ヴァンフォーレ

《vfk 2010》 ふたたびの、高みへ

J1昇格!
Try Again 成る。

2010 J LEAGUE Division 2
第34節/栃木県宇都宮市・栃木県グリーンスタジアム
栃木SC 0 - 2 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 79min. パウリーニョ84min. マラニョン

ヴァンフォーレ甲府の関係者の皆さん、昇格おめでとうございます。

昇格を決めた試合では、くせ者の栃木の守備にずいぶん悩まされたようですが、
藤田のトリッキーなパスからパウリーニョが抜け出して、試合を動かしました。

シーズン序盤の出来の悪さに、こんな危惧の念を抱いたわけですけど、
よく、チームが立ち直ったなと思います。

これで、3年間休止していたFUJIYAMA DERBYも復活ですか。

来季、こちらの体制がどうなっているか判らないので何とも言えませんが、
しっかり闘わせてもらいますので、よろしくお願いします。

ところで、凱旋試合ですけど。

第35節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 2 - 4 ザスパ草津
Goal: 28min.,54min. 菊池56min. 高田69min. アレックス77min. ハーフナー マイク81min. 養父

浮かれ過ぎじゃありませんか?

もう、来季は始まっていると思わないと。

今度は、「冒険」であってはならないわけですから。

《ひとりごと》 ひさびさに更新してみる。

いや、まったく更新してなかったな。
近場のJFLの試合が、直前の更新とは。

ま、ここのところ身辺が騒がしくて、そんな気にならなかったのが原因だが。
しかも、おそらく、夏以降は観戦率も落ちるし、更新どころじゃなくなりそうなんだが。

ま、ここは残しておきましょ。

別館と統合して、ぶつくさ書くのもいいかもしれんし。

気が向いたら書く、無理しないってのが、やり始めたときのスタンスだったし。

それは、さておき。

今、横でオランダ - デンマーク戦をやっているわけで、ワールドカップが開幕。

ブブゼラは、やっぱ、なじめん。

■エスパルス
・ナビスコ杯、グループリーグ突破。
・青森山田GK、櫛引選手加入内定。
・グルノーブルFW、伊藤選手完全移籍で加入決定。

最後は他力でしたけど、なんとか混戦のグループDを突破。
グループリーグ突破という結果もうれしいけれど、
最後の、浦和、磐田との連戦を「無失点」で連勝できたのが、喜ばしい。

ちなみに、ベガッ太くんとディーオくんの約束@蹴球風見鶏は果たせず。

フロントが働いているのがよく判るが、補強ポイントは、SBじゃね?

■ヴァンフォーレ
・2位でリーグ戦中断を迎える。
・守護神・荻が全治2ヶ月のケガ。
・平均観客動員、J2第1位。

うちにも言えることだけど、シーズン終わったときにどこにいるかが大事。
それを考えると、荻のケガは痛い。

1試合平均の観客動員が12,575人でJ2第1位。
好位置をキープして、さらにこれを上積みしたいところ。

1999年に3桁というありえない数字を出したころからは、まさに隔世の感。

■ドラゴンズ
・交流戦も調子が上がらず、ついに借金生活に。
・井端、2軍落ち。

少しは調子が上がってくるかと思ったのだが、逆に「打てない、守れない」の悪循環。
そりゃ、借金生活にも陥るってもんだ。
で、井端がそれを象徴するかのように2軍落ち。

正直、落合体制も7年目で、スタメンの高年齢化も目立つ。
若い選手が出てこない状況で、的確な補強をしてこなかったツケが来た格好。
今年CSに残れたとしても、先は危ういな。

■アイスバックス
・突如としてHP更新再開。
・吉本興業グループとの業務提携、決定。
・三田引退を含む6選手、退団。
・募金の使途、公表。

全日本で中央大に負けてから、プツリと更新が止まったバックスの公式HPが再開。

最初のリリースが、噂にあった、吉本との業務提携。
正直、プロモーション支援って、それ、おいしいの?
いや、吉本的には、何を求めて、これに取り組もうというのかが、よくわからん。
「オイシイ」ところってあるのかね?

地元出身の三田の引退も悲しいが、
ここまで苦しい思いをしてきた白鳥、加藤、大日向、波多野、小林の退団は残念。
なんか、水色の比率が高くなっているのが気になる。

募金のシト、もとい、使途がようやく公表。
いくら人が足りないからって、こういうのをすぐ対応できないうちは、
信用なんて勝ち得ないと思うんだけどな。

■その他
・東京ヴェルディ、J直轄へ。

ヴェルディは、ブームが過ぎた後の地域にいかに根付かせるかというのに失敗したツケがきた格好。
東京というのは大きいマーケットだが、大きすぎて焦点が絞りづらいのも事実。
署名が始まったようだけど、リーグとの約束を反故にした事実を水に流してはいけない。

・オリックス、交流戦優勝。

交流戦が始まるきっかけとなった合併騒動の当事者が、交流戦優勝。
素直に、おめでとう。

《vfk 2010》 J2第13節 草津戦 & 第14節 岡山戦

ついに、2位浮上。
クラブタイ、9戦負けなし。

2010 J LEAGUE Division 2
第13節/群馬県前橋市・正田醤油スタジアム群馬
ザスパ草津 3 - 4 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 11' 内山35' ハーフナー マイク64' 菊池67' パウリーニョ
81' 秋本

第14節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 1 - 0 ファジアーノ岡山
Goal: 35' ハーフナー マイク

映像を見てません。

ただ、これで9戦負けなし。

気がつけば、順位も2位浮上。

ま、首位の柏が開幕13戦負けなしで突っ走っているわけだが、
これを意識しすぎず、しっかり一つずつ戦い抜いてもらいたいもんです。

それにしても…

ハーフナー マイク、すげーな。

《vfk 2010》 GWのヴァンフォーレ

3位浮上。
7戦負けなし。

2010 J LEAGUE Division 2
第9節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 4 - 1 コンサドーレ札幌
Goal: 17', 65', 90+3' マラニョン34' 秋本52' 上里

第10節/神奈川県横浜市・ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC 3 - 4 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 11' 寺田16' 大黒21' 西田45+1' パウリーニョ57' ハーフナー90+1' 山本
90+4' 内山

第11節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 1 - 1 柏レイソル
Goal: 31' 藤田41' パク ドンヒョク

第12節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 1 - 0 徳島ヴォルティス
Goal: 56' ハーフナー

映像を見たのは、札幌戦と徳島戦のみですが、
チームが調子を上げているのがよく分かりますね。

そして第10節の横浜FC戦のように勢いも出てきました。

順位も3位と昇格圏内。

ただ、まだ、3分の1を終わったところ。

これに気を緩めず、晩秋に向けて、突っ走っていってもらいたいところです。

…ということで、鳥栖戦の惨敗は、結果として良い薬になったようです。

《vfk 2010》 J2第8節 東京ヴェルディ戦

あきらめず、3連勝。
勝ち点2を拾い上げる。

2010 J LEAGUE Division 2
第8節/東京都調布市・味の素スタジアム

東京ヴェルディ 1 - 2 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 
56' 金信泳80' 高木俊90+2' 秋本

試合を決したのは、ハーフナーのヘッドを土肥がミスする可能性を考えて、
ゴール前になだれ込んだ秋本のゴールだったわけですが、
試合全体を通してみると、差はほとんどなかった試合ではないかなと。

とくにセカンドボールの取り合いというところで甲府が劣勢に立たされ、
なかなかチャンスができず、とくにこの日は養父が目立たず。

かといって、守りに関して言えば、ダニエルがキレキレで、
ヴェルディにあぶないシーンをほとんど作らせずで。

前半は、探り合いと言った感がありましたね。

試合は後半になって動き、
マラニョンのクロスを金信泳が決めて先制するも、
ヴェルディの高木兄を吉田が倒してしまい、PK。

荻が反応したものの、その手を弾いてゴールイン。

残り時間10分で、どちらもチャンスを作りつつも
ドロー決着も見えたロスタイムに、CKの連取から、
甲府が勝ち越しゴールを奪って、3連勝となりました。

が、その実は、本当に、「辛くも」といった言葉がふさわしいものだったかな。

ま、あの酷かった鳥栖戦からだいぶ持ち直しているなのは確かなようです。

ところで…

目下、経営再建中の東京ヴェルディさんなので仕方がないのでしょうけど、
警備費削減のために使用されない広大なバックスタンドは少し寂しかったですね。

あと、照明点灯が遅いとか、アストロビジョンは片面しか使わないとか、
それもこれも経営再建のためと言われれば仕方ないんでしょうけど、
せめて、その片面しか使わないアストロビジョン、
スコアだけでなく選手の名前も表示してもらいたいもんです。

今、だれがピッチ上にいるのか判らないなんてのは
選手名鑑を丸暗記しているような方を除けば
客無視と言われても仕方がないですぞ。

《vfk 2010》 J2第8節 東京V戦 終了

《vfk 2010》 J2第8節 東京V戦 終了

J2-08
味スタ
東京V 1 - 2 甲府

Goal:
56' 金 信泳
80' 高木俊(PK)
90+2' 秋本

あわや、勝ち点2を失う窮地に陥るも、
なんとかゴール前の混戦を秋本がプッシュし、勝ち点3確保。

《vfk 2010》 J2第6節 熊本戦 & 第7節 富山戦

ようやく、お目覚め?
前監督の目前で、ゴールラッシュ

2010 J LEAGUE Division 2
第6節/熊本市・熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
ロアッソ熊本 0 - 1 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 
29' 養父

第7節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場
ヴァンフォーレ甲府 5 - 0 カターレ富山
Goal: 19' 内山56' 秋本60' マラニョン90+2' 片桐90+4' ハーフナー

富山戦はスカパーで見ることができまして。

ロスタイムの2ゴールは、
やや、富山側の集中が切れた部分もあったかなと。

よって、そこまでの3点まででの評価が、
この試合の正しい評価になるような気がします。

富山も決して悪くはなかったと思うわけで、
2点目がこの試合のキーでしたね。

直前に交代していた片桐のシュートのこぼれを
CKでゴール前に詰めていた秋本がプッシュ。

これで、富山が若干気落ちしたところを、
直後にマラニョンが3点目を挙げて、事実上、試合はここで決したかなと。

とくに、ま、あのひどかった鳥栖戦でも、唯一、動きがよかった養父が
熊本戦ではゴール、そして、富山戦ではいい働きをしてくれているように思います。

今後のプレーに期待したいと思います。

あと、ハーフナー、甲府移籍初ゴール、おめでとう!

なにはともかく、甲府さん、どうやら、お目覚めのようです。

《vfk 2010》 J2第5節 サガン鳥栖戦

自壊。
内田甲府、早くも正念場。

2010 J LEAGUE Division 2
第5節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場

ヴァンフォーレ甲府 0 - 2 サガン鳥栖
Goal: 65' 衛藤74' 豊田

携帯を家に忘れたので、試合終了時点での感想を書きませんでしたけど、
試合終了後の素直な感想としては、「最悪の試合内容。負けも当然」でありました。

J1に上がる前、というか、甲府が消滅の危機からなんとか脱しようとしていたころから
小瀬には、年に数回ですけど、お邪魔させてもらってますが、
こんなに酷い試合を見せられたのは、自身初めてです。

なんとか、J2中位が見えてきた頃でさえ、こんなにお粗末な試合はありませんでした。

勝手に、自分たちで、崩れてりゃきりがありません。

試合は、あきらかに甲府が主導権を握って進んでいました。

しかし、シュートをためらったり、すんでで足を出されたりして、
ゴールできずに前半を終えたのが悪夢の始まりだったのかもしれません。

後半、持ち直した鳥栖が攻撃の形を作り出して、迎えた65分。

甲府陣のペナルティエリア近くでのファウルから甲府のFK。

しかし、あろうことか、キャプテンの山本のつなぎのパスが鳥栖の衛藤の足下に。
そのまま前進された挙げ句、ミドルをたたき込まれて、先制されると、
動揺を抑えられない最終ラインがまたも、ミス。

ルーズボールをゴールキックにかえようとしたものの
ゴールラインぎりぎりで競られた挙げ句、
ボールを奪われ、中に折り返され、豊田に決められ、万事休す。

直前の養父→マラニョン、パウリーニョ→ハーフナー、
しまいに、大西→松橋と攻撃的なカードを切るわけですが、
そんなにFW並べたところで、前線の交通整理役がいないので、
おおよそ効果的な攻撃は見られず。

2点目の取られ方の拙さを見て、結構な数のお客さんは帰ってしまいました。
この日は、10,000人を超えたとはいえ、こんな調子では客が減る恐れが高いです。

ただ、それよりも心配なのは、
個人的に、内田監督の指導能力に対する不信感があるとは言え、
このままズルズル行ってしまうと、本当にチームが瓦解することです。

試合終了後の荻のコメントが辛かったです。

今年のテーマは、ICHIGAN Try Againだったわけですが、
チームの内情は、必ずしもそうじゃないんじゃないかという危惧を抱かせます。

杞憂に終わればよいのですが。

《vfk 2010》 J2第3節 FC岐阜戦

2010年、初勝利
片山、古巣への恩返し。

2010 J LEAGUE Division 2
第3節/岐阜市・岐阜メモリアルセンター長良川競技場

FC岐阜 0 - 1 ヴァンフォーレ甲府
Goal: 84' 片山

甲府さん、2010年初勝利。

シュート数、前半、甲府が3、岐阜が2。
後半、甲府が11、岐阜が2
この内容から見ると、後半の交代策が功を奏したのかなぁと。

実際の試合内容は映像見てないんですが、なんか大味な展開だったようで。

まだまだ本調子とまではいかないんでしょうね。
そういう意味でも、2週間のインターバルを巧く使ってもらいたいです。

《vfk 2010》 J2第2節 水戸ホーリーホック戦

J1昇格へ苦しい船出。
2010年初勝利、来ず。

2010 J LEAGUE Division 2
第2節/山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園陸上競技場

ヴァンフォーレ甲府 1 - 1 水戸ホーリーホック
Goal: 67' 小池70' マラニョン(PK)

甲府さんは、ちょっと心配ですね。
3トップにしてるんですけど、プラスに働いてないような気がするんですが。

新監督かつ、選手の大幅な入れ替えということで
正直、チーム作りが大変な状況であったことは容易に想像できますが、
シーズン前のTM含め、勝ちから見放されてしまっているようで…

んー。

J1昇格に向けて、かなり厳しいスタートとなっているように思いますが、
ちょっと拙速すぎですかね?

より以前の記事一覧

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ