« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

《vfk 2010》 J2第8節 東京ヴェルディ戦

あきらめず、3連勝。
勝ち点2を拾い上げる。

2010 J LEAGUE Division 2
第8節/東京都調布市・味の素スタジアム

東京ヴェルディ 1 - 2 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 
56' 金信泳80' 高木俊90+2' 秋本

試合を決したのは、ハーフナーのヘッドを土肥がミスする可能性を考えて、
ゴール前になだれ込んだ秋本のゴールだったわけですが、
試合全体を通してみると、差はほとんどなかった試合ではないかなと。

とくにセカンドボールの取り合いというところで甲府が劣勢に立たされ、
なかなかチャンスができず、とくにこの日は養父が目立たず。

かといって、守りに関して言えば、ダニエルがキレキレで、
ヴェルディにあぶないシーンをほとんど作らせずで。

前半は、探り合いと言った感がありましたね。

試合は後半になって動き、
マラニョンのクロスを金信泳が決めて先制するも、
ヴェルディの高木兄を吉田が倒してしまい、PK。

荻が反応したものの、その手を弾いてゴールイン。

残り時間10分で、どちらもチャンスを作りつつも
ドロー決着も見えたロスタイムに、CKの連取から、
甲府が勝ち越しゴールを奪って、3連勝となりました。

が、その実は、本当に、「辛くも」といった言葉がふさわしいものだったかな。

ま、あの酷かった鳥栖戦からだいぶ持ち直しているなのは確かなようです。

ところで…

目下、経営再建中の東京ヴェルディさんなので仕方がないのでしょうけど、
警備費削減のために使用されない広大なバックスタンドは少し寂しかったですね。

あと、照明点灯が遅いとか、アストロビジョンは片面しか使わないとか、
それもこれも経営再建のためと言われれば仕方ないんでしょうけど、
せめて、その片面しか使わないアストロビジョン、
スコアだけでなく選手の名前も表示してもらいたいもんです。

今、だれがピッチ上にいるのか判らないなんてのは
選手名鑑を丸暗記しているような方を除けば
客無視と言われても仕方がないですぞ。

《S-PULSE 2010》 J1第8節 大宮アルディージャ戦

真希、アウスタ初ゴール!
内容は悪くとも…

2010 J LEAGUE Division 1
第8節/静岡市・アウトソーシングスタジアム日本平

清水エスパルス 2 - 1 大宮アルディージャ
Goal: 58' 兵働76' 本田86' 山本真

本人曰く「センタリング」だったとはいえ、
真希のアウスタ初ゴールが決まって、
8戦負けなしで首位奪回は、結果だけ見れば、いいんだろうけど。

試合の内容は、とくに前半はお世辞にも良いとは言えず、
大宮さんにあわせてしまったような格好で。

シュート3本に抑えられてしまったのは、反省材料でしょうね。

とくに、大前、太田の並ぶ清水の左サイドを、いいように大宮・杉山に使われていたり、
パスがうまくつながらず、タッチを割ったりするシーンが多かったりで、前半は、ダメダメでした。

ただ、ガンバ戦での苦い経験が生きたのか、
後半になると、前線のポジショニングを入れ替えたり、
選手交代を積極的に行ったりして、修正を施し、内容は改善。

で、ボスナーのロングパスから小野、
小野から速いグラウンダーを中央で受けた兵働が
トラップでDFをかわして、先制点をゲット。

これまで、さんざっぱら宇宙開発を繰り返してきたキャプテンですが、
このときは、シュートを枠に飛ばし、今シーズン初ゴール。

が、直後のシュートチャンスを岡崎が左に外したりしているうちに
大宮に息を吹き返され、セットプレーから追っつかれた時には
残り時間や、小野が退いた後だったこともあり、
「こりゃ、引き分けか」とも思ったもんですが…。

上位にいるときにある勢いの差なんでしょうかね。

あれが入るとは思いませんでしたよ。

確かにクロスと言えば、そういうボールでしたけど、
でも、弾道としては、あきらかにシュート性のそれで。

いやぁ、すっげー、ゴールだと。

ただ、うーん、どっかで見たことがあるとも…。

…って、2005年の大宮戦ホームでのジェジンの決勝ゴールも
あんなエグい弾道だったような気が…。

ま、なんにせよ、真希、アウスタ初ゴール、おめでとう。

ホームクラブの選手を呪うスタジアムが存在するわけがありませんが、
これまで、決めたスタジアムはいずれもアウェイでね。

ホーム・アウスタでようやっと決めてくれましたよ。

ともかく、内容は決してよかったとはいえないものの、8戦負けなしで首位奪回。

次は、3位・浦和とのエコパでの対戦。

ここで、どんな形でもいいから勝利できれば、良い形で中断期に入れるだけに、
清水の総力を結集して、首位を維持したい。

「『あと一歩』の、その先へ」

いざ、大勝負。

《DRAGONS 2010》 東京ヤクルト・阪神 4-6回戦

出でよ、若龍

2010 NPB Central League
4月19日/4回戦/ナゴヤドーム

中日 3 - 2 東京ヤクルト
勝: 朝倉 1勝、セ: 岩瀬 7セーブ、敗: 館山 2勝1敗
本: 野本2号ソロ

4月20日/5回戦/ナゴヤドーム
中日 2 - 2 東京ヤクルト
本: デントナ6号2ラン和田6号2ラン

4月21日/6回戦/ナゴヤドーム
中日 3 - 1 東京ヤクルト
勝: 吉見 3勝1敗、セ: 岩瀬 8セーブ、敗: バーネット 2勝1敗
本: 飯原1号ソロブランコ6号ソロ

4月22日/4回戦/阪神甲子園球場
阪神 7 - 1 中日
勝: フォッサム 1勝、敗: チェン 1勝2敗
本: 

4月23日/5回戦/阪神甲子園球場
阪神 3 - 1 中日
勝: 能見 3勝、セ: 藤川球 6セーブ、敗: バルデス 1勝2敗
本: 桜井4号ソロ

4月24日/6回戦/阪神甲子園球場
阪神 5 - 8 中日
勝: 山内 1勝、セ: 岩瀬 9セーブ、敗: 安藤 1勝2敗
本: ブランコ7号3ラン鳥谷3号満塁

広島に3タテ喰らってショックがでかかったが、
何とか、燕に2勝1分で、持ち直したかなぁ…

って思ってたら、今度は、阪神に負け越して、
なかなか調子が上がってこないやねぇ。

ま、そんな中でも、プロ3年目の山内壮馬が初勝利。

若い選手が出てくれば、活気も出てくるし、選手層も厚くなる。

頑張れ、若龍戦士!

《vfk 2010》 J2第8節 東京V戦 終了

《vfk 2010》 J2第8節 東京V戦 終了

J2-08
味スタ
東京V 1 - 2 甲府

Goal:
56' 金 信泳
80' 高木俊(PK)
90+2' 秋本

あわや、勝ち点2を失う窮地に陥るも、
なんとかゴール前の混戦を秋本がプッシュし、勝ち点3確保。

《WMW 2010》 関東大学リーグ前期 法政戦 終了

《WMW 2010》 関東大学リーグ前期 法政戦 終了

関東大学
1st-03
多摩市陸
早稲田 3 - 0 法政

Goal:
05' 鈴木(早稲田)
16'  富山(早稲田)
55' 奥井(早稲田)

押し込まれる時間もあったが、危なげなく法政を退けた。

《S-PULSE 2010》 J1第8節 大宮戦 終了

《S-PULSE 2010》 J1第8節 大宮戦 終了

J1-08
アウスタ/15,156人
清水 2 - 1 大宮

Goal:
58' 兵働
76' 坪内
86' 山本真

真希のスーパーゴールで大宮を振り切った。

…ま、本人曰く、「センタリング」だったんだけど。

《橙とサイコロな日々》 いま、大宮。

《ひとりごと》  いま、大宮。

会議で敵地にきてます。

明日の勝利の前祝い、これから気勢をあげます!

《DRAGONS 2010》 4/6 - 4/18の龍、とりまとめ。

まだ、寒さ抜けない4月。

2010 NPB Central League
4/06 (横浜)  横浜  3 - 5 中日 勝: 山井、セ: 岩瀬
4/07 (横浜)  横浜  0 - 2 中日 勝: 小笠原、セ: 岩瀬
4/08 (横浜)  横浜  2 - 1 中日 敗:バルデス
4/09 (東京)  讀賣  4 - 7 中日 勝:吉見、S:岩瀬
4/10 (東京)  讀賣 11 - 3 中日 敗:チェン
4/11 (東京)  讀賣  7 - 1 中日 敗:伊藤

4/13 (ナゴド)  中日 8x - 7 横浜 勝: 高橋
4/14 (ナゴド)  中日  4 - 9 横浜 敗: 小笠原
4/15 (ナゴド)  中日  7 - 4 横浜 勝: 吉見、セ: 岩瀬
4/16 (マツダ)  広島 4x - 3 中日 敗: 浅尾
4/17 (マツダ)  広島 8x - 7 中日 敗: 高橋
4/18 (マツダ)  広島  4 - 2 中日 敗: 長峰

なんだろうね。
勝ってもパッとしない試合が多くて…。

まだまだ、半ばアイドリング中で、
エンジンが暖まりきってないような感じかな。

ただ、試合を自ら壊してしまうのは、何とかしたい。
広島での3連戦なんて、まさにそうだよ。

勝ってた試合を少なくとも2つは落としたわけで…。

この分では、今年も、落合監督の呟きは止まらないかな。

《vfk 2010》 J2第6節 熊本戦 & 第7節 富山戦

ようやく、お目覚め?
前監督の目前で、ゴールラッシュ

2010 J LEAGUE Division 2
第6節/熊本市・熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
ロアッソ熊本 0 - 1 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 
29' 養父

第7節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 5 - 0 カターレ富山
Goal: 19' 内山56' 秋本60' マラニョン90+2' 片桐90+4' ハーフナー

富山戦はスカパーで見ることができまして。

ロスタイムの2ゴールは、
やや、富山側の集中が切れた部分もあったかなと。

よって、そこまでの3点まででの評価が、
この試合の正しい評価になるような気がします。

富山も決して悪くはなかったと思うわけで、
2点目がこの試合のキーでしたね。

直前に交代していた片桐のシュートのこぼれを
CKでゴール前に詰めていた秋本がプッシュ。

これで、富山が若干気落ちしたところを、
直後にマラニョンが3点目を挙げて、事実上、試合はここで決したかなと。

とくに、ま、あのひどかった鳥栖戦でも、唯一、動きがよかった養父が
熊本戦ではゴール、そして、富山戦ではいい働きをしてくれているように思います。

今後のプレーに期待したいと思います。

あと、ハーフナー、甲府移籍初ゴール、おめでとう!

なにはともかく、甲府さん、どうやら、お目覚めのようです。

《S-PULSE 2010》 仙台戦、G大阪戦、ナビスコ山形戦

不敗は続くが…
勝ちきる力が、まだ足りない。

2010 J LEAGUE Division 1
第6節/静岡市・アウトソーシングスタジアム日本平

清水エスパルス 5 - 1 ベガルタ仙台
Goal: 26' ヨンセン45' 本田60' 藤本63' 平岡79' 永井89' 中原

第7節/大阪府吹田市・万博記念競技場
ガンバ大阪 1 - 1 清水エスパルス
Goal: 40' 明神(PK)、70' 岡崎

2010 J LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選Bグループ
第2節/山形県天童市・NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形 0 - 0 清水エスパルス
Goal: 

ご無沙汰してました。

仙台戦の試合終了後から、まる一週間以上、更新せずで。

激しく、今さら感があるので、手短に。

順番は、直近の試合から。

青いアウェイ2連戦は、映像を全く見てませんが、
ガンバのメンツを考えるにつけ、勝ちきって欲しかったなと思うわけです。

そこら辺、相手を警戒するのも大事ですけど、
自分たちの力量と相手のコンディションを考え、
早めに、ギアを入れて欲しかったですね。

山形戦は、大変寒い中での試合だったようで、
選手・スタッフのみなさん、現地行かれた方、
おつかれさまでした。

ただ、岡崎や小野、本田といったあたりがいないと、
だいぶ迫力にかけるところがあるようで。

チーム全体の底力を上げるためにも、
この日試合に出た選手の奮起に期待したいものです。

で、大勝の仙台戦。

5得点、特に、平岡や永井にゴールが生まれたことは喜ばしいけど、
やっぱり1失点の内容がよくない。

ロスタイムに入ろうかというところだったことや、
リスクを冒して点を取りに行くべき点差でもなかったことを考えると
試合をキレイにクローズするということを最優先にすべきだったのではないか。

無理にボールをつなげるのではなく、
シンプルにタッチを切って、陣形を整えるってのが大事だったわけで、
そこで、やむなくバックパスだったとしても、
もう少し、GKが蹴出しやすいボールを送るべきで、
最終ラインとGKのコンビネーションの成熟を進めてほしい。

…ところで、今年は、アウェイでよくPK取られるな。

…広島戦、横浜Fマ戦、G大阪戦。
4試合中3試合!

主審の皆さん、なにかうr…、ま、気をつけましょ。

《S-PULSE 2010》 J1第6節 仙台戦 終了

《S-PULSE 2010》 J1第6節 仙台戦 終了

J1-06
アウスタ/17,522人
清水 5 - 1 仙台

Goal:
26' ヨンセン
45' 本田
60' 藤本
63' 平岡
79' 永井
89' 中原

仙台を粉砕して、文字通りの大勝。

ただ、失点の仕方が気に入らない。
ゆえに、快勝とは言わないでおく。

まったくもって、無駄な失点だよ。

《DRAGONS 2010》 東京ヤクルト・阪神 1-3回戦

新星、現る。

2010 NPB Central League
3月30日/1回戦/明治神宮野球場

東京ヤクルト 5 - 2 中日
勝: 
中沢 1勝、セ: 林昌勇 2セーブ、敗: 山井 1敗
本: 
ブランコ1号2ラン

3月31日/2回戦/明治神宮野球場
東京ヤクルト 9 - 5 中日
勝: 
館山 1勝、敗: 小笠原 1敗
本: 
デントナ3号3ラン4号2ラン和田3号ソロセサル1号ソロ森野1号ソロ

4月1日/3回戦/明治神宮野球場
東京ヤクルト 2 - 5 中日
勝: 
バルデス 1勝、セ: 岩瀬 1セーブ、敗: 石川 2敗
本: 
青木1号ソロ福地1号ソロ小池1号2ランブランコ2号ソロ

4月2日/1回戦/ナゴヤドーム
中日 6 - 5 阪神
勝: 高橋 1勝、セ: 岩瀬 2セーブ、敗: 筒井 1敗
本: 

4月3日/2回戦/ナゴヤドーム
中日 3x - 2 阪神
勝: 浅尾 1勝、敗: メッセンジャー 1敗
本: 城島2号ソロ

4月4日/3回戦/ナゴヤドーム
中日 6 - 1 阪神
勝: 伊藤 1勝、敗: 久保田 1敗
本: 和田4号ソロ

今年も、神宮球場は花火大会になりそうな悪寒。

なんとか3タテは免れたが、燕戦はなんとかせんといかんだろうな。

…何がいかんかなぁ。

…お祓いでもしてもらおうかね。

阪神戦は、大逆転、サヨナラと劇的な勝利の後に、明るい話題。

2年目、19歳の伊藤準規がプロ入り初勝利。

初回3安打を浴び1点を先制されたものの、
以降を1安打4四死球に抑える好投で、プロ入り初勝利。

これで、3連敗の後の4連勝で、6勝3敗。

ま、好発進したかどうかは、1順目の対戦が終わんないとわかんないんだが、
とりあえず、粘り強い戦いはできていると言っていいだろうな。

《vfk 2010》 J2第5節 サガン鳥栖戦

自壊。
内田甲府、早くも正念場。

2010 J LEAGUE Division 2
第5節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場

ヴァンフォーレ甲府 0 - 2 サガン鳥栖
Goal: 65' 衛藤74' 豊田

携帯を家に忘れたので、試合終了時点での感想を書きませんでしたけど、
試合終了後の素直な感想としては、「最悪の試合内容。負けも当然」でありました。

J1に上がる前、というか、甲府が消滅の危機からなんとか脱しようとしていたころから
小瀬には、年に数回ですけど、お邪魔させてもらってますが、
こんなに酷い試合を見せられたのは、自身初めてです。

なんとか、J2中位が見えてきた頃でさえ、こんなにお粗末な試合はありませんでした。

勝手に、自分たちで、崩れてりゃきりがありません。

試合は、あきらかに甲府が主導権を握って進んでいました。

しかし、シュートをためらったり、すんでで足を出されたりして、
ゴールできずに前半を終えたのが悪夢の始まりだったのかもしれません。

後半、持ち直した鳥栖が攻撃の形を作り出して、迎えた65分。

甲府陣のペナルティエリア近くでのファウルから甲府のFK。

しかし、あろうことか、キャプテンの山本のつなぎのパスが鳥栖の衛藤の足下に。
そのまま前進された挙げ句、ミドルをたたき込まれて、先制されると、
動揺を抑えられない最終ラインがまたも、ミス。

ルーズボールをゴールキックにかえようとしたものの
ゴールラインぎりぎりで競られた挙げ句、
ボールを奪われ、中に折り返され、豊田に決められ、万事休す。

直前の養父→マラニョン、パウリーニョ→ハーフナー、
しまいに、大西→松橋と攻撃的なカードを切るわけですが、
そんなにFW並べたところで、前線の交通整理役がいないので、
おおよそ効果的な攻撃は見られず。

2点目の取られ方の拙さを見て、結構な数のお客さんは帰ってしまいました。
この日は、10,000人を超えたとはいえ、こんな調子では客が減る恐れが高いです。

ただ、それよりも心配なのは、
個人的に、内田監督の指導能力に対する不信感があるとは言え、
このままズルズル行ってしまうと、本当にチームが瓦解することです。

試合終了後の荻のコメントが辛かったです。

今年のテーマは、ICHIGAN Try Againだったわけですが、
チームの内情は、必ずしもそうじゃないんじゃないかという危惧を抱かせます。

杞憂に終わればよいのですが。

《S-PULSE 2010》 J1第5節 横浜F・マリノス戦

崩れない、強さ。
アウェイで久々の勝ち点3。

2010 J LEAGUE Division 1
第5節/神奈川県横浜市・日産スタジアム

横浜F・マリノス 1 - 2 清水エスパルス
Goal: 05'42' 岡崎82' 清水

兵藤のPKが決まっていたら、決壊せずに済んだか判らん試合ではありました。

後半は、ほんとに僅かながらカウンターでチャンスは作るものの、
ほとんどの時間帯が横浜のハーフコートゲームになってしまって。

それでも苦しい試合を、なんとかセットプレーの1点でとどめたのは、
うちにも、崩れない強さが付いてきたのかなぁとも思えるわけで。

まぁ、3点目を決めていれば、もっと楽に試合を終えれたとは思うし、
そこらへんが、ついてくれば、真の強さにつながるのかなぁと。

5試合で、勝ち点11。

まだ始まったばかりで順位、云々する段階ではないが、
今年は、夏場以外も、楽しませてくれそうだ。

 

…あぁ、そうそう、カードには気をつけておくれ。

《S-PULSE 2010》 J1第5節 横浜FM戦 終了

《S-PULSE 2010》 J1第5節 横浜FM戦 終了
J1-05
日産ス
横浜FM 1 - 2 清水

Goal:
05' 岡崎
42' 岡崎
82' 清水

粘り勝ち。

MOMは、PKストップの西部だろうな。

《S-PULSE 2010》 ナビスコ杯予選第1節 湘南ベルマーレ戦

またも、80分過ぎ。
ナビスコ杯、開幕

2010 J LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選Bグループ
第1節/静岡市・アウトソーシングスタジアム日本平

清水エスパルス 2 - 0 湘南ベルマーレ
Goal: 85' 藤本(PK)90+3'

映像は見てませんので、何かを語るつもりはありませんけど、
またも、80分過ぎの得点でしたね。

最後の最後で突き放して、結果、勝ってはいるんですけど、
いつもいつもうまく行くとは限らないわけでね。

ま、メンバーが入れ替わったDF陣が無失点で抑えたということが
この試合の収穫かと思います。

それにしても、やはり、この時期のナイトゲームは集客が難しいですな。

9,000人台ですから。

土曜の昼間のJ1の試合で7,000人台のクラブがお隣にあるので
贅沢っちゃ、贅沢なのかも知れませんけどね。

《橙とサイコロな日々》 奴らが、もどってくる。

サラリーマンNEOが、戻ってくる!!!!!!

SEASON 5か。

日曜の23時台が、これで…って、

放送時間、変わっとるやないか!

…ということで、毎週木曜日22時55分は、NHK総合を見ると。

念のため、ビデオ予約しておこうっと。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ