« 《vfk 2010》 J2第2節 水戸ホーリーホック戦 | トップページ | 《ひとりごと》 「バファローズ」、消滅。 »

《S-PULSE 2010》 J1第2節 モンテディオ山形戦

167日ぶりの勝ちロコ
かみ合うまでは、もう少し。

2010 J LEAGUE Division 1
第2節/静岡市・アウトソーシングスタジアム日本平

清水エスパルス 3 - 0 モンテディオ山形
Goal: 13' 藤本88' 岡崎90+4' 伊東

最終スコアは、3 - 0 だが、
快勝というよりは、辛抱強く勝ち点3をモノにしたという印象。

岡ちゃんのエスパでの久々のゴールや、
テルの3年ぶりのゴールと、その後の監督を含めた皆の喜びようやら
そして、167日ぶりの、かつ、(負傷交代した)岡ちゃん以外の選手が加わった勝ちロコは
うれしかったんだけれども。

たぶん、それは、前半出来がよかったのに1点しか取れず、
逆に後半は、修正してきた山形にボールを持たれる時間が続いたことが
大きく影を落としているんだろうけれども。

攻撃は、前半、とてもよかったですね。

中と外をうまく使って攻撃を組み立てていたし、
テルの3点目もそうだけど、後ろからの攻めあがりが増えてきたかな。

後半も、ちと、バテ気味なところはあったにせよ、
岡崎→兵働のエリア内のパスとか、面白い展開があったように思いますね。

できれば、風上に立ったので、もっとミドルを意識してほしかったことはありますが。
(とくに、真希。)

今後の戦いは、この日の前半の出来をどれだけ維持できるかってことにかかってくるでしょうね。
あと、どれだけ、攻撃がかみ合ってくるか。それが、早ければ早いほどよいわけで。

一方の守備。
シュート数で言えば、確かに、後半が多いし、
印象としても攻められている時間が長いなぁと思いましたが、
危ないか危なくないかでいえば、前半のほうが危なかったように感じましたけどね。

とくに、両CB。
岩下は、軽いプレーが多く、かつ、雑だ(クリアなのか、つなぐのか曖昧な処理が多い)なぁと。
加えてボスナーが、遅延で1枚もらったけど、カードが怖かったですな。

相手が違ったら、まちがいなくヤラれる恐れが高いプレーもあり、
西部を含めてしっかり調整してほしいところです。
(海人がサブにも入んなかったけど、なんだろうな?)

そういう意味において、この日のMVPは、本田拓也だろうと思うわけです。
一番ファウルを受けながらも、山形の攻撃の脅威を逓減させることに成功したのは
彼の、労をいとわない働きによるところだと思うわけです。

ま、なんにせよ、3年ぶりにホーム開幕戦を勝利したわけですが、
スタートダッシュを成功させるには次の神戸戦も勝利することが求められます。

日曜日のTRでサテが湘南サテに0-5で負けたというやな話もありますが、
そんな不安が杞憂であったと思わせるような戦いを見せてほしいものです。

あと…、岡ちゃん、無理はするなよ。

« 《vfk 2010》 J2第2節 水戸ホーリーホック戦 | トップページ | 《ひとりごと》 「バファローズ」、消滅。 »

2010年」カテゴリの記事

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/47838760

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2010》 J1第2節 モンテディオ山形戦:

« 《vfk 2010》 J2第2節 水戸ホーリーホック戦 | トップページ | 《ひとりごと》 「バファローズ」、消滅。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ