« 《ひとりごと》 ちょっとは、鯉を見習え。 | トップページ | 《S-PULSE 2009》 J1第1節 大宮戦 開始直前 »

《IceBucks 08-09》 伊勢監督、退任。

【リリース】伊勢監督退任のご報告 日光アイスバックス公式

日光アイスバックスの伊勢泰監督が退任とのリリースが発表された。

今シーズンの成績だけを考えれば、7勝29敗、勝率2割を切る結果では、
成績不振の責任を取ってということになるだろうが、
選手から監督になっての最初の06-07シーズンは、印象深い。

前経営会社のラストシーズンとなった06-07シーズン、
遠征費に事欠くような状況の中、プレーオフに進出したバックスは、
1stステージで王子製紙と対戦。

敵地苫小牧での試合を2勝1敗と勝ち越し、リーチをかけたバックスは、
full houseとなったホーム霧降で、第4戦を迎える。

負けられない王子が第1ピリオド、シュート数3-13と一方的に攻めに出るが、
ここを凌ぎきると、第2ピリオドからは、ほぼイーブンに押し返し、
スコアレスのまま、第3ピリオドへ。

50分32秒、均衡を破ったのはバックス。
小野、土田のダブルアシストから、先制ゴールを奪ったのは地元日光出身の三田。

58分33秒に王子が6人攻撃に出るが、
その20秒後に王子の網をかいくぐった高橋一馬のアシストから
篠原亨太がエンプティ・ネットを決め、2-0。

59分20秒に再度、ゴーリーを上げた王子に対し、
59分50秒過ぎ、木村ケビンが抜け出して、
最後は高橋一馬がダメ押しのエンプティ・ネット。

3 - 0のシャットアウトで、王子をアップセット。
バックスの歴史に大きく刻まれる「2007.2.24 キリフリの歓喜」。

これは、ギリギリの状況下でチームをまとめきった伊勢監督の業績に他ならない。

最終年となった08-09シーズンは、ケガ人が序盤で相次いだことと、
韓国勢の躍進もあって、勝ち星が思うように伸ばせず、
プレーオフ進出もなく、最下位に沈んでしまった。

しかし、ベンチに入っているコーチングスタッフは監督一人というありえない状況下で、
できうる限りの戦いをしてくれたと思うし、感謝したい。

バックス公式によれば、いろんな事情もあって、
お別れの場がないままの寂しい退任劇となってしまったことが残念でならない。

次期監督は未定とのことだが、どうか、コーチを採用するなどして、
監督がよりよい判断をできるよう、万全の体制を組んでもらいたい。

最後に、改めて。

伊勢泰監督、3年間ありがとうございました。

« 《ひとりごと》 ちょっとは、鯉を見習え。 | トップページ | 《S-PULSE 2009》 J1第1節 大宮戦 開始直前 »

2009年」カテゴリの記事

アイスバックス」カテゴリの記事

アイスホッケー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/44246832

この記事へのトラックバック一覧です: 《IceBucks 08-09》 伊勢監督、退任。:

« 《ひとりごと》 ちょっとは、鯉を見習え。 | トップページ | 《S-PULSE 2009》 J1第1節 大宮戦 開始直前 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ