« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

《S-PULSE 2009》 J1第33節 横浜FM戦 終了

《S-PULSE 2009》 J1第33節 横浜FM戦 終了

J1-33
日産ス
横浜FM 2 - 0 清水
Goal:
75min. 小椋
89min. 栗原

お祓いでも、してもらいますかね。

向こうは、たった2発のスーパーゴールが決まって
こっちは、いくら打っても、ネットを揺らせない。

もう、呪われてるとしか思えない。

なんだか、やりきれないよ。

《S-PULSE 2009》 JAL感謝祭開催 2009.11.29 @日産ス

札幌、福岡、大分、広島… 

アウェイゲームだけでなく、鹿児島キャンプや、個人的な旅行まで、
基本的に、JAL利用最優先、その次がJR利用、それでもだめならSKYと…

我が家の、というか管理人が旅行する時は、
本当に僅かではあるけれど、恩返しになっているかすら疑わしいけれど
清水エスパルスのオフィシャル・クラブ・スポンサーである日本航空様を
利用させて貰ってきましたし、これからも利用したいと思っています。

で、もう、明日になりますが、日産スタジアムで開催される横浜FM戦で、
「JAL感謝祭」と称するイベントが、サポ有志によって行われます。

以下、その告知。

来たる11月29日、日産スタジアムで行なわれる「Jリーグ第33節 横浜Fマリノス戦」にて、サポーター有志の企画による「JAL感謝祭」を開催することとなりました。

エスパルス発足から現在まで、ずっとエスパルスのオフィシャルスポンサーとしてお世話してくださってる日本航空様への感謝の気持ちをサポーターがスタンドで表現しようというものです。

日本航空様は現在皆さんが知っての通り厳しい経営状況に立たされています。

エスパルスが存続危機に直面した際にも、日本航空様には絶大な支援を受けました。

エスパルスが存続出来たのも日本航空様をはじめとするスポンサードがあったからこそです。

私達サポーターは日頃よりお世話になっているスポンサー様へ何か恩返しが出来ないかということを考え、今回の「JAL感謝祭」を開催する運びとなりました。

具体的には、日本航空様から寄贈された歴代のビッグフラッグ「JAL旗」4枚を、選手入場前に広げようという企画です。

ビッグフラッグを広げることは、日産スタジアムビジター席で観戦される皆様の協力が不可欠です。

当日は有志スタッフの指示に従ってもらうこととなり、いろいろとご不便をお掛けするとは思いますが、何卒ご協力の程、宜しくお願いします。

それから、JAL旗を広げるだけではなく、JALのロゴが入った以前のユニフォームやTシャツなどを着て、このプロジェクトに参加していただけたら嬉しく思います。

JALのロゴを付けてみんなで旗を広げられれば、日本航空様への大きな感謝のアピールになると思います。
もちろん試合中は普段着ているユニフォームやTシャツなどに着替えて応援しても構いません。

このプロジェクトは、インターネットの告知だけでは広めるのは限度があります。

このプロジェクトにご賛同していただける方は、この告知文の内容を参戦される方にお連れさんやお友達などに伝えていただければと思います。

それから、皆様が運営されているホームページやSNSのコミュニテイやブログなどで告知していただけたら非常にありがたいです。

出来るだけ多くのエスパルスサポーターに理解していただければと、スタッフ一同心より願っております。

エスパルスもリーグ戦4連敗で、首位から6位に落ちて、優勝とACL出場という目標を絶たれ、7位以上の賞金圏内さえも危うい状況に立たされています。

どんなに苦しくても、日本航空様と一緒に這い上がれれば、本当に素晴らしいことです。

歴代のJAL旗を広げて選手を奮立たせて、必ず勝利を掴み取りましょう!!

JAL感謝祭スタッフ一同より

ということで、私も、初代ユニやらいろいろ持ってますが、
現在のロゴになっている2005年版を着用して、
明日、新横浜に参陣することにします。

《S-PULSE 2009》 J1第32節 ガンバ大阪戦

暗闇の出口が、見えない。
4位以下、確定。

2009 J LEAGUE Division 1
第32節/静岡市・アウトソーシングスタジアム日本平
清水エスパルス 0 - 2 ガンバ大阪
Goal: 14min. ルーカス70min. チョ ジェジン

残念ながら、先制点を許した時点で、勝てる要素は限りなく小さくなりました。

完全に対戦相手に対応策を採られているにもかかわらず、
そういう駒が足らないからなのか、はたまた練習してないからなのか、
同じような攻撃を繰り返す。

正直、どうやって点を取るのかが形となって見えず、とても悲しかったですね。

おまけに、なんか、みんなが全然つながってないような…
有り体に言えば、バラバラというか…。

全てが、後手後手、ワンタイミング遅れるで…。

もう、為す術なしといったところですかね…。

チーム状態が完全に底にあるのは明々白々で、
かといって、そんな準備なんかしてないから、
効果的な対策も打てないまま、次の試合がやってくる。

立て直すきっかけすら掴めないってとこで、
こうなってしまうのも、まぁ、しゃあないんでしょうか…。

無論、立て直すことができなかった監督の手腕には疑問を感じますし、
来季も続投となるようで、とても心配なんですが…

最終的な合意に至ってないのなら、フロントには考え直して欲しいと思ってます。

結果、杞憂となればいいんでしょうけど…。

不安で、不安で…。

…なんか、こっちまで、まとまんなくなってしまいましたが…

とにかく…

満員のホームゲームで、あんな試合されちゃぁ、困ります。

最終節、4連敗中とはいえ、前売り券は売れているようです。
なんとか笑顔で、シーズン終了のセレモニーを迎えたいです。

選手の皆さん、どうか、清水の意地とやらを見せてくださいませ。

《vfk 2009》 J2第49節 湘南ベルマーレ戦

まだ、終わった訳じゃない。
ロスタイムの悲劇。

2009 J LEAGUE Division 2
第49節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 2 - 3 湘南ベルマーレ
Goal: 06min. 中村10min. 臼井25min. 金信泳62min. マラニョン(PK)89min. 坂本

試合見てないんですけど…。

なんとも、最初と最後が締まらない試合になってしまったようで…。

試合への入りに完全に失敗しながらも、なんとか同点まで持ち込んだだけに、
勝ち点3は難しくとも、引き分けにはしたかったんですが…。

ま、確かに天王山に敗れ、情勢はかなり厳しいものになったのは事実ですが、
まだ、終わった訳じゃないんでね。

とにかく、残り2試合を連勝して、天命を待ちましょう。

《ひとりごと》 足柄、出発

《ひとりごと》 足柄、出発

最終の駿府ライナーで帰京中。

足柄サービスエリアには、湘南サポの団体さんがいました。

甲府の結果もあわせ、ここからは、不貞寝します。

《S-PULSE 2009》 J1第32節 ガ大阪戦 終了

《S-PULSE 2009》 J1第32節 ガ大阪戦 終了

J1-32
アウスタ/20,011人
清水 0 - 2 ガ大阪
Goal:
14min. ルーカス
70min. チョ ジェジン

負けるべくして、負けた。

リーグ戦でのACLはなくなりました。

早川社長、健太の留任、白紙に戻したらどうすっか?

4連敗。
手詰まりはあきらかですが。

《ひとりごと》 富士市、通過中

《ひとりごと》 富士市、通過中

快晴。

富士山も、すっかり雪化粧。

さぁ、アウスタへ。

勝つぞ!

《IceBucks 09-10》 新横浜集結シリーズ(イーグルス・クレインズ3回戦)

悪いバックス、いいバックス。

ASIA LEAGUE ICE HOCKEY 2009-2010
11月14日/神奈川県横浜市・新横浜スケートセンター
日光アイスバックス 0 - 4 王子イーグルス
Goal:

11月15日/神奈川県横浜市・新横浜スケートセンター
日光アイスバックス 4 - 2 日本製紙クレインズ
Goal: 26'34 スミス33'22 鈴木34'01 大日向35'12 山口

冒頭の見出しは、Bucks Mailの中からの引用なんだけど、
ホント、両極端だなぁ…と思いますね。

絶好調の王子にはシャットアウト負け。

Official game sheetを見る限り、全ピリオドで2桁のシュートを浴びており、
完全に押されまくったのが数字からも判ります。

で、おそらく、村井HCの檄が効いたのか、
日曜日のクレインズ戦では、先制を許すものの、第2ピリオド一気に4得点し逆転勝ち。

試合を分けたのは、41分過ぎのバックス・-2の超キルプレーの攻防。
ここで、クレインズの反撃を0に抑えたのが、バックスの勝利につながったんだと思います。

 

…さて。

首都圏での試合が、この新横浜と、年明けの東伏見というスケジュールを改めて見て、
SEIBUの廃部というのは、アイスホッケー界にとって、本当に痛いことと痛感しますね。

ただでさえ、マイナーといった感が滲む日本のアイスホッケー。

それでも、チームがあって定期的に試合があればこそ、
首都圏という比較的パイのあるところで、ファン獲得の芽もあるわけで、
それが、「待ちに待った」になってしまうのは、決してプラスには働かないと思います。

ま、試合がまったくないよりはいいんですが。

どーにも、悲しい話で。

《S-PULSE 2009》 第89回天皇杯 4回戦 ヴァンフォーレ甲府戦

「反転」へのリスタート。
長沢駿、アニキに捧げるプロ初ゴール。

第89回天皇杯 全日本サッカー選手権大会
4回戦/鳥取市・とりぎんバードスタジアム
清水エスパルス 3 - 0 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 33min. 49min. own goal55min. 長沢

行ってきました。鳥取に。

正確に言えば、有休取って前日入りして。

砂丘見て、温泉入って、松葉ガニ食って、試合を見て、温泉入って、カニ食って…

試合見に行くのがメインなのかすら怪しくなってきましたが、
この時期の鳥取は、訪れるに値する場所でしたよ。

ま、それはともかく。

満身創痍な上に、岡崎を代表に取られた清水に対し、
甲府も、翌週の湘南戦を考慮し、主力を何人か欠く構成で、
ま、そうなると、この結果は宜なるかなと。

じゃあ、今度のガンバ戦に大きな期待が持てるかというと、それは微妙なんだけど
何にしても、勝てたこと、しかも、無失点で終えたことはよかったかなと。

前週の大敗を受け、やはり高い位置でのプレスの再確認したこともあり、
変に間延びしすぎず、かといって、中盤が最終ラインに吸収されることも少なく
日立台での惨劇からは、だいぶ守備が修正されたかなと。

むろん、マラニョンや金信泳がいたらどうだったかは不明ですけど、
それを差し引いても、比較的安心してみてられました。

ただね、先制点が取れずに、ここ数試合苦しんでいたので、先制点が欲しくて。

そうはいっても、前夜の雨のために水が所々で浮いているピッチでは
セットプレーに期待するしかないかなぁと思ってたら、
先制点は、左CKから、一樹がニアに飛び込んで挙げてくれました。

これで、だいぶ楽にはなったと思いますが、1点差では何あるかわかんないんで
own goalとはいえ、後半開始早々に追加点を挙げれたのは大きかったです。

結果はown goalでしたけど、あの位置に落としたればこそで、
半分くらいは、CKを蹴った淳吾のゴールといってもよいかなぁ
…って、甘いかな?

で、直後に、プロ初先発した長沢駿の初ゴール。

ゴール自体は市川の好クロスあったればこそのもので、
全体的なプレーはまだまだでしたけど、何にしても、よかったと思います。

志願して身につけた背番号20。

先代は、先日、セレッソの昇格を見届けて引退を表明したアニキ・西澤。
一樹もそうだったけど、長沢もすごくお世話になったんだよね。

一週遅れになってしまったけど、成長したところを見せれたかなと。

今年で3年目ですから、そろそろ結果も欲しかったでしょうし。

PK成功→やりなおし→失敗なんてシーンもあったり、
途中出場した甲府の選手に思い切りのいいシュートを打たれたりするところもありましたが
3-0で試合をしっかり終えれたのは、何よりかと思います。

天皇杯は、次は、アウスタで、準々決勝・アルビレックス新潟戦。
ホームスタジアムの力で、エコパ、国立、そして賜杯への路をつなげよう。

…と、その前に、ガンバ戦。

久々のコレオやるみたいなので、早めにスタジアム着かないとまずそうだな。

《vfk 2009》 第89回天皇杯 4回戦 清水エスパルス戦

まなざしは、次の決戦へ。
天皇杯、終戦。

第89回天皇杯 全日本サッカー選手権大会
4回戦/鳥取市・とりぎんバードスタジアム
清水エスパルス 3 - 0 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 33min. 49min. own goal55min. 長沢

↑エスパルスサイドから見たのは、上の記事で見て貰うとして、
0-3での敗戦だから、まるっきり見るべきところがなかったかというと
そんなことは決してなくて。

片桐は、よく動いていたと思うし、なんとか攻撃を作ろうとしていたし、
藤田は、あいかわらず巧いなぁというプレーを見せてたし、
途中出場した畑田も、公式戦初出場とは思えないほど、積極的なプレーを見せました。

ま、京都を破って4回戦まで進出した天皇杯でしたが、
鳥取の地で、今年の戦いは終了となりました。

ただ、大事な戦いは、今週末の湘南戦。

持てる全ての力を投じて、なんとしても、J1昇格への切符をつかみ取って欲しいものです。

まなざしは、次の決戦へ。

頑張れ、ヴァンフォーレ。

《旅のおもいで》 鳥取からの帰り道、姫路城

《ひとりごと》 鳥取からの帰り道

姫路城にやってきました。

白鷺城の名にふさわしい、実に美しいお城です。

《ひとりごと》 豪華!2局同時中継

《ひとりごと》 豪華!2局同時中継

今朝の日本海新聞テレビ欄より。

島根と合わせて民放が3局しかない鳥取で、豪華!2局同時中継。

JFL、ガイナーレ鳥取vs.Honda FC。

左、日本海テレビ。
解説は、桃山学院大学サッカー部監督、松本直也氏。

右、山陰放送。
解説は、…相馬直樹。…!

豪華やなー。

《S-PULSE 2009》 天皇杯4回戦 甲府戦 終了

《S-PULSE 2009》 天皇杯4回戦 甲府戦 終了

EC-4th R.
とりスタ/3,288人
清水 3 - 0 甲府
Goal:
33min. 原
49min. OWN GOAL
55min. 長沢

長沢駿、プロ初ゴール。

これで、少し、自信を取り戻してくれればよいが。

《旅のおもいで》 鳥取砂丘 その2

《ひとりごと》 鳥取砂丘 その2

いやぁ、すごい。

ここで、坂ダッシュとかいったら、うちの選手、悲鳴あげるだろうな。

《旅のおもいで》 鳥取到着。

《ひとりごと》 鳥取到着。

中田島の比じゃないな。

鳥取砂丘は。

《S-PULSE 2009》 J1第31節 柏レイソル戦

追試は、落第。
語るに値しない。

2009 J LEAGUE Division 1
第31節/千葉県柏市・日立柏サッカー場
柏レイソル 5 - 0 清水エスパルス
Goal: 25min. 大谷36min. 大津62min., 82min. フランサ89min. 北嶋

<少し冷静になって、表現に難があったので書き直し。>

語るに値しない試合内容でした。

弱いなぁと。

気持ちだけでなく、戦術も、柔軟性も、采配も、なにもかも、劣っているなぁと。

そして、あらゆるところでベースとなるものが崩れてしまっているなぁと。

それだから、こんな惨劇も当然の理だったんだと。

今が底であることを願いたいです。

ダメージの大きい惨敗ですが、戦いは続くわけで、
しっかり反省したら、気持ちは強く持って、前を向いて欲しいです。

チャレンジャーの気持ちで、残り3試合、戦ってほしいものです。

もちろん、気持ちどうこうで勝てるほど生やさしいものではなく、
あらゆる面での立て直しが必要で、
しかも、一筋縄ではいかないかもしれないのも事実です。

ただ、変わらなければ、明日は、我々が残留を争っているかもしれません。

幸いにして、今シーズンの残留は、十の昔に決めているので、
ACLとか、賞金とか余計なことは考えず、
自分たちはどうやって闘うのか、そのために何が必要なのか模索してください。

目の前の一戦の勝利に固執するのではなく、
勝利へのプロセスを、しっかりと描けるような戦いをしてください。

リーグ戦残り3試合、スタジアムで応援しますので、
何も感じられないような試合は、もう、しないでください。

お願いします。

《vfk 2009》 J2第48節 アビスパ福岡戦

さぁ、正念場。
逆転負けで4位後退

2009 J LEAGUE Division 2
第48節/福岡市・レベルファイブスタジアム
アビスパ福岡 2 - 1 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 17min. マラニョン30min. 高橋66min. 大久保

ダニエル、石原の出場停止が響きましたかね。

マラニョンのゴールで先制はしたものの、
その後は何とか今季甲府戦初勝利を狙う福岡の攻勢の前に逆転負け。

痛すぎますな。

安間監督のHTのコメントにもあったけど、
内容的に、決してほめられる内容ではなかった前半の出来を
結局、最後まで持ち直せないまま終わった感じかな。

これで、ヴェルディと引き分けた湘南に勝ち点で並ばれ、
得失点差で、4位に後退となったが、次が、その湘南との直接対決。

この試合に勝てるかどうかで、来季、J1に復帰できるかが決まる。

決戦は、11/21 17:00キックオフ。
会場は、ホーム・小瀬スポーツ公園陸上競技場。

甲府を愛する全ての人々の思いで、青赤の選手に力を。

本当に、正念場。

《ひとりごと》 それでも、行きますよ…

鳥取に。

懲りずにね。

だらしない試合で、0 - 5 で敗れた直後の天皇杯であっても。

なかなか行くこともない土地ですしね。

事実上、「現実的に狙える」タイトルは、天皇杯だけになったわけですから。

今夜の敗戦で。

今の願いは、賜杯獲得。

いっときであれJ1リーグの首位に立ったチームの矜持をみせてほしいものです。

《S-PULSE 2009》 J1第31節 柏戦 終了

《S-PULSE 2009》 J1第31節 柏戦 終了

J1-31
日立柏/10,007人
柏 5 - 0 清水
Goal:
25min. 大谷
36min. 大津
62min. フランサ
82min. フランサ
89min. 北嶋

今シーズンのワースト。

立ち上がりからあんだけ、腰の引けたサッカーやってりゃ、この結果は、当然。

残留決まっててよかったよ。
当分勝てる気しねぇよ、こんなもん。

わざわざ、柏まで「その瞬間」とやらを撮りに来たマスコミのみなさん、
ごめんなさい。

たぶん、現時点で一番弱いのは、うちですわ。

代わりに、しっかりこき下ろしてくださいませ。

《S-PULSE 2009》 第89回天皇杯 3回戦 コンサドーレ札幌戦

背番号9、戦線復帰。
永井、挨拶代わりの2ゴール

第89回天皇杯 全日本サッカー選手権大会
3回戦/静岡市・アウトソーシングスタジアム日本平
清水エスパルス 2 - 0 コンサドーレ札幌
Goal: 00min., 20min. 永井

試合からだいぶ経ってしまったので、手短に。

試合内容は、満足できるものではなかったようだけど、
一週間やそこらで調子が取り戻せるものでもないのは事実。

とにかくは、結果が必要ということで、
戦いの舞台が違うとは言え、2得点して勝利できたこと自体は
一安心と見るべきではないかと。

何より、ケガなどもあり、移籍後なかなか思うような働きができてなかった
永井が、先発の機会を活かして2得点を挙げたのは大きいだろう。

このところヨンセン、岡崎がお疲れ気味のところもあったので
永井に目途が立てば、一樹も含め、前線に選択肢の幅が増える。

残り4試合しかないリーグ戦、
首位・川崎との勝ち点差5は、なかなか厳しい数字ではある。

それでも勝っていくしかないわけで、
次の1点が欲しいときのカードがあるに越したことはない。

 

天皇杯は、4回戦に進む。

次は、↓でも書いたとおり、鳥取でのヴァンフォーレ甲府戦。

タイトルを取るべくスタートした2009年シーズン。
狙えるタイトルは、リーグ戦と天皇杯。

元旦、表彰台のど真ん中で、兵働がカップを掲げているところも見てみたい。

頑張れ、エスパルス。

応援しに、鳥取まで行きます!

《vfk 2009》 第89回天皇杯 3回戦 京都サンガF.C.戦

勘弁してよ、テンノーハイマン
番狂わせなんかじゃ、ない。

第89回天皇杯 全日本サッカー選手権大会
3回戦/京都市・西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 1 延長 2 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 21min. 豊田35min. 金信泳107min. 片桐

今朝のエルゴラによれば、
テンノーハイマン(【C】とうこくりえ先生)の魔法によるところもあったようだが、
試合内容通りの勝利だったようで。

今の甲府は、終盤に攻撃の選手を投入できる積極的な采配が可能になっている。

金信泳、マラニョンを下げても、森田、松橋を投入できるし、
延長に入れば、石原に代わって片桐を投入できる。

そして、彼らが結果を残す。

これも全て昇格争いのまっただ中にいるというモチベーションの高さの好影響。

次は、鳥取。

対戦相手は、清水か…。

清水が最優先だが、甲府も好意的に見ている筆者にとって、
とても悩ましい展開になってしまい、なんとも複雑な気分。

勘弁してくれよ。>テンノーハイマン

《IceBucks 09-10》 日本製紙クレインズ1-2回戦

悔しさのその先を…。

ASIA LEAGUE ICE HOCKEY 2009-2010
10月31日/北海道釧路市・釧路アイスアリーナ
日本製紙クレインズ 4 - 1 日光アイスバックス
Goal: 14'29 土田

11月1日/北海道釧路市・釧路アイスアリーナ
日本製紙クレインズ 4 - 3 日光アイスバックス(GWS)
Goal: 06'33 大久保15'42 内山43'36 篠原

第2戦、本当に悔しいという言葉がふさわしい逆転負け。

篠原のゴールで勝ち越しながら、
直後のキルプレーで失点し、最後はGWS戦での敗戦。

ホントに悔しい。

確実にチーム力は上がっているとは思う。

首位・クレインズを敵地でGWS戦にまで追い込んだのはその証左。

しかし一方で、どんなに惜しくとも負けは負けでもある。

これを勝ちきれるようになったときが、
バックスが次の段階に入っていった証になるのだろう。

勝ち点20での5位。

同じく15試合を消化した4位ハイワンとの差は5。

決して追いつけない数字ではないが、これ以上の後退も許されない。

プレーオフ進出を掴むためにも、もう一皮むけたバックスが見てみたい。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ