2009年

《S-PULSE 2009》 第89回天皇杯 準決勝 名古屋グランパス戦

決めるべき時に…
5年目も無冠で終了。

第89回天皇杯 全日本サッカー選手権大会
準決勝/静岡県袋井市・エコパスタジアム
名古屋グランパス 1(5 PK 3)1 清水エスパルス
Goal: 16min. 岡崎56min. 玉田(PK)

PK戦までもつれ込んではいけない試合でした。

1人目のプレッシャーがあったのか外してしまった市川、
最後は運にも見放されたような結末となった海人、
PK戦の性とはいえ、あまり、引きずらないでほしいです。

先制はしたものの、次の1点がとれず、試合を落とす。
2009シーズンを象徴するような結果でした。

個人がどうのはこの際やめときます。

決勝でのガンバの強さを見てしまうと、勝ち上がったとして優勝できたかは怪しいんですが、
この日に関しては、少なくとも一時期のどん底は脱したかと思わせる戦いぶりでした。

2010シーズンは戦力の大きな変動はないので、
健太の苦手な「チーム作り」も少しはマシなものになるかと思います。

とにかくベースとなる戦い方、あるいは他に負けないストロングポイントがないと
こういう試合は取れないのかなと思いますので、
鹿児島キャンプで、しっかりチームを作ってくださいませ。

《SOCCER 09-10》 高校選手権1回戦 北越-国見 終了

《SOCCER 09-10》 高校選手権1回戦 北越-国見 終了

第88回高校選手権/1回戦
駒沢・第2試合
北越 0 - 5 国見

決まらなかったとはいえ、
開始早々にサイドからのクロスをフリーでヘッドさせる
北越の守備力の問題があるとはいえ、国見が難なく勝利。

次は、西が丘で藤枝明誠-国見。
藤枝明誠、いきなり山場だな。

《SOCCER 09-10》 高校選手権1回戦 藤枝明誠-徳島商業 終了

《SOCCER 09-10》 高校選手権2回戦 藤枝明誠-徳島商業 終了

第88回高校選手権/1回戦
駒沢・第1試合
藤枝明誠 1(3 PK 2)1 徳島商業

藤枝明誠、PK戦の末、初戦突破。

両チームGKが2本ずつストップ。
お見事でした。

《IceBucks 09-10》 東北フリーブレイズ3-4回戦

勝ち点差4。あと8試合。

ASIA LEAGUE ICE HOCKEY 2009-2010
12月26日/青森県八戸市・新井田インドアリンク
東北フリーブレイズ 5 - 3 日光アイスバックス
Goal: 40'33 内山43'03 鈴木52'07 スミス

12月27日/青森県八戸市・新井田インドアリンク
東北フリーブレイズ 4 - 7 日光アイスバックス
Goal: 04'18 中西22'27, 35'22, 45'09 内山32'37 高橋
34'18 スミス59'28 瀬高

行くだけで疲れちゃいましたかね。
土曜日。

木曜日にハイワンがチャイナ・ドラゴンに完勝しただけに
勝ち点をしっかり取って追撃したかったんですが、あまりに痛すぎる1敗です。

日曜日は、6連続得点による大量リードに気を許したか、
終盤、ブレイズの猛反撃に失点を重ね、あわや敗戦の危機。

ま、それでも勝利を手にしたわけですが、なんとも…。

2009年の試合はこれで終わり、バックスは29試合を終えて、勝ち点44の5位。
4位のクレインズは、27試合を終えて、勝ち点48。

2試合消化数が多いバックスがかなり不利な状況だが、
年明けの試合が、そのクレインズ戦。

2勝2敗(うち1敗はGWS負け)と五分の星となっている相手。
なんとしても、ホーム霧降の力で、2連勝して逆転を果たしたい。

《WASEDA RUGBY 09-10》 大学選手権2回戦 帝京戦

完敗。

第45回全国大学ラグビー選手権大会
2回戦/東京都港区・秩父宮ラグビー場
帝京大学 31 - 20 早稲田大学

主力数名が抜けても、なんとか勝ってきた早稲田だが、
所詮、鍍金がはがれてしまえば、昇り調子の帝京に勝てるはずもなく。

たしかに、ラグビーは試合中に指示出しをできる機会が限られる以上、
ピッチで起こった出来事に対応していくのは、選手の判断によるところが大きい。

だからこそ、選手が日ごろから考える癖をつけ、多くの引き出しを備える必要がある。

それは、ごもっともな論だし、そういうチームは本当に強いと思う。

しかし、一方で、ワセダといえども学生チームであるということからすると、
そこまでの過程において、チームに足らない部分に対応する引き出しを多く作ってやる、
あるいは、自ら作るように持っていくのが監督の仕事ではないだろうか。

選手の自律性にかけることは間違っていない。

ただ、それだけでは、実力が伯仲している中では勝てない。

まして、今シーズンは、決して強いチームではなかったはず。

対抗戦の帝京戦は1PG差での勝利、メイジには後半での逆転勝利、
慶應には同点ながら、T数では負けという成績。

圧倒的な強さはなくなっていることは判ってはいたから、
ある程度、この結果には納得するのだが、
シーズン中に軌道修正すれば、持ち直せたのではないかと思う。

…ま、シーズンの総括はその辺りにしておいて、試合そのものについて。

一見すると、ツイにやられたような感じがあるが、そうではない。

帝京の守備力にやられたと見るべきだろう。

結果、なかなか思うに任せない早稲田は、一旦は逆転したものの、
自らのミスでゲームの流れをつかめない。

…というか、帝京が試合の流れを80分間の大半、掌握していたといったほうがいい。

それに対し、早稲田のディフェンスは甘かった。

前半に喫した2トライ、
トライこそなかったとはいえ、後半立ち上がりのツイの突破など
タックルが甘いシーンが多く見られた。

おまけにキックミスも多く、しっかり切るべき場面でタッチを切れず、
そんなに飛ばさなくてもいい場面で、飛ばしすぎてダイレクト…

これでは、勝てるものも勝てない。

残念ながら、これで、今年のワセダは終わった。

来シーズンは、しっかりチーム作りをして、
この雪辱を、対抗戦、大学選手権で果たしてほしい。

《S-PULSE 2009》 12月の人事往来まとめ

12月も押し迫ったことですし、人事往来まとめますね。

■去る人
GK 01 掛川 誠 (引退)
MF 06 マルコス パウロ (移籍先未定)
DF 32 佐野 克彦 (移籍先未定)
■来る人
DF 廣井 友信 (東京Vから復帰)
DF エディ ボスナー (千葉から移籍)
MF 杉山 浩太 (柏から復帰)
FW 鍋田 亜土夢 (清水エスパルスユースから昇格)
GK 碓井 健平 (筑波大学から加入)

掛さん、おつかれさまでした。
けっして、コブクロだけじゃないですよ。

若いGK陣のよき先輩として、立派に務められたと思います。

これからは、指導者を目指されるとのこと。
自らの経験を、しっかり伝えてってください。

パウロは、ほんと、いい選手でした。

自分の役割を正しく認識して、要求にしっかりと応えていました。
やはりプロだなぁと思います。

決して足が速いわけでもないですが、
きっちりと相手の芽を摘む位置にいるのはさすがでした。

佐野は、入団した年の大怪我がほんと残念。

トライアウト受けてますが、いまのところ移籍の話はないようで…。
なんとか新天地でサッカーができるようになってくれればとおもいます。

浩太、廣井については、お帰りなさいなんでしょうね。

浩太はポジション確保がなかなか難しい状況ですけど、
柏で掴んだものを活かしてもらいたいです。

廣井は、ボスナー、平岡との競争になるんですかね。
青山が前半戦は復帰困難でしょうから、
ポジション奪取に向けてキャンプからがんばってもらいたいです。

ボスナーは青山の長期離脱を考慮しての獲得でしょう。
(…アジア枠だとしたら、徳島に行ったキムくんはどうなるんだろう?)

ただ、たしかに高さはあるんだけど、足元がね…。
千葉時代は結構失点に絡んでたので、ちと心配です。

鍋田選手、碓井選手、ようこそ、清水エスパルスへ。

とくに碓井選手は、GKというポジションだけに
ガマンが求められることも多いでしょうが、頑張ってください。

鍋田選手は、久々のユースからの昇格組。
エスパルス・ニュースのPickup Undersでも名前だけは見てました。

トップチームはユースとは全く違うでしょうけど、頑張ってください。

…あとは、噂のあの方なんでしょうけど。

こちらは、初蹴りの後に発表なんでしょうかね…。

《S-PULSE 2009》 天皇杯準決勝 名古屋戦 終了

《S-PULSE 2009》 天皇杯準決勝 名古屋戦 終了

EC-Semi Final
エコパ/19,578人
清水 1(3 PK 5)1 名古屋
Goal:
16min. 岡崎
56min. 玉田(PK)

終わった。

結局、タイトル奪取ならず。

《ひとりごと》 もう五つ寝ると。

《ひとりごと》 もう五つ寝ると。

元日。

今度こそ、賜杯を。

まずは、明後日。

エコパ。

《WASEDA RUGBY 09-10》 大学選手権2回戦 帝京戦 終了

《WASEDA RUGBY 09-10》 大学選手権2回戦 帝京戦 終了

大学選手権2回戦
秩父宮ラグビー場

帝京 31 - 20 早稲田

年越し、ならず。

1月2日の予定が空きました。

ははっ。(苦笑)

12月になるまで、チームを作らなかった中竹監督のミスだな。

《IceBucks 09-10》 クリスマスシリーズ in 札幌(王子・クレインズ4回戦)

勝ち点差2。あと10試合。

ASIA LEAGUE ICE HOCKEY 2009-2010
12月19日/北海道札幌市・月寒体育館スケート場
王子イーグルス 1 - 0 日光アイスバックス
Goal:

12月20日/北海道札幌市・月寒体育館スケート場
日本製紙クレインズ 0 - 4 日光アイスバックス
Goal: 05'23, 07'23, 39'30 内山09'32 鈴木

なんか悔しいよね。0-1って。
でも、一方で、うれしくもあるよね。

応援しがいがあるって言うか、ぜんぜん歯が立たなかった国内勢に
対等に戦えるまでになったっていうのがさ。

いや、クレインズの調子が悪いのはあるにしても、4 - 0ってスコアは考えられなかったこと。

確かに内山や鈴木貴人といったSEIBU組の存在が大きいとはいえ、
失点が目に見えて減っているのが、成長の証だよ。

だからこそ、接戦を制することができるようになれば、さらに上が見えてくるんだし、
試合単体の流れを奪うためにも、0-1を逃げ切らせず、せめて追いついてほしいんだよね。

仮にOVTやGWSで敗れても、相手にとって与える印象ってかなり違うんだよね。

ま、望みは高くなってしまうわけですが、これで4位High1との勝ち点差はわずかに2。

High1がチャイナ・ドラゴン戦を3つ戦っている間、
こちらは、フリーブレイズとの2連戦。

年末も押し迫った土日のアウェイ・八戸。
行くだけでも疲れちゃいそうなシチュエーションだけど、
踏ん張って、勝ち点6を奪って、1月になだれ込みたい。

歴史を塗り替えろ!
HC TOCHIGI ICEBUCKS!

より以前の記事一覧

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ