« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

《S-PULSE 2009》 山西尊裕選手、引退。

とても寂しい話題がリリースされました。

山西尊裕選手 現役引退のお知らせ エスパルス公式

移籍リストに掲載の上、現役続行に意欲を見せていたのですが、
各クラブの新体制が次々と決まっていく状況もあり、引退を決意されたようです。

結局、仙台での天皇杯が、最後の雄姿となってしまいました。

自分は仙台まで行ったので、まだ、別れの場に居合わせることができましたが、
仙台まで行けなかった多くのサポーターには、なんとも寂しいことになってしまいました。

引退試合とまでは行かないまでも、今度のプレマッチで挨拶の場を設けてもらいたいものです。
>株式会社エスパルス様

長谷川体制の泣き笑いの多くを、キャプテンとして見てきた功労者です。

ぜひ、ご検討をお願いしたいところです。

《IceBucks 08-09》 SEIBUプリンスラビッツ6回戦

■ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
6回戦/東京都西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ
SEIBUプリンスラビッツ 5 - 2 日光アイスバックス
Goal: 43'07 瀬高50'59 福沢

負けたことに関しては、それ自体は、なんとも、妥当な結果なんだけどね。

いや、ロースコアに持ち込めれば、微かながらにも可能性はあるとは思ったんだが、
3ピリ開始1分で、2点差を4点差にされた時点で、ガックリで。

で…。

その…。

終了直後にも書いたけど…。

兎さんの名前に似つかわしくない荒っぽいプレーは何とかならんかね。

いや、ペナルティの数から言ったら、そりゃバックスのほうが多いんだけどさ。

それでも、HOOKINGだの、HOLDINGだの、この試合ではなかったけど、TOO-Mとか
技術が足りないがゆえに起こる、いわゆる普通のペナルティだよ。

一方の兎さん。

マイナーペナルティ9つのうち、ROUGHINGが6つって何さ?

兎の皮を被った、さしずめ「狂犬」だわな。

この先、兎さんが生き永らえるのか、餓死するのか知んないけどさ、
(いっそのこと餓死してしまえと思っちまったのは、ナイショだ。)
末節を穢してまで、タイトルとってどうすんだろね。

アイスホッケーは、あくまで相手ゴールにパックを入れた数を争うスポーツであって、
腕っぷしの強さとか、審判に解らんように相手を殴るのかなんてことを争ってんじゃない。

こんなチームが、長いこと「権力」を嵩に幅を利かせてたんだから、嘆かわしいこと、この上ない。

《IceBucks 08-09》 SEIBUプリンスラビッツ 6回戦 終了

P1030259

プリンスラビッツ 5 - 2 アイスバックス

リーグ最終戦。

3ピリ開始早々の連続失点でゲームは崩れた。
そこから、反撃したところで、やはり勝てないよなぁ。

ま、それにしても、荒いプレーがが多いね。兎さんは。

東伏見の南口に本拠地があるのはアイスホッケークラブじゃなく、
格闘技団体だったんだねぇ。

それじゃ、審判がゲームをコントロールできないのも、無理ないわ。

訂正。
格闘技団体以下だわな。
格闘技ファン、ならびに関係者のみなさん、失礼しました。

《おみや》 東京・銀座 ブールミッシュのケーキ

東京・銀座 ブールミッシュのケーキ

井の頭線吉祥寺駅に、週替わりで店が替わるケーキの販売コーナーがあります。

今週は、銀座のブールミッシュが出店。

勤め先のある新宿のハルクの地下では、いつも販売しているので、
何も吉祥寺の臨時出店で買うこともないのだが、つい、足を留めてみたのが最後。

結果は、写真の通り。

手前が、代表商品のシブースト。

サックリとしたパイの上に、リンゴを加えたプリン生地が乗っかってます。
その上にカスタードとメレンゲでしょうか、ムース状のクリーム。
表面には、焼き色のついたカラメル。

さすが、人気商品と納得のケーキは、もとはフランスの宮廷菓子だったそうです。

奥が、レアチーズ。

チーズケーキ、好きなんですよね。
つい、買っちゃいます。

レモンが程よくきいて、大人の味です。

ブールミッシュさん、決してお安くはありませんが、珠には贅沢ってのも、いいですね。

《ひとりごと》 東名、走行中。

《ひとりごと》 東名、走行中。

サポーターズサンクスデーに向かってます。

渋谷・新宿ライナー静岡号でツインメッセの近くまで、直行。

なんとも便利になりました。

東名、大和トンネルを通過しましたが、流れてます。

《おみや》 福岡 西通りプリン

福岡 西通りプリン

京王デパートの全国駅弁大会でとらふぐにぎりを買った時にで購入。

左が、ポシェ
いわゆる、蒸しプリンです。

キャラメルソースの苦味が、大人な味わい。

右が、フロマージュ。
焼きチーズプリンの上に、クリームチーズがかかってます。

濃厚なクリームチーズの風味が、口の中に広がります。

ポシェ、250円。

フロマージュ、270円。

お値段が張りますが、それだけの価値ありです。

《S-PULSE 2009》 祝!青、入籍。

さて、シーズンインを間近に控えた20日、プレスリリースが1件。

青山直晃選手の入籍のお知らせ エスパルス公式

青山が入籍とのこと。

おめでとう!

入団初年からのお付き合いだったようで、まずは、お幸せになってもらいたいもんです。

そして、自分の家族を持つことになるわけですから、
気を引き締めて、より高いレベルのプレーができるよう、これまで以上に精進してください。

今シーズンは、和道が抜けたことでCBが不安視されているわけですから
それを見返すだけでなく、安定した守備でチームを引っ張ってもらいたいものです。

《All for 2010 - 2009》 アジアカップ2011予選イエメン戦

岡崎、代表初ゴール!

AFC Asian Cup 2011 QATAR
Qualifying stage/Group A/Leg 1
KKWING Stadium, KUMAMOTO, JAPAN
JAPAN 2 - 1 YEMEN
Goal: 07min. S. OKAZAKI, 47min. Z. FARID , 66min. T.TANAKA

試合があったことをすっかり忘れてました。

会社で残業してて、9時過ぎにアガる時に、
携帯にメールが飛んできて、ようやく思い出したありさま。

よって、夜のニュース番組を見ただけの感想。

若手主体で臨んだ日本。

7分に岡崎の代表初ゴールで先制。

岡崎、自分の子供の誕生を、自分で祝うとは。
しかも、代表初ゴールで、とは。

いやぁ、入団時とは、隔世の感だわ。

なんにしても、おめでとう。
二重の意味でね。

さて、先制した日本。

その後も攻め続け、格下のイエメンを自陣に釘付け。
ロングレンジから何度もゴールを狙うが、惜しくも決まらず、1 - 0で折り返し。

しかし、好事魔多しというか…

後半、立ち上がりに、この日イエメン唯一のシュートを決められ、おっつかれる。

セットプレーとはいえね、格下相手に失点したことは、反省でしょうな。

試合は、その後、65分、右CKをニアで岡崎がヘッドでファーに流し、
こぼれたボールを田中達が決めて、決勝点。

「主力組」がいない中で、ま、1点差だったとはいえ、きちんと勝利を得たのは評価したい。

ただ、もっと点が取れてもよかったのは、また、それも事実かな。

《IceBucks 08-09》 ハイ・ワン5-6回戦

■1月17日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
5回戦/栃木県日光市・日光霧降アイスアリーナ
日光アイスバックス 2 - 5 ハイ・ワン
Goal: 23'08 篠原55'53 ギルクリスト

■1月18日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
6回戦/栃木県日光市・日光霧降アイスアリーナ
日光アイスバックス 5 - 3 ハイ・ワン
Goal: 11'43 ギルクリスト21'22, 58'41 大日向39'55, 55'27 瀬高

今シーズン最後の日光シリーズ。

5回戦は見に行ってないので、ご多分にもれず、スコアシートを見る限りになるんだけど、
篠原のゴールで追いついた、わずか4分後に突き放され、連続失点したのが痛かった。

ハイ・ワンの#51、#15、#79、#27のセットをまったく止めれなかった。

で、6回戦。

ほんと、最後の最後、よく頑張った。

相手のシュートミスもだいぶあったとはいえ、キルプレーを無失点で切り抜けれたのが大きい。

ただでさえ、守備の枚数が薄いバックス。

これまでも、キルプレーでの失点で崩れるシーンがあったのだが、
この日は、三千雄を始め、皆が高い集中力を見せてくれた。
(相手のシュートミスもだいぶあったんだが…)

あれで、もう少し、相手との距離を詰めれると、被ロングショットを減らせられるんだが、
それをいうのは、贅沢なんだろうな。

一方で、攻撃はパワープレー5回で3得点と、効率よく加点。
パワープレーが優位とはいえないバックスとしては上出来も上出来。

特に3ピリは高い位置からのチェックを見せて、ハイ・ワンのDFを混乱させ、
4対4のシチュエーションから、相手のペナルティを誘って、
4対3の絶対的数的優位を作って、決勝点を奪って見せた。

中でも、決勝点を奪った、瀬高が全得点に絡む大活躍で、
東洋大の先輩・村井の霧降ラストマッチを、勝利で飾った。

試合終了後のインタビューでは、「お前が引退すんのか」ってくらい、涙ぐんでたほどだから、
この試合にかける想いってのは、人一倍強いものだったんだろうな。

まぁ、なんにせよ、いったいいつ以来なのか思い出せない5得点での勝利。

最後の最後ではあるけれど、やればできるってことを見せてくれた一戦であった。

《IceBucks 08-09》 ハイ・ワン6回戦 終了

《IceBucks 08-09》 High1 6回戦 終了

AL/日光霧降
アイスバックス 5 - 3 ハイ・ワン

村井の霧降最終戦。

みんな、よく、闘った。

よく、勝った。

そして、村井、長い間、ありがとう。

《ひとりごと》 ただいま、スペーシア乗車中。

《ひとりごと》 ただいま、スペーシア乗車中。

おはようございます。

東武特急スペーシアで、日光へ向かってます。

古河電工から、バックス一筋で頑張ってきた村井選手が引退との報。

今日の日光行きは、初めから予定していたことだが、
村井の霧降ラストマッチ、しかと、見届けてきます。

意地でも勝てよ!アイスバックス!

《IceBucks 08-09》 アニャンハルラ5-6回戦 & ハイ・ワン4回戦

■1月10日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
5回戦/韓国・安養市・安養アイスアリーナ
アニャンハルラ 4 - 1 日光アイスバックス
Goal: 34'00 ラフリニエール

■1月11日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
6回戦/韓国・安養市・安養アイスアリーナ
アニャンハルラ 6 - 3 日光アイスバックス
Goal: 22'34 尾野27'34 ラフリニエール54'59 塚田

■1月13日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
4回戦/韓国・高陽市・高陽アイスリンク
ハイ・ワン 5 - 2 日光アイスバックス
Goal: 34'20 岡本39'54 土田

今シーズン最後の韓国遠征だったわけだが、3連敗。

現在2位につけるハルラには完全に力負け。

5位とはいえ、バックスの倍の勝ち点を持つハイ・ワンにも負けました。

33試合で、60分勝ちがたったの3つ。

その3つを稼いだシャークス戦は全て終わり、
あとは今季1つも勝ってないハイ・ワンとのホーム2連戦と、
同じく5戦全敗のラビッツとのアウェイ最終戦を残すのみ。

正直、勝ち点を稼げる計算がまったく立ちません。

6位・シャークスに6ポイント突き放され、どうやら最下位が現実味を帯びてきた。

…あぁ、そうそう。

今回の韓国遠征、また募金だったようだが、いい加減、何とかならんか。

日程が発表された最初から判っていたことだろ。
年始に大金が必要だって。

急に親戚の子供がやってきて、お年玉をねだられたわけじゃないんだから、さ。

チームの成績よりも、経営のほうがよっぽど不安だよ。

《WASEDA RUGBY 08-09》 第45回全国大学ラグビー決勝

豊田組、苦しんだ末の「荒ぶる」。

第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会
決勝/東京都・国立霞ヶ丘競技場
早稲田 20 - 10(前半 10 - 3 帝京
早稲田大学、2年連続15回目の優勝

「ヤバイ」連発のインタビュー後半はともかく、
前半の「自分みたいのがキャプテンやってていいのかと…」ってのは、
決勝を終えての偽らざる心境だろうな。

シーズン、2敗。

筆者が在学中は明治の天下が続いていた頃だっただけに、
近年の「ワセダ一人勝ち」の状況というのは、うれしい事なのではあるけれど、
やってる選手、まして、キャプテンにとっては、2敗と言う数字は、苦しかったろうな。

ほんと、おめでとう。

苦しんだ末に守り抜いた大学王座。
その喜びは、格別のものかと思います。

まだ日本選手権はあるけれど、ひとまず、その喜びに浸ってください。

そして、日本選手権では、トップリーグ勢を一泡、二泡、吹かせちゃってください。

 

試合について。

簡単に言えば、早稲田の試合巧者ぶりが目立った一戦でした。

チーム力的には、まったく互角に近い両者でしたが、
シンビンで失点しなかった早稲田に対し、帝京は2回のシンビンが17失点につながりました。

対抗戦の試合(W 7 - 18 T)でも、また、昨年の選手権(W 12 - 5 T)でも対戦しましたが、
いずれもロースコアでの決着を見ていますので、
ペナルティで流れを失わず、限られたチャンスをどれだけ活かすかが鍵になるとふんでました。

PGで先制したものの、すぐさまPGを取り返し、流れを渡さなかった早稲田が
シンビンでの数的不利を耐え抜いた一方で、
帝京は、今季、チームを牽引したツイが直後にシンビンで一時退出すると、
この機に乗じて、早稲田が逆転。

後半、こう着状態がつづいたものの、またも帝京にシンビン。
直後のPG、そして、さらにトライ&ゴールで早稲田が確実に加点。

このあたり、第38回大会から8大会連続で決勝に進出している早稲田の強みが出たといえます。

結局、帝京に、ほとんど「らしさ」を出させない試合運びを見せ、
見事に、「11.1」のリベンジを果たしてくれました。

豊田組のみなさん、あらためて、おめでとうございました。

《S-PULSE 2008》 FW三題。(矢島、川崎へ。西澤、桜復帰。ようこそ!永井)

昨日は、さしずめ、第一弾といったところだったんでしょうかね。

今日は、FWに関するプレスリリースが3つありました。

まずは、契約満了となり去就が注目されていた西澤。

西澤明訓選手 セレッソ大阪へ完全移籍決定のお知らせ

セレッソ復帰が決まりました。

エスパではケガとの戦いばかりで、なかなか思うに任せないことが多かったと思いますが、
移籍してきた当時ルーキーだった一樹の成長は、アニキ西澤の存在が大きかったと思います。

2年間、ありがとう。

これからは、セレッソのJ1復帰に力を尽くしてください。

そして、またいつか、縁があればコーチでも結構です。
戻ってきてください。共に闘いましょう。

==============================================================

続いて、矢島。
昨年末からの噂どおり、川崎Fへ。

矢島卓郎選手 川崎フロンターレへ完全移籍決定のお知らせ

長谷川監督の現役時代と同じ背番号9を託されたヤジ。

ルーキーイヤーのガンバ戦のイメージが鮮烈で、サポーターからの期待は大きかったのですが。

その後は、なかなかコンスタントに活躍ができず、
昨年は岡崎、一樹の台頭もあり、今シーズンからヨンセンが加入。

ま、外にでようと思っても、というのは解らんでもないし、
まして、強化指定選手として過ごしたことのある川崎からのオファーがあったとあれば、
この結論も、しょうがないか。

多分、沙汰止みになったとはいえ、フェンロからのオファーがあったあたりで、
エスパから、心は離れ始めていたのかもしれんな。

ま、麻生で頑張れ。

==============================================================

で、こちらも、昨年末あたりから噂が出ていた話。

永井雄一郎選手(浦和レッズ) 完全移籍にて加入内定のお知らせ

熱烈歓迎。

ようこそ、清水へ。

矢島が抜けはしましたが、岡崎、一樹と伸びているFWがうちにはいます。

そして、ヨンセンが加入ということで、競争は何気に厳しいですが、
高いレベルでのスタメン争いを促してください。

オレンジのユニフォームに袖を通した姿を、日本平で、スタメンで見れる日を楽しみにしています。

 

それにしても、よく話をまとめたな。
うちのフロントも。

まぁ、フロント批判があったとはいえ、レッズの9番、しかも生え抜きのFWですから、
浦和さんが慰留するんじゃないかと思ってたんですけどね。

それはさておき… 

優勝経験、しかもアジアの。

これは、若い選手が多いウチにとっていい補強でしょう。

ドリブルが上手いというのも、攻めの選択肢が増える意味で大きいです。

あとは、どう組み合わせて、どう使うか。

監督の腕次第で、この補強の価値が決まるんでしょうね。

《S-PULSE 2009》 去る人、戻る人。(和道、ガンバへ。平岡、復帰。)

ま、覚悟していたことではあるんだが。

高木和道選手 ガンバ大阪へ完全移籍決定のお知らせ エスパルス公式

いざ、発表されるとね、それはそれで、寂しいもんで。
移籍はサッカー界の常とはいえね。

ただ、エスパルス戦以外で頑張れなんて都合のいいことは言わない。

エスパルス戦に出てきたら、こちらは、精一杯、ダイラでブーイングさせてもらうよ。

いろんな考えがあって判断したことだろうけど、
現役キャプテンが移籍するってのはそれくらいのインパクトがあるってことなんだから。

 

ただ、とりあえず、これだけは言っておきます。

今まで、ありがとう。

幸運を祈る。

==================================================

一方、レンタル先からは、とりあえずレンタル期間満了とされていた平岡が復帰とのこと。

平岡康裕選手(コンサドーレ札幌) 清水エスパルス復帰のお知らせ エスパルス公式

ま、和道が抜けたところで、CBですぐにポジションを取れるかは保証の限りではないが、
札幌で得た経験を活かしてもらいたい。

まずは、レギュラー奪取。

そこから始めよう。

そして、いつか、代表に選ばれるような選手になってくれ。

頑張れ!平岡!

==================================================

さ、あとは、FWの出入りになるのかな?

《ひとりごと》 愚かとしか言いようがない。

東芝ラグビー部のイオンギ選手、窃盗容疑で逮捕 asahi.com

ニュースを見て、まず愕然としたのだが、
悲しかったのは、平成17年の5月に暴行容疑で逮捕されていたってこと。

当ブログでも、このエントリーで触れていた事件である。

エントリー中の日刊さんの記事はリンク切れしてしまっていたので、簡単にまとめると、
当時は、まだ、大学生ながら日本代表に選ばれるような選手で、
代表の試合の当日の夜に、酒を飲んだ挙句、女子レスラーを六本木の路上で殴って逮捕だった。

それから3年半。

大学を出て、東芝ブレイブルーパスに入団したものの、今季は、ほとんど出番なし。

で、今回はチームがMS杯進出をかけて福岡に移動していた中で、
お留守番もできずに、窃盗事件ですか。

もう、愚かという言葉しか出てこない。

新年早々、嫌な気分にさせられた。ホントに。

《S-PULSE 2009》 プレスリリース二題(和田、千葉へ。岡ちゃん、パパに。)

2009年、ご多分にもれず筆者の勤務先も仕事始めでした。

早速8時半過ぎまで残業でしたが…。

株式会社エスパルスも今日から始動ということで、プレスリリースが二題。

和田拓三選手(東京ヴェルディ) ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍決定のお知らせ

横浜FC、ヴェルディと貴重なSBとして重宝された和田ですが、
不幸なことに、レンタル先が揃いも揃って、降格の憂き目に遭ってしまう不運。

太田を完全移籍で獲得したとはいえ、山西が移籍リストに載っている現状では、
3シーズンぶりの復帰を期待したんですがね。

まぁ、仕方ないですね。
判断するのは、和田自身なわけですから。

千葉で、頑張ってください。

===============

岡崎慎司選手に第1子誕生のお知らせ

おめでとう。

いやぁ、岡ちゃんがパパなんて、ねぇ。
(何が言いたいんだかね。筆者は。)

これで、背負うものがまた一つ増えたわけで、責任感は否が応にも増すってもんで。

2009年シーズン、さらなる飛躍を見せて欲しいもんです。

あぁ、男の子だそうで。

お名前が、刀也(とうや)くんだそうですが、なんとも、岡ちゃんらしいというか…。

元気に育ってもらいたいと思います。

《IceBucks 08-09》 SEIBUプリンスラビッツ5回戦

■ASIA LEAGUE Ice Hockey 2008-2009
5回戦/栃木県日光市・栃木県立日光霧降アイスアリーナ
日光アイスバックス 2 - 4 SEIBUプリンスラビッツ
Goal: 06'02 加藤15:52 波多野

2メン・アドバンテージがあったとはいえ、ルーキー加藤のゴールで先制。

さらに、15分過ぎには波多野が追加点を挙げ、2 - 0とリードして1ピリ終わっただけに、
勝ちたかった試合でしたな。

ただ、その、兎さんとやると、なんか知らんが、リンク上が荒れ模様になってね。
特に、バックスがリードしてようもんなら。

ダブルマイナーだの、ミスコンだのの重複入れずに、
2ピリだけで両軍合わせて、延べ11人がブタ箱に入る乱戦となった。

そんな中、27分過ぎ、32分過ぎに、相次いで2人がマイナーでショートハンド。
そこで、2 - 2の同点とされると、悪い流れを止められず。

34分過ぎ、尾野がこの日、3回目のペナを受けている間に逆転を許してしまった。
(ちなみに、この日は、ギルクリストもペナ3つ。il||li _| ̄|○ il||li)

3ピリ、17本のシュートを放つが決まらず、逆に46分過ぎに、またもキルプレーで失点。

結局、2 - 4で敗戦となったわけだが、両軍のあまりのペナルティの多さが
敗戦以上に、後味の悪さを残す結果となった。

《おみや》 横浜・元町 喜久家のケーキ

横浜 元町 喜久家の洋菓子

今回は元町に行く時間がなかったんで、
ジョイナスの地下の売場で買ってきました。

喜久家さんといえば、ラムボールとか、ハニーケーキとかも有名ですが、
個人的には、黄色いケーキなんです。

レモンケーキです。

もう一つは、チョコケーキ、「クラシックショコラ」。
老舗の洋菓子屋さんらしい実にオーソドックスな味わいです。

本店は、元町にあります。

横浜に行かれた際は、どうぞ。

《おみや》 横浜土産 崎陽軒 特製シウマイ

横浜土産 崎陽軒 特製シウマイ

本編で書いた通り、横浜に行ってきました。

お正月ですので、少し奮発して、崎陽軒の特製シウマイ。

買っちゃいました。

やはり、特製というだけありますな。

そのままで食べても、美味しいです。

《SOCCER 08-09》 高校選手権3回戦 大津 対 藤枝東

《SOCCER 2009》 高校選手権3回戦 大津 - 藤枝東

第87回全国高校サッカー選手権
3回戦/ニッパツ三ツ沢球技場
大津 3 - 2 藤枝東
GOAL:
1st/12min. 大・黒木
1st/25min. 大・西田
2nd/10min. 藤・海野
2nd/20min. 大・藤崎
2nd/34min. 藤・岡崎

静岡勢の前に立ちはだかる青地金文字のプーマユニの九州勢。

前半は完全にデジャブ。
まぁ、ただの偶然の一致なんだけど。

前半、いいところなく2失点した藤枝東。

後半、海野君が角度のないところから決めたゴールで1点を返すが、
大津の藤崎君の右からのドリブル突破を許すと、そのまま失点。

終盤、村松君のゴールで2点目を返し、なおも反撃するが及ばず、敗戦。

昨年のリベンジを果たせず、三ツ沢で涙を飲んだ。

《おみや》 仙台土産 タンシチュー

仙台土産 タンシチュー

仙台土産といえば、タン焼きなわけだが
こないだの仙台遠征の時に入った駅ビル、S-PALの地下にある
コントワール青葉亭のタンシチューが美味しかったので、
土産に買っちゃいました。

タン焼きをブルーチーズ、バジル、海草のソースで食べたりと、
洋食の要素を取り入れたお店だけに、
デミグラスソース自体がコクがあって美味。

加えて、タンが実にやわらかい。

美味しゅうございました。

《WASEDA RUGBY 08-09》 全国大学ラグビー準決勝 東海大戦 終了

《WASEDA RUGBY 2009》 全国大学ラグビー準決勝 東海大戦 終了

全国大学ラグビー選手権/準決勝
国立競技場
早稲田 36 - 12(1st 19 - 0) 東海

明けましておめでとうございます。

天皇杯決勝のチケットはあったのですが
エスパがでないので、観戦取り止め。

新年の観戦初めは、大学ラグビー準決勝となりました。

晴れてはいるんですが、風が強い国立。

幸先よく先制した早稲田ですが、その後、つまらないミスが多く、追加点が入らず。

それでも、前半30分過ぎから2トライを奪って、19 - 0で折り返し。

後半も似たような展開で、早稲田が先手を取ったものの、
その後が続かず、30分過ぎに、この日、5トライ目でだめ押し。

まぁ、勝つには勝ちましたが、ハンドリングミスが目立ったのと、
後半、ギャップを突かれ、長い距離走られたのが、いただけませんでした。

相手がラインアウトをほとんど取れなかったのを差し引いて考える必要はありそうです。

《おみや》 秋田銘酒 まんさくの花 大吟醸

秋田銘酒 まんさくの花 大吟醸

じょっぱりは、あけてしまったので、
夏場に秋田県のアンテナショップで買ったコチラを。

さすが、全国新酒鑑評会で2年連続金賞受賞しただけあります。

口に含むと香りが広がります。

美味。

《橙とサイコロな日々》 謹賀新年

謹賀新年

お屠蘇代りは、青森の酒、吟醸酒じょっぱり

日本酒度、プラス5.0。

辛口です。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ