スポーツ

《WASEDA SPORTS 2010》 甲子園ボウル 終了

《WASEDA SPORTS 2010》 甲子園ボウル 終了

早稲田 21 - 48 立命館

完敗。

2度目の甲子園ボウルも、レベルの差を見せつけられた。

《ひとりごと》 そうまでして開催する必要は?

条件付きとはいえ、開催するんですね。
名古屋場所。

幕内、十両がスッカスカの状況で開催するわけですが、
そうまでして、開催する必要ってあるんですかね?

いや、相撲茶屋とか関係者に迷惑がかかるとか、
止むに止まれぬ事情もあるんでしょうけれど、
いっそ、やらないで、迷惑がかかる先には損害を賠償するくらいのほうが
組織体としての日本相撲協会の真の浄化につながるでしょ。

相撲ファンも、残った力士の対戦となれば、
実力差の開いた取組みが増えるわけで、面白くないと思うんだけどな。

あれだけ朝青龍の時には騒いでたやくみつるも「開催はすべき」だし。

いや、ファンは楽しみにしてるのはわかるし、
名古屋は年に一場所しかないから、余計そうなんだろうけど。

大相撲だから、国技だからと特別視が許される状況じゃないはずで…。

《SPORTS 2008》 残り35秒の逆転劇 - NFL SUPER BOWL

NFL SUPER BOWL XLⅡ
University of Phoenix Stadium,Glendale,Arizona
New England Patriots(AFC) 14 - 17 New York Giants(NFC)

いやぁ、ジャイアンツの守備陣はすごかったです。

今シーズン、ここまでの18試合全てで20得点以上挙げていたペイトリオッツの
その攻撃の要であるQB ブレイディを、5回もサック。

前夜のNHKサンデースポーツで解説の方が
「(20点未満の)ロースコアなら、ジャイアンツにも勝機が」と話していましたが、
結果こそFGに終わりましたが、1Q、10分以上も攻撃に時間をかけて先制すると、
2Qの開始早々に逆転を許したものの、そこからはしっかり守って、
ペイトリオッツを走らせず、接戦に持ち込み、勝機を手繰り寄せました。

4Q、敵陣5YDからWRライリーへのTDパスを通したQB イーライ・マニングは、
残り2分45秒で再逆転を許したものの、その次のシリーズで、ビッグプレイを見せる。

残り1分15秒で、あわやサックという状況からペイトリオッツのラッシュを振り切り、
WRライリーへ32YDのロングパスを通して、一気にエンドゾーンへ。

そして、残り35秒、13YDのTDパスをエンドゾーンに走りこんだWRバレスに通して逆転。

ペイトリオッツのQBブレイディも負けずにロングパスを通そうとしますが、
残り10秒の4Dギャンブルも失敗し、万事休す。

最後は、マニングがニーダウンして試合終了。
ジャイアンツが17シーズンぶり3回目のスーパーボウル制覇を達成しました。

《WASEDA SOCCER 07-08》 インカレ優勝!

大榎ワセダ、4年目の結実。
全日本大学選手権、13年ぶり11回目の優勝!

第56回全日本大学サッカー選手権大会
決勝/国立霞ヶ丘競技場
法政大学 0 - 2 早稲田大学
Goal: 50min. 兵藤56min. 藤森

今春加入内定の本田君擁する法政、
かたや、清水OBの大榎監督率いる早稲田。

清水サポ的には、非常に困ったことになった今年のインカレ。

ま、筆者は、我が母校・早稲田を文句なく応援しておりましたが。

深夜のテレ朝の録画放送で得点シーンまで確認しましたが、
ま、早稲田のディフェンスも非常にあやういところもあったのですが、
先制点のシーンは、ものの見事に法政の守備陣を崩しました。

終盤、追い上げられたようですが、
結局、先制からわずかの時間帯に2点目を取れたのが
とても大きかったと思います。

思えば2004年11月、関東2部復帰のために千葉県鴨川市の
寂しいグラウンドで戦っていた大榎早稲田が、その2部を1年で通過し、
そして、ついに、大学サッカーの頂点に返り咲いたかと思うと
これでラストマッチとなった大榎監督、そして4年生は、
万感の思いだったのではないでしょうか。
(2部復帰が決まった鴨川に行った筆者も、ですが。)

一方、本田選手は残念でした。

練習再開まで日がありませんが、しっかり休んで、
まずは、三保で、大学No.1ボランチの実力を見せてください。

《SPORTS 2008》 四度目の正直(高校ラグビー)

ハナゾノ、終わりましたね。

■第87回全国高校ラグビー大会
決勝/東大阪市近鉄花園ラグビー場
東福岡 12 - 7 伏見工(京都)

東福岡高校のみなさん、初優勝おめでとうございます。

先ほどNHKニュースの映像を確認しましたが、
粘り強い守備で、伏見工の猛攻をよく耐えました。

決勝戦が小雨混じりと、すこし残念なコンデションでしたが、
両校とも、すばらしい闘いを見せてくれたと思います。

大会全体で見ると、シード校や有力校の早々の敗退が気になったほか、
昨年末の朝日新聞の報道にもありましたが、
もはや都道府県レベルでは予選が体をなしていない地域もあるようで、
日本ラグビーのレベルアップのためには、予選の改善も必要かもしれません。

《SPORTS 2008》 2008/1/5-6の徒然

こんばんは。

年末年始の高校生の大会もいよいよ最終章に近づいてきました。

まずは、高校サッカー。

■第86回全国高校サッカー選手権大会
◆準々決勝/1月5日/市原臨海競技場ほか
流通経大柏 0(4 PK 2)0 東福岡
藤枝東 2 - 0 三鷹
津工 3 - 1 広島皆実
遠野 0 - 2 高川学園
◆準決勝/1月6日/国立霞ヶ丘競技場
流通経大柏 6 - 0 津工
高川学園 0 - 1 藤枝東

市原まで行ったわけですが、
やはり、藤枝東、都立三鷹とは格が違いましたね。

個人的に、都立校出身の筆者としては、
静岡県勢とはいえ、あまりエスパ的に関係のない藤枝東よりは
若干、都立三鷹寄りで見てはいたんですが…。

お互いに良さを消しあう形でPK戦にまでもつれ込んだ流経柏ですが
この世代では技術的には高いものがあるなと感じました。

で、今日、準決勝でしたが、テレビ観戦しました。
(あきらかに国立のほうが近いんですがね…)

流通経大柏が苦しんだのは、後半立ち上がりのところでしょうかね。
監督もおっしゃるとおり、津工業がいささかキレてしまったこともあり大差での勝利。

準々決勝で左に張っていた大前は、この日は中央でのプレー。
ま、水を得た魚といいましょうか…。
1日4ゴールとはビックリです。

エスパルスのユニフォームを着て、ピッチを暴れまわっているところを
一日も早くみたくなりました。

決勝の相手は、静岡県勢12年ぶりの優勝を狙う藤枝東。

…とっても、困ったことになりましたね。


続いて、高校ラグビー。

■第87回全国高校ラグビー大会
準決勝/1月5日/東大阪市・近鉄花園ラグビー場
桐蔭学園 10 - 29 東福岡
長崎北陽台 8 - 17 伏見工

ノーシードでここまで勝ち上がってきた長崎北陽台。
この日も、Aシードの伏見工業を一時は逆転するまで行ったのですが
残念ながら逆転負けを喫しました。

FWの平均体重で常に劣勢を強いられる中、
勝ち上がってのベスト4は誇っていいと思います。

決勝は、伏見工業と東福岡の対戦となりました。

《SPORTS 2008》 2008/1/3の徒然(1)

Uターンラッシュも厳しい中、
ぬくぬくと都内の自宅を出なかった筆者です。

こんばんは。

高校サッカーから。

第86回全国高校サッカー選手権大会
3回戦/駒沢陸上競技場ほか
広島皆実 0(3 PK 0)0 作陽(岡山)
三鷹(東京B) 2 - 0 宮城県工
津工(三重) 2 - 1 那覇(沖縄)
日大藤沢(神奈川) 1 - 2 藤枝東(静岡)
高川学園(山口) 2 - 1 埼玉栄
遠野(岩手) 2 - 1 近大和歌山
流通経大柏(千葉) 2 - 0 北越(新潟)
東福岡 3 - 1 佐賀北

まず、勝手に絶大応援中の都立三鷹。

2回戦で決勝点を奪った繁沢選手が先制した三鷹は
前半24分の白井選手のゴールで2点目を奪うと、
後半の宮城県工の反撃を粘り強く退け、
都立勢初のベスト8進出を果たしました。

快挙です。

その都立三鷹高校の準々決勝の相手は、
なんと、我が故郷の代表、藤枝東。

日大藤沢の反撃にあい、一旦は追いつかれたものの
後半23分、中村選手の技ありのヘッドが決まって、
準々決勝進出です。

大前選手の流通経大柏は、その大前選手のFKから先制すると
さらにもう1点を追加し、準々決勝進出です。

準々決勝の組み合わせは、次のとおり。

■さいたま市駒場スタジアム
津工(三重) - 広島皆実
遠野(岩手) - 高川学園(山口)
■市原臨海競技場
流通経大柏(千葉) - 東福岡
藤枝東(静岡) - 三鷹(東京)

いってきましょうかね。臨海魂。

《SPORTS 2008》 2008/1/3の徒然(2)

つづいて高校ラグビーですね。

第87回全国高校ラグビー大会
準々決勝/東大阪市・近鉄花園ラグビー場
流通経大柏 15 - 19 桐蔭学園
長崎北陽台 14 - 10 天理
東福岡 24 - 17 佐賀工
伏見工 26 - 15 尾道

第一試合は、シーソーゲームの末、終了間際にトライを奪った桐蔭が勝利。

第二試合は、まさに一進一退。
10 - 7と天理がリードして折り返した後半、
粘り強くラックサイドを突いた長崎北陽台が、最後の最後で逆転勝ち。

九州対決となった第三試合は、前半リードを許した東福岡が
後半立て続けに3トライを奪って逆転勝利。

第四試合は伏見工がシード校の実力を見せ、
終始、尾道をリードする展開で勝利しました。


つづいて、アメフト。

61st RICE BOWL American Football Japan Championship
東京ドーム
松下電工Impulse 52 - 38 関西学院大学Fighters

序盤から試合を優位に進めた松下電工が、
第2Qを終えて、31 - 3と大きくリードしました。

関学にとって痛かったのは、前半、TDを奪えないばかりか
第2Q終了間際にQB三原のパスをインターセプトされ、
そのままリターンTDを許したことかと思います。

後半に入って関学も反撃し、
第3Qを終えて、38 - 24 と2TD差に迫りますが、
第4Qの10分過ぎに松下電工が、
この日2つめのインターセプトリターンTDを含む
連続タッチダウンを奪って、関学を突き放し、
3シーズンぶり3回目のライスボウル制覇を果たしました。

強力な守備陣を誇る松下電工相手に
後半だけで5TDを奪う関学のオプションの豊かさにはお見事ですが
やはり前半の出来が勝敗を分けてしまった感は否めません。

《SPORTS 2008》 箱根駅伝 復路

箱根駅伝が終わりました。

駒澤大学のみなさん、
3年ぶり6回目の総合優勝、おめでとうございます。

往路優勝の我が母校、早稲田大学は、
6区「山下り」で2年生の加藤選手が区間賞を取り、リードを拡げたものの
総合力で上回る駒澤に追い上げられ、復路9区で逆転を許し、
総合2位でフィニッシュしました。

早稲田の総合2位は、実に12年ぶりということですので、
ま、2日の往路優勝とあわせ、早稲田復活を印象付ける快挙と言えるでしょう。

今年は、学連選抜が総合4位に入る大健闘を見せ、
来年の予選会からの出場枠を11と1つ増やしました。

また、この学連選抜の結果により、
総合10位の東洋大学までがシード権を確保しました。

その一方で、往路の順天堂大学に続き、
9区で大東文化大が、10区で優勝候補だった東海大が棄権するアクシデント。

非常に考えさせられる結果となってしまいました。

箱根駅伝総合結果は、こちら↓

続きを読む "《SPORTS 2008》 箱根駅伝 復路" »

《SPORTS 2008》 2008/1/2の徒然

箱根駅伝は、ひとつ前で触れてますので、それ以外のスポーツをば。

■第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会
準決勝/国立霞ヶ丘競技場
第一試合 慶應義塾大学 34 - 27 明治大学
第二試合 帝京大学 5 - 12 早稲田大学

まず、大学ラグビー。

早稲田は、中竹監督が試合後語ったように、
五郎丸をはじめとした主力がいないということが、
大きく試合内容に影響したように思います。

夜、tvkで録画放送した中で上田元慶大監督が
意外や、早稲田がしっかり守れていることと、
帝京の攻撃時の約束事がやや曖昧にな点を指摘されており、
それと、中竹監督の試合後の談話を総合すると、
「負けない試合」ができる強かさで上回ったといったところでしょうか。

攻撃時のつまらないミスで早稲田の得点が増えず
結果として点差が離れなかったのですが、
ま、試合巧者だったということになるんでしょうね。

決勝の相手は、慶應となりました。
明治は、前半の0点が最後まで響きましたね。

実に39年ぶりの早慶決勝ですか…。

ま、対抗戦では零封しているわけですが、
今日の帝京のようなこともあるので、
早稲田にはしっかりと闘ってもらいたいものです。


続いて、高校サッカー。

第86回全国高校サッカー選手権大会
2回戦/国立西が丘サッカー場ほか
三鷹(東京B) 1 - 0 矢板中央(栃木)
宮城工 3 - 0 鹿児島実
帝京(東京A) 0 - 2 広島皆実
青森山田 1 - 2 作陽(岡山)
日大藤沢(神奈川)  2 - 1 徳島商
藤枝東(静岡) 4 - 1 室蘭大谷(北海道)
富山第一 1 - 3 津工(三重)
那覇(沖縄) 1 - 0 神戸科学技術(兵庫)
高川学園(山口) 2 - 1 近大付(大阪)
埼玉栄 3 - 2 ルーテル学院(熊本)
遠野(岩手) 1 - 0 江の川(島根)
近大和歌山 2 - 1 前橋育英(群馬)
流通経大柏(千葉)  2 - 1 久御山(京都)
東福岡 1 - 0 野洲(滋賀)
北越(新潟) 1(6 PK 5)1 日章学園(宮崎)
中京大中京(愛知) 0 - 1 佐賀北

筆者、都立高校出身でして、
正直、48代表校の中で、やはり注目してしまうんですよ。

都立三鷹高校に。

30日の開会式の後に行なわれた開幕戦で
高知中央に勝って、都立勢56年ぶりの選手権勝利に続いて、
2回戦でも、矢板中央を下して、都立勢史上初の3回戦進出の偉業達成です。

3回戦では、優勝経験のある鹿実を破った宮城工と駒沢で対戦。
ホームの地の利を活かして、ベスト8進出を目指してほしいところです。

えー、その他では…

続きを読む "《SPORTS 2008》 2008/1/2の徒然" »

より以前の記事一覧

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ