えす☆スタめし

《橙とサイコロな日々》 横浜チャーハン弁当

筆者お気に入りの駅弁、
横浜・崎陽軒の横浜チャーハン弁当。

横浜チャーハン弁当

冷めても美味しいチャーハンが出色の出来。
鶏のチリソースとシューマイ、筍の煮物もついて
お値段、550円は、実にお得。

横浜チャーハン弁当

横浜スタジアム、日産スタジアム、
三ツ沢公園球技場にお越しの際は、ぜひどうぞ。

スタジアムグルメレポートⅡ~番外・日光霧降アイスアリーナ編

日光霧降アイスアリーナでのバックスのホームゲームで
お勧めのスイーツと言えば、日光翠園さんの杏仁豆腐。

日光翠園の杏仁豆腐

地元客でにぎわう広東料理の名店が作る本格的な杏仁豆腐。

とてもとてもやわらかい。そして、甘さもしつこくない。

絶品です。

これで、200円は安いですよ。

売上の一部はバックスに寄付されますので、
日光霧降アイスアリーナのバックス戦にご来場の際は、ぜひどうぞ。

スタジアムグルメリポートⅡ ~フクアリ編

試合開始が15時と、
朝食でも昼食でもない時間に食事を取ってから自宅を出た人間には
あまり重たいものを食べたくないタイミングとなった日曜日のフクアリ。

そんな状況で、アウェイサポがユニを脱がんでも食える
美味いものを探すのは困難かと思われたが、さすがフクアリ。

アウェイゴール裏に、
BBQの、そう、肉を焼く、ひときわ香ばしい香りをふりまく移動販売車を発見!

Imgp0968
テキサスさん(ちょっと自信がない…)

屋台の後ろには、見えにくいが軽トラが…。
(どうやって車を2階通路まで持ち込むのかは聞かずじまい…(汗))

こちらのメニューは1種2点。

ちょっと写真でも見えているが、「タコス」。

その場でボリュームのある極太のソーセージをゆで、そしてしっかりと炒め
たっぷりのレタスと一緒にいただく「ソーセージタコス」と、
しっかり味付けした牛肉を
パリパリのトルティーヤに包んでいただく「牛肉タコス」の2つ。

Imgp0965
両方を食べたい時は「コンボ」と注文を!
(600円。安い!)

一つ一つ注文を受けてから作ってくれるので、いつでも「できたて」が味わえます。

ソーセージは、かぶりつく時、注意してください。
中から肉汁が飛び出してきます。
それくらい、ボリューム感があります。

また、肉のタコスのほうも、意外とさっぱりしていて、こちらもお勧めです。

あぁ、そうそう、極めて珍しいのは、定価でペットボトル飲料が自販機で買えます。
いいぞ、フクアリ。

マリスタの「ラーメン餃子館 小次郎」

チャーシューメン

マリンスタジアム3塁側12番通路近くに
店を構える「小次郎」のチャーシューメン。
700円也。

何も食べずに来てしまったのでね…。

その場で作るので少し時間はかかりますが、おいしく頂きました。
次来る時は、坦々麺と餃子にしようかと。

スタジアムグルメリポートⅠ ~カシマ編

試合のほうは、数的優位を活かせず敗れた訳ですが、
勝敗とは関係なく、アウェイゲーム企画としまして、
日本平グルメリポートの番外編として、スタジアムグルメリポートをお届けします。

第1弾は、カシマサッカースタジアム編。

今日の、カシマスタジアムは、潮来の日ということで
潮来の五浦ハムを使った、ハム焼き、ハムドック、
水郷地鶏から揚げ、そしてカツサンド…などの出店があったようですが、

「おめぇに食わす潮来の飯はねぇ」

ということで、アウェイ側には関係なし。

ただ、アウェイサポーターにも響き渡る名物がこちら。

Imgp0575

モツ煮。しかも大盛り。500円也。

カシマに来たなら、これを食わなきゃという名物だけあって、
モツ、こんにゃく、ごぼう、だいこん、にんじんと具だくさんで、
お腹いっぱいになりました。

そして、この日はとても風が強く、肌寒さも感じる状況。
こういうときこそ温かい飲み物がうれしいのですが、
カシマスタジアムには、こんなものもありました。

Imgp0579

ホットワイン300円。

熱燗を置いているスタジアムは多いのですが、
ホットワインはけっこう稀ではないでしょうか。

これで、試合も勝ってくれれば、それこそおいしいリポートだったんですがね。

日本平グルメリポートⅣ ~天神屋

たまには、こちらもアップせねば。

便乗企画第4弾。

今回は、静岡では非常にメジャーな、お弁当チェーン「天神屋」さん。

以前、日本平スタジアムに出店していたし、広告看板も出していただいていたのだが、
いつの間にか看板とお店が消えてしまったんですよね。

広告看板は復帰していませんが、出店のほうは「復活」とあいなりました。

今回は西サイドスタンド1階自由席裏通路と、メインスタンド裏アウェイ側に出店。

Imgp0560
西サイド1階店

静岡県人には、おなじみの天神屋のお弁当類を豊富に用意しているほか
しぞ~か(=しずおか)おでんに、チジミ、そして実演うどん(普通にうどんだが…)と
メニューも多種にわたっている中で、私が今回選んだのは、こちら。

Imgp0561
Imgp0562
パルちゃんむすび弁当

以前、「テンジンヤ」のロゴだった時は、よく買った覚えがあります。

お弁当そのものは、普通のお弁当なのだが、
食べ終わった後も楽しめる。

ふたを実用新案出願中の「エスパルスハットの作り方」にしたがって組み立てると、

Imgp0570
エスパルスハットの作り方

はい、エスパルスハットの出来上がり。

Imgp0569

ところで、いつから「テンジンヤ」が「天神屋」になったのやら。
ご存知のかた、コメントをお願いいたします。

日本平グルメリポートⅢ ~でりしゃす

はい、どうも。
便乗企画も第3弾ですね。

さて、4月のナイトゲームはやっぱり寒い。

…ということで、今回は温かいものをいただきました。

Imgp0534

バックスタンド裏通路の一番アウェイ側で、香ばしい香りを漂わせている
「でりしゃす」さんを、今回はレポートしましょう。

普段は、手作りパンがメーンのお店で、
スタジアムの外、チケット売り場の横とスタジアム内バックスタンド中央では
おいしい手作りパンも販売されています。

が、このバックスタンド裏通路一番奥のお店は、さながら「ちょっとした屋台」。

こちらの売りは、やはりなんと言っても、「海鮮焼き」なんですが、
意外に私がお気に入りなのが、こちら。

Imgp0536

「焼きそば」(400円、だったはず。)ですね。

こちらも鉄板で、その場で焼いてくれます。
そして、パックいっぱいに詰め込んでくれます。
よって、そうとう、食べでがあります。

そして、やはり、ここは静岡。
当然、こちらもございます。

Imgp0535

「静岡おでん」ですね。
こちらも、大なべを持ち込んで、温かいものをその場で取り分けてくれます。
ちなみに、この日は、玉子、こんにゃく、昆布、ごぼ巻、
そして静岡のおでんの具の王道、黒はんぺんが入って400円。

ちなみに、黒はんぺんだけ取り出してみました。

Imgp0537

ねずみ色がかった、半円形の物体が「黒はんぺん」。
静岡で「はんぺん」といったら、普通、この「黒はんぺん」のことを言います。

主に焼津で生産されていて、
静岡のスーパーでは1パックに8枚とか10枚とか入って
88円とか98円とかで売られている。

もちろん少し値の張るものもあるのだが、
そのまま食べたり、フライだのおでんだのに使うのなら、
スーパーで売られているもので十分。

かく言う筆者も冬場に日本平に行くと、
スーパーで10パックほどまとめ買いして、家で冷凍保存してます。

Imgp0538

最近は、静岡駅でわさび漬けのパックとセットにしておつまみとしても売られており、
日本平帰りに買って帰るほど、筆者の好物の一つでもあります。

日本平グルメリポートⅡ ~富士宮やきそば&いでぼくアイス

どうも。
お久しぶりです。

仕事が忙しくて、こっちまでは手が回らずで、ずいぶんご無沙汰してしまいました。

今夜は、便乗企画「日本平グルメリポート」の第2弾をお送りします。

日本平スタジアムの西サイドスタンドとバックスタンドを結ぶ回廊に
いずれも商用車で乗り入れ、車両自体を店舗としている2軒、
「K’sカンパニー」と「IN SIDE」をご紹介。

まず、K’sカンパニーさん。

IMGP0503

おもいっきり書いてありますね。
「富士宮やきそば」のお店ですね。

この軽トラックに鉄板が設置してありまして、
ここで焼いた焼きそばを実演販売しています。

IMGP0499

富士宮やきそば。金500円也。

富士宮やきそば学会さんの説明にもありますが、
富士宮やきそばの最大の特徴は、その麺にあります。

普通、焼きそばの麺というのはやわらかいものですが、
富士宮のそれは、水分が少ないため非常にコシが強い麺となっています。

それから、ラードを絞った後の「肉カス」を加えるのも特徴でしょうかね。

あと、写真で麺の上に白いものが散らされていますが、
これは、「ダシ粉」というもので、
サバやイワシの削り節を削った際に出る粉を使用しています。

静岡では、比較的メジャーなシロモノでして、
「静岡おでん」にも、この「ダシ粉」をかけていただきます。

つづいて、お隣に出店しているIN SIDEさん。

IMGP0502

こちらも見たまんまですね。
いでぼく」こと、富士宮市の井出種畜牧場の
カップアイスやアイスキャンディなどを販売しています。

ちなみにこの日は、風が強く吹き付けていたことと、
午前中に南海の黒熊を退治した後だったこともあり、アイス系はパス。

ってことで、こちらを選びました。

IMGP0504
IMGP0505 

牛乳かんてん。300円。

寒天そのものは、牛乳の味しかしません。
上の「みかん寒天」と混ぜながら食べると美味しいのだが、
それに気づくのが遅すぎて、混ぜないまま食べてしまって、
最後は淡々としてしまいました。

本当は、アイスクリームが食べたいのですが、まだ時期でもないので、
いでぼくさんについては、また夏にでもリポートしようかと思います。

pure pasta ~日本平グルメレポートⅠ

こんばんは。

橙とサイコロのほうを見ていただければ判りますが、
えす☆ふりーくさんは、エスパルスサポーターです。

ことしエスパルスは「日本平飲食革命」と題しましてね、
スタジアム内の飲食コーナーをリニューアルいたしました。

当然、美味しいものに目がない えす☆ふりーくさん、
何試合も日本平には行く中で、それぞれのお店の味を堪能しようと
そして、その記事をアップしようという
まぁ、便乗企画でございます。

ということで、その1回目は
昨年、何度が臨時出店し好評を博し、今年からレギュラー出店となった、こちら。

「pure pasta」さん。

もともとテイクアウト専門のお店で、
店舗は浜松にあるのですが、確か、エコパでのホームゲームで好評だったので、
その後、日本平でも何度か出店いただいたんですよね。

日本平スタジアムでの場所は、西サイドスタンド1階のこちら。
Pゲートの入り口。
IMGP0411 
この日は、パスタ3種類(4種類かも…)、サンドイッチ、
それからデザートが出てました。

当然、パスタのお店ですから、私も、パスタを発注。
すると、やおらレンジで暖めてくれるわけですね。
そして、こういう形でお客さんには手渡されます。

IMGP0405
カニと生クリームのトマトソースパスタ

中はですね、こんな風に2層に分かれてまして、
IMGP0407

細めのパスタを下のソースに投入して絡めるというわけです。
IMGP0408

ソースが絡まって、とても、美味しかったですよ。
ただ、少しお腹がすいていたこともあって、
サンドイッチも注文すべきだったと少し後悔したしだいです。

あと、注文されてから1個ずつチン!するので、時間がかかります。
キックオフ間際に行くのはいかがかと思いますね。

ついでに、デザートも頼んじゃいました。

IMGP0410
三ケ日みかんのブロマンジェ。

さっぱりしていてこちらも美味しかったです。 

調子に乗って、えす☆ふりーくさん、次はどのお店に行くのか?
次回レポートは、来週水曜以降の予定です。

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ