日記・コラム・つぶやき

《ひとりごと》 横浜Fマリノス戦、参戦

ひさびさにアウスタへ。
新宿西口から高速バスで、いざ清水へ。

《橙とサイコロな日々》 桜、開花

近所の桜の名所、西武線沿いの桜並木。

気温は真冬に戻ったかのようだが、春は確実に来ている。

Base201143_164953_9861

さっきの写真が小さすぎたので、再アップ。

《橙とサイコロな日々》 西武線の運転について

西武線、明日から通常運転か。

これで急行も再開。

ラッシュの混雑が分散されればいいけど。

《橙とサイコロな日々》 別ブログ「橙とサイコロな日々」について

こんばんは。

こことは別に運営している「橙とサイコロな日々」についてですが、
長いこと放置しておりました。

記事の全ては、こちらの本館に移し、
「橙とサイコロな日々」については終了し、撤去しました。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解ください。

《S-PULSE 2011》 当選しました。

《S-PULSE 2011》 当選しました。

サポーターズサンクスデーで応募したことをすっかり忘れていたのだが。

背番号21西部選手の着用GKユニフォーム。

サイズ、2XO。

そりゃそうだ。

身長187センチだもんな。

《NPB 2011》 セ・リーグ開幕を巡る個人的な感想

セ・リーグ開幕については、3月25日ではなく、3月29日で落ち着きそうとのこと。

ですが、個人的な感想としては「お茶を濁した」としか思えない結論です。

真剣に議論したり、日程を再調整するのが面倒だから…
発表されている全ての日程を消化しなきゃいけないから…
「減灯」や「延長戦なし」をアピールすれば批判は回避できるだろうから…
そんな考えで出されたとしか思えません。

開幕はたかだか3試合を順延にしただけ。

開幕後、最初の1週間はナイターなしとは言え、
(しかも、その1週間は、東京ドームでの試合はもともとなく、
 讀賣が、横浜とヤクルト、セ・リーグに調整を丸投げしているのがよく分かる。)
あとは「減灯ナイター」と称して、結局はナイターを実施するわけです。

「減灯」ということは、照明灯だけでなく球場内の施設の明かりも減らすわけで、
選手のプレーもさることながら、観客も不便を強いられることになるんでしょう。

ただでさえ薄暗い東京ドーム。
そもそもナイターであろうとなかろうとある程度の照明がかかせず、
加えて、エアドームの都合上、空調が欠かせない。

また、都市公園の中に無理矢理立地している横浜スタジアムは
その球場のすり鉢型という形状の特性上、
観客席の傾斜はきつく、スタンド裏の通路は決して広いとは言えず、
薄暗くしたら、それこそ観客がケガする恐れもありえます。

おまけに、神宮球場は、そもそも学生野球のための球場であり、
4・5月のプロ野球開催はナイターが必須になります。

興行である以上、観客に対し「安全で」「快適な」観戦環境を提供する責務が
主催者には求められるわけで、果たして減灯することがその答えなのか疑問に思えてなりません。

そもそも、全日程を消化することに意味があるのかも私には疑問に思えてなりません。

交流戦も含めて1チームあたり144試合あるわけですが、
その内訳は、リーグ戦120試合、交流戦24試合になります。

思い切って、今季に限り交流戦とクライマックスシリーズをやめてはどうでしょうか?
それだけで、約1ヶ月分以上の日程が余裕ができます。

リーグ戦の120試合は担保されるわけで、純粋に同一リーグ内での優劣によって
レギュラーシーズンの順位が決まるので、どこにも弊害はないように思います。

交流戦に関しては、この震災で、スポンサーの日生を含む生保各社は
財務的に余裕がなくなるのは目に見えており、
そんなときに、冠スポンサーになっている余裕はないように思えます。

クライマックスシリーズについては定着した感もあり、
また、中位チームのモチベーション維持には必要なのでしょうが、
別に、昔はそんなものはなかったわけだし、
それで選手のプレーの質が担保されないとしても、それはプロとしての自覚がないだけであり、
非常時を理由に、今季に限りなくしたところで問題はないと考えます。

何よりも気に入らないのは、NPBという組織には真の意味でマネジメントを行う人間も
それを担保する仕組みも存在しないということです。

脳梗塞で身体が不自由な長嶋茂雄氏に支えられないと歩けないような
大正生まれの爺さんが、ただの参加社の代表者会議でしかない会議を仕切り、
説明責任はコミッショナーに押しつけることを前提に結論を出してしまう。

「何か問題があれば、私が責任を引き受ける」とコミッショナーは言ったそうだが、
まずもって「問題がないように組織を統括する」のがコミッショナーの責務であって、
「私に権限がない」と前任者同様の発言をしたことと併せて考えれば、
我が国のプロ野球組織のトップであるコミッショナーというのは、米国のそれと違い、
「何かあれば、クビを切られる」だけのお飾りでしかないことを自ら認めたようなものだ。

それであるならば、社団法人日本野球機構という組織は解体した方がいい。
傘下にあるはずの社団法人セントラル野球連盟の日程すら制御できないのだから。

ちょうど二十歳になる年にJリーグが開幕して以来、次第に軸足はサッカーに動いたが
これまでの人生の半分、プロ野球、とくにセ・リーグを見てきた自分としては、
今回の決定の経緯も、その内容も一般的な感覚からかけ離れたものであることに
絶望的に覚えてならない。

《橙とサイコロな日々》 輪番停電

《橙とサイコロな日々》 輪番停電

対象地域に入っていた。

しかも、朝一で…。

西武新宿線も近くは動かないらしいし。

西東京市が入っていたからもしやと思ったんだよな。

《橙とサイコロな日々》 三島銘菓 福太郎

《橙とサイコロな日々》 三島銘菓 福太郎

愛鷹からの帰り、三島によった。

三島と言えば、何はなくとも、福太郎。

《S-PULSE 2011》 SDT CUP 横浜Fマ戦 終了

《S-PULSE 2011》 SDT CUP 横浜Fマ戦 終了

SDT CUP
愛鷹/7,104人
清水 2 - 1 横浜Fマ

Goal:
11min. 太田
23min. 渡邉
79min. 大前

終始曇り空の愛鷹。

風まだ冷たく。

しかし、開幕まで、あと2週間。

とりあえず、勝利。

《橙とサイコロな日々》 ホワイトバレンタイン

《橙とサイコロな日々》 ホワイトバレンタイン

…なんて、洒落てる場合じゃありませんから。

西武新宿線、遅れて運行してますって、トホホ。

写真に写っているのは、雪で白くなった埼京線の線路。
その向こうは、山手線。

より以前の記事一覧

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ