定機をどれだけモノにできるか」という課題は解消されなかった。

どんだけいいサッカーをしたところで、結果がついてこなければ意味がないことは判っていたこと。

ホーム最終戦で内容と結果が伴った試合を見せることで、2010 J1が夢物語でないことを示すべきであったのだが。

たった1発のミドルに沈んだ。

サッカーは、ゴールの数を争うゲームであって、そこに芸術点などが加味されることはない。

ただ、勝ちゃいいっていうつもりはない。

が、まずは、結果を示すことが先決だと思う。

自分たちのサッカーはすばらしいと語るのは、それからでいい。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ところで、多くの選手が、甲府のユニフォームを脱ぐことかが決まった一方で、
来季の補強などの話は聞かない。

果たして「2010 J1」は夢物語になってしまうのか、
監督の去就なども含め、2009 J2の闘いは、実は始まっているのだと思う。

海野社長、佐久間GMのお手並み拝見と参りたい。

《IceBucks 08-09》 チャイナ・シャークス4-6回戦

■11月27日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
4回戦/中国 上海市・松江大学城体育中心
チャイナ・シャークス 6 - 1 日光アイスバックス
Goal: 
36'51 中居

■11月29日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
5回戦/中国 上海市・松江大学城体育中心
チャイナ・シャークス 2 - 3 日光アイスバックス (OVT勝)
Goal: 
15'31 ラフリニエール27'50 中居60'15 篠原

■11月30日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
6回戦/中国 上海市・松江大学城体育中心
チャイナ・シャークス 1(0 GWS 1)1 日光アイスバックス (GWS勝)
Goal: 
44'08 ギルクリスト

正直、4回戦で大敗喫したときは、もはやシャークスにすら勝てなくなったかと思ったわけだが。

なんとか、60分+αで久々の勝利+連勝ですか…。

2,000人とか動員数が記録されているわけで、これが、まぁ、事実だとすれば、超アウェイ。

ま、そこで、勝てたことは、「+α」があったとはいえ、よかったと思う。

試合数の都合があるとはいえ、バックスは現在最下位。

もう落とせる試合なんかないんだからさ、前進あるのみだよ。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ